ビジネスで使われるアジェンダの意味とは?【レジュメとの違いも】

beginner

最近、ビジネスシーンでよく使われる「アジェンダ」という言葉。

何気なく使っているけれど、アジェンダとはどういった意味なのかわからない、という方も多いのではないでしょうか。

また混合されることが多い、「レジュメ」という言葉とは何が違うのでしょう?

この記事では、ビジネスシーンで使われるアジェンダの意味と、レジュメとの違いについて解説していきます

スポンサーリンク

ビジネスで使われるアジェンダの意味

アジェンダ[agenda]とは、日本語訳で「計画」や「予定表」という意味で、会議日程表のことを指しています。

もともと「提案内容」などの言葉を使っていたのですが、近年、インテリっぽく言うために使われることが多いようです。

会議の議題と目的を明確にし、何を話し合って進めていくか、という行動計画書のことで、簡単にいうと“会議の目次”といったところでしょうか。

アジェンダを作成する際には、次のことを明確にすることが重要です。

  • 日時
  • 場所
  • 参加者ならび担当者
  • 議題
  • 資料の有無

アジェンダを事前に準備することで、参加者が議題に対して備える時間を与えることができます。

会議のスケジュールや場所など基本的なものから、具体的に何を話し合うのかを明らかにすることで、効率よくスムーズに会議を遂行できるようになるんです。

スポンサーリンク

レジュメとは?

レジュメ[résumé]は要約や概要という意味があり、「レジメ」ともいわれます。

会議で報告する予定の概要を示す資料のことを指しています。

アジェンダに必要な「会議で配る資料」のこと、と思った方がわかりやすいのではないでしょうか。

レジュメは会議で何を話し合うのか、目的の内容を要約し、資料として参加者に配布するもののことです。

レジュメを確認するだけで、目的や結果報告などの内容が明確になり、参加者が把握しやすくなるので、一から口頭で説明するなどの手間が省くことができます。

 

ここ最近では外資系企業の影響もあり、就職や転職活動においての”履歴書”や”職務経歴書”のことをレジュメと呼ぶことが増えてきました。

就職・転職の際に「レジュメを用意して」と指示がある場合は、履歴書・職務経歴書のことと思っておきましょう。

アジェンダとレジュメは異なる意味を持つ:まとめ

アジェンダとレジュメは比較するとまったく違う意味を持っています

アジェンダ

  • 議題と目的を明確にする行動計画書
  • 会議のいわば目次
  • 事前に参加者へ配布しておく必要がある

レジュメ

  • 講義や会議の要点を理解しやすく要約した資料
  • 会議の前に配布する
  • 就職・転職活動においては履歴書と職務経歴のこと

コメント

タイトルとURLをコピーしました