椿油が髪の毛にいいと言われる理由【美髪で若々しく】

カラダケア

美しい髪を保つのにヘアオイルを使用している、という方は多いですよね。

中でも椿油は人気が高く、スキンケアにも使えるなどとても便利なアイテム。

椿油は、昔から美しい髪を保てると言われていますが、なぜ髪に良いと言われるのかご存知ですか?

この記事では、日本原産の植物「椿」から採れた椿油が、美しい髪を保つのに良いと言われる理由をご紹介していきます

スポンサーリンク

椿油が髪の毛にいいと言われる理由【美髪で若々しく】

椿油のもと、椿は日本に自生する植物で、北海道を除く日本全国に分布しています。

特に長崎県の五島は有名で、長崎県の県花になっているほど

椿油は別名「カメリアオイル」とも呼ばれ、ツバキ科ツバキ属である日本原産の植物「椿」の種子から採れる植物油の総称です。

熟した椿の実の中から種子を取って油を搾取し、加熱とろ過などの工程を経て、ヘアケアとして使いやすいオイルになっていきます。

皮膚と髪に潤いを与える

椿油は、オレイン酸の含有量が他の植物油と比較してもかなり高め。

椿油のオレイン酸は非常に人間の油に近く、皮膚と髪に潤いを与える性質を持ち、紫外線を吸収する働きがあります。

また椿油には、リノール酸などの不飽和脂肪酸が少なく、ビタミンEも含まれているため酸化しにくいんですよ。

椿油に含まれる成分「サポニン」は、水や油に溶けかき混ぜると発砲し殺菌作用が働きます。

その殺菌作用の特性を活かし、昔から石鹸としても使用されてきました。

頭皮を柔らかくし 白髪ケア

白髪対策には頭皮環境を整えることが重要です。
頭皮が健康で柔らかいと血流も良くなり、毛細血管から送りこまれる栄養を毛がしっかり受け取ることができます。
椿油は頭皮を柔らかくし保湿してくれるので、白髪ケアにとても効果的なんですよ。

 

スポンサーリンク

椿油の歴史を辿る

椿は奈良時代、観賞用として人々に親しまれていました。

その後、平安時代からは食品や化粧品、灯りの燃料、鉄のサビ止めなど様々なことに用いられるように。

実は椿油は、長寿の薬としても重宝されていたんですよ。

平安時代は長くて黒髪が「美人の象徴」とされていたため、美しい艶を出すために椿油は欠かせない存在でもありました。

椿油はさまざまな用途があり、平安時代の人々の生活に不可欠な存在だったといえますね。

鎌倉時代では精進料理の揚げ油の役目や、江戸時代には高級天ぷら油として使われていました。

徳川家康も椿油で揚げた天ぷらを食べていたそうですよ。

椿は18世紀頃、宣教師カメリアによりヨーロッパに持ち込まれ、そのため外国では「カメリア」と呼ばれています。

スポンサーリンク

椿油で美しく艶やかな髪に!:まとめ

古くから日本人に親しまれてきた椿油。

昔は天ぷら油や行灯の燃料などにも使用され、生活に馴染み深い存在でした。

椿油は女性の髪を艶やかにし、潤いを保ち頭皮をも守ってくれます。

乾燥してパサつきが気になる時は、椿油が解決してくれそうですね。

つけすぎるとベタベタするので注意してね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました