きらい箸の代表的な10のタブー!

教養とマナー

「きらい箸」って聞いたことがありますか?

きらい箸とは、忌み箸や禁じ箸ともいわれ、日本の食文化で守られているマナーのひとつ。

一緒に食事をしている人を不愉快な気持ちにさせないようにする箸の使い方のことをいいます。

きらい箸は、昔から礼儀をわけまえない無作法な箸使いとされ、食事中に絶対にやってはいけないものとされていました。

きらい箸といわれる種類はたくさん存在し、その数はなんと何十種類にも及びます。

この記事ではマナー違反とされるきらい箸の代表的な10種類をご紹介していきます

お箸のマナーができていると、“マナーをきちんと理解している人”と好印象を持たれること間違いなし*

スポンサーリンク

きらい箸の代表的な10のタブー

たたき箸

ご飯を頼むときや人を呼ぶとき、食器をたたくことを「たたき箸」といいます。

昔から茶碗などをたたく行為は、悪霊を呼び込むとされ、忌み嫌われています。

 

指し箸

食事をしているときに使っている箸で、人や物を指す行為のことです。

攻撃的な態度に見えてしまいます。

 

刺し箸

里芋の煮物などツルツルして取りにくい料理に箸を刺して取る行為のことです。

箸をうまく使いこなせない場合に多いのですが、食べ物に箸を突き刺すのは見た目にもいいものではありません。

 

立て箸

お茶碗にご飯を盛り、箸を突き刺して立てることを「立て箸」といいます。

亡くなった人の枕元に供えるものなので、それ以外でやるのは忌まわしいとされています。

 

ねぶり箸

食べている最中や食後に箸の先を舐めることを「ねぶり箸」といっています。

一緒に食事をしている相手に幼稚な印象を与えかねません。

また食事の途中でねぶり箸をし、その箸で料理を取る行為はとても不快に感じられます。

 

渡し箸

箸置きがないときなど、食事の途中で食器の上に箸を置く行為のことです。

結構やっている人も多く、マナー違反と気付かないことも。

「おなかいっぱいで、ご飯はもういりませんよ」という意味も持っています。

 

寄せ箸

料理の入った器などを、手を使わずに箸で自分の方に引き寄せる行為のことです。

器を倒す危険性もあります。

 

迷い箸

たくさんある料理の中から、何を食べようか迷い、料理の上で箸を動かす行為のことです。

他の人が料理を取りづらく、なんとなく落ち着かない感じに思われます。

 

拾い箸

箸で掴んだ食べ物を別の箸へ受け渡し、食べ物のやりとりをすることをいいます。

亡くなった人の火葬後、遺骨を拾うときの行為と同じなので、縁起が悪いものとされています。

 

なみだ箸

料理の中から食べ物を取った際に、汁が途切れるのを待たず、ポタポタとこぼれ落ちることを指します。

料理をもった器の周りや服が汚れてしまいます。

 

 

きらい箸は周りを不快にしないためのマナー:まとめ

お箸の使い方など、食事の際のマナーは意外に他人から見られています。

嫌い箸をして周りを不快に感じさせないことが、食事をするうえでの相手に対する大切な気遣いです。

自分の箸の使い方を今一度見直してみて、行儀よく食事をすると、いろいろな面で自信にも繋がっていきます。

嫌い箸などの日本の食文化のマナーを身につけておくと、急な会食なども慌てないで戸惑うことなく食事を楽しむことができますよ。

きらい箸を避けることはみんなと楽しく食事をするための大切なこと

 

食器洗浄機、電子レンジ対応可なので日常使いにも安心

コメント

タイトルとURLをコピーしました