Cookieってどういう意味なの?機能と特徴をわかりやすく!

beginner

ネットショッピングしていると「cookie・・・」という文字を見る機会が結構ありますよね。

cookieはTwitterやFacebookなど、一度メールアドレスなどのIDを入れると、次にログインしようとしたときIDが自動的に表示され、簡単にログインできとても便利な機能です。

ですが、なぜ簡単にログインできるようになるのか、詳しく知っている方は少ないのではないでしょうか。

そこで今回はWebサイトにログインするのに便利な、「cookie」の仕組みについて詳しく解説していきます。

スポンサーリンク

Cookieってどういう意味なの?機能と特徴をわかりやすく

「cookieクッキー」とは、Webサイトを訪れたユーザーの情報や、サイトを訪問した日時と回数などを一定期間保存させる機能のことです。

ユーザーのメールアドレスやパスワードなどのIDが保存されると、次にそのサイトへアクセスしたときに、ユーザーの ID が自動的に実行されるようになります。

例えば、TwitterなどSNSにログインし、しばらく時間をおいて再度アクセスすると、IDとパスワードを入力せずに簡単に入ることができるのは「cookie」の機能が働いているからなんです。

Webサイトへのアクセスを便利にする機能

ECサイトで気になった商品を「ショッピングカート(買い物かご)」に入れて、いったんログアウトします。

購入する意思を決めてから、再度そのECサイトにアクセスすると、ショッピングカートの中の商品は消えずに残っているというのも「cookie」の機能によるもの。

また、金融機関のサービスである「インターネットバンキング」は、cookieが有効になっていないと使用できません。

cookieは、Webサイトへのアクセスと操作を便利にし、さまざまなサービスを提供するのにとても役立っている機能なんです。

アクセス解析にもcookieが役立っている

cookieは、企業のマーケティングにも多く利用されています。

Webサイトへの訪問数や何を検索したのか、ECサイトなどでの買い物履歴などの解析ツールとしての役目も担っています。

誰が・いつ・どのページを閲覧したか、といった動きを理解する機能を持ち合わせているんですよ。

Cookieのファイルサイズは小さめ

Cookieのファイルは、文字情報のテキストファイルとほぼ同じで、ファイルサイズは非常に小さいのが特徴です。

Cookieをたくさん使用するからといって、スマホなどのストレージ(容量)が減っていくということはないのでご安心を。

またcookieは、見ているWebサイトのみで読み込む仕組みになっているので、cookieで保存された情報が不正に盗まれるという心配はほぼない、といわれています。

しかしスマホやパソコンが盗難に遭い、無断で買い物をされてしまう場合があると厄介です。

万が一のことを考え、スマホやパソコンに指紋認証など厳重なロックをかけて、第三者に不正利用されないようにしておくことをおすすめします。

スポンサーリンク

Cookieとキャッシュの違い

よく「Cookie」と「キャッシュ」は同じ機能のように思われがちですが、まったく別の機能を持っています。

「cookie」は、入力されたIDなどの情報を保存し、再度ログインするときにそのIDが表示されるというシステムです。

それに対し「キャッシュ」とは、ブラウザが一時的にWebページの画像などを保管し、再度アクセスしたときに同じページを表示してくれる機能になります。

「キャッシュ」が使われていると、Webサーバに通信しなくても、前回表示した同じページが表示されるという便利さがあります。

 

cookieのメインはECサイト:まとめ

「cookie」の機能が一番活躍するシーンは、商品を購入するなどのECサイトではないでしょうか。

一度ショッピングカートに入れておけば一定期間保存してくれるので、再度購入するとき新たに探さなくてもショッピングカート内に表示してくれます。

ユーザーの買い物履歴や訪問数などを解析してくれるので、Webサイト側も分析することができるため大きなメリットとなります。

「Cookie」は、インターネットを利用する上で、とても便利な機能ですね。

Cookieの機能についてのまとめ

  • ECサイトでユーザーが入力した買い物カートを保存
  • 検索履歴を識別しリスティング広告の配信
  • IDやパスワード情報を保存
  • アクセス解析ツールとしての役目

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました