土用の丑の日の由来と意味をわかりやすく!うなぎを食べる理由は?

お役立ちコンテンツ

梅雨が明け、夏本番にさしかかるころ、「土用の丑の日(どようのうしのひ)にウナギを食べよう」というフレーズをよく目にしますよね。

なんとなく土用の丑の日は、昔から日本に伝わる風習というのはわかっているものの、

「『土用の丑の日』ってそもそも何?」「土用の丑の日になぜウナギを食べるの?」

と、不思議に思っている方も多いのではないでしょうか。

そこでこの記事では、土用の丑の日の由来や、なぜウナギを食べるようになったのかを解説していきます

スポンサーリンク

土用の丑の日の由来と意味をわかりやすく!

「土用の丑の日」は、土用」という期間の「丑」の日を指し「土用」の期間は毎年異なるため、「土用の丑の日」も毎年変わります。

一年に6日ほど「土用の丑の日」はありますが、近年では「土用の丑の日」といえば夏というイメージが定着しつつあります。

夏の土用の期間は、立秋の前18日間、その期間での丑の日が「土用の丑の日」となるんです。

「土用」の由来は古代中国の五行思想から

「土用」の由来は、古代中国の五行思想という自然哲学の考え方からきています。

五行思想とはこの世のすべてが、火(夏)・水(冬)・木(春)・金(秋)・土(季節の変わり目)の5つで、互いに影響しながら成り立っているという考えのことです。

春夏秋冬の季節の始まりとされる、立春・立夏・立秋・立春それぞれの日の、直前18日間が「土用」の期間になります。

「丑の日」とは

「丑の日」は、十二支(子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥)の丑の日のことです。

一般的に十二支は、年を数えるときに使われますが、月日を数えるのにも使用されます。

2021年の土用の丑の日は7月28日です

関東風のさらりとした特製焼きダレで、じっくりと二度付け焼き

うなぎを食べる理由は?

有名な奈良時代の和歌集『万葉集』では、暑い夏の期間を乗り切るために、栄養価の高いウナギを食べる習慣がある、という和歌が詠まれています。

ウナギを食べる習慣が始まった理由は諸説ありますが、江戸時代に讃岐国出身の蘭学者「平賀源内」によって広められたという説がもっとも有力です。

うなぎが夏に売れなくて困っていた町の鰻(うなぎ)屋が、何とか売る手立てはないかと平賀源内に相談。

平賀源内は、店先に「本日、丑の日」と書いた紙を貼るのを勧めました。

すると、うなぎが飛ぶように売れたため、夏の土用の丑の日にうなぎを食べる習慣ができた、といわれています。

夏バテに最適 ウナギの栄養

ウナギにはビタミンA・Bが豊富に含まれており、脂質やたんぱく質、鉄分も含まれた栄養価が高い食材です。

夏バテによる、食欲不振を防ぐ効果も期待されています。

体調を崩しやすい夏に、栄養豊富なウナギを食べて活力をつけようとすることは、理にかなっているといえますね。

「う」の付く食べ物もOK

土用の丑の日には、ウナギ以外にも「う」の付くものを食べると、夏バテしないという風習もあったとされています。

例えば、うどん・瓜・梅干し・牛(牛肉)などがそうです。

どの食材も栄養価が高く、食欲がない時でも食べやすいものです。

土曜の丑の日は夏を乗り切る立秋前の風習:まとめ

一般的に定着している「土用の丑の日」は、立秋の前18日間、その期間での丑の日が「土用の丑の日」になります。

暑さで食欲もなくなる季節、夏に負けず乗り切ろうという意味合いで、昔から土用の丑の日には栄養があるウナギを食べるという風習があったんですね。

夏バテ予防にウナギを食べて栄養つけよう!

関東風のさらりとした特製焼きダレで、じっくりと二度付け焼き



じっくり焼き上げた浜名湖産うなぎ【みんなのお祝いグルメ】

コメント

タイトルとURLをコピーしました