夏至と冬至の意味とは?それぞれの風習の違いについて

お役立ちコンテンツ

1年の中で昼間が最も長い日を「夏至」、反対に昼間が最も短い日を「夏至」といいます。

ですが、なぜ「夏至」「冬至」と呼ばれているのでしょうか?

その理由は、古くからの日本の風習に関係しているようです。

この記事では、夏至・冬至の意味と、それぞれの日に行われる風習についてご紹介していきます

2021年の夏至は6月21日、冬至は12月22日です

スポンサーリンク

夏至と冬至の意味とは?

夏至と冬至の日は、毎年「何日」にという設定はされていないため、1年ごとに変わるのが特徴です。

その年のいつが夏至と冬至になるのかは、天文学的に決められています。

夏至

夏至とは、日の出から日没までの時間が1年で最も長い日を指します。

夏至の日は、太陽の位置が正午頃にほぼ真上を通過するため、太陽が昇ってから沈むまでの時間が長くなるんです。

緯度によって時間のギャップが生じ、北に行くほど昼間の時間は長くなります。

夏至は日本ではほとんどの地域が、梅雨の真っ只中。

この夏至の日を境に、夏に向かって季節は進んでいき、だんだんと日は短くなっていきます。

夏至という言葉は、中国の古い暦である「二十四節気(にじゅうしせっき)」と呼ばれる太陽の動きを元にした、春分と秋分を含む季節の変化を表した暦からきているんですよ。

冬至

夏至とは対称に、冬至は1年の中で最も昼の時間が短く、夜が1番長い日を指しています。

旧暦(明治初期以前に使われていた暦)では、冬至から1年が始まっていました。

現在使用している新暦(太陽暦)では、年の初めは1月1日ですが、昔は昼間の時間が最も短くなる冬至に基づいて暦(こよみ)を設定していたんです。

スポンサーリンク

夏至と冬至の日本における風習と食文化

夏至の風習

夏至は太陽の力を最大限に引き出す時期と考えられています。

以前は、その降り注ぐ太陽からの恩恵に感謝して豊作を祈る、「半夏生(はんげしょう)」という田植えの風習が行われていました。

半夏生は夏至から11日目までに行われ、田植えが終わると、収穫したばかりの麦を使って「半夏生餅」と呼ばれる小麦餅を作って神様にお供えします。

関西地方では半夏生に豊作を祈り、稲の根がタコの足のように四方八方に広がり、強くなって欲しいという願いが込め、タコを食べるという風習があったそうです。

冬至の風習

冬至の日はカボチャを食べたり、ゆず湯に入ったりする風習があります。

昔は縁起担ぎで、ニンジン・ダイコン・レンコン・ミカンなど、「ん」がつくものを食べると、「運」を引き付けると信じられていました。

カボチャは別名「南京なんきん」といい、長期保存が利き栄養豊富なため、冬至にカボチャを食べるようになったそうです。

冬至にゆず湯に入るという習慣は、江戸時代から始まった日本独自の風習で、昔は強い香りのもとでは、災いなどの邪気は起こらないといわれていました。

冬に収穫される柚子は、香りが強く邪気払いに最適な食べ物だったのです。

また、柚の木は寿命も長いため、人々はゆず湯に入ることで体を浄化し、無病息災を祈っていました。

太陽と深い関係の夏至と冬至:まとめ

夏至も冬至も、中国の春分・秋分・立春・立冬と同じ「二十四節気」のひとつ。

夏至は「太陽のエネルギーが最も強くなる日」、冬至は「太陽の力が最も弱まる日」とされています。

夏至と冬至の意味や風習を理解すると、昔から太陽が、貴重な存在として敬われてきたことがわかりますね。

夏至では太陽のエネルギーに感謝する日、冬至は無病息災を祈る日

コメント

タイトルとURLをコピーしました