おすすめの緑茶6選!有名産地別にみる美味しい茶葉の特徴!

暮らしのこと

古くから親しまれ飲まれ続けている緑茶。

食事のお供やホッと一息つきたいときなど、とても馴染み深い飲み物ですよね。

緑茶に使用される茶葉は、育成される産地によって味や香りが異なります。

甘みや渋み、香りなど自分の好みや、ギフトの場合には相手の好みに合わせて、美味しい緑茶を選びたいですね。

この記事では、産地別にみる美味しい緑茶の特徴とおすすめの茶葉をご紹介していきます

スポンサーリンク

有名産地別にみる美味しい茶葉の特徴!

贈りものとしても重宝される緑茶。

緑茶は芳醇な香り、ほんのり甘みがあり後味に旨みを感じるもの、緑茶独特の渋みがしっかりあるものなど産地によって異なります。

宇治茶

京都で昔からお茶の産地として知られている宇治。

宇治茶はかしこまった贈り物として定番で、高級緑茶として有名です。

水色(すいしょく)は薄い緑色で、上品な香りが立つのが特徴です。

控えめな味わいで、ほんのり甘さがあります。

香りを重視して選びたい方におすすめの緑茶です。

静岡茶

日本一の生産量を誇る静岡。

“お茶の産地”というと、静岡を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

静岡茶は深緑色の水色で、甘みと渋みがバランス良く融合され、まろやかな味わいが特徴です。

渋みの後には甘みが口の中に残り、緑茶独特の旨みの余韻を感じることができます。

狭山茶

埼玉県にある狭山も緑茶の産地としてとても有名です。

他の緑茶の産地は年に4回茶葉を摘採(てきさい)するのに対し、狭山茶は年に2回しか

摘採しないため大変貴重な緑茶としても知られています。

狭山独自の高温で火入れをする製法で(狭山火入れと呼ばれる)、少ない茶葉でもしっかり甘みのある味が出るほど、濃厚で深みがあるのが特徴です。

ですが、それほど主張が強くなく、食事のお供として飲むにも料理の味を邪魔しません。

濃緑の水色で、爽やかな香りが魅力です。

知覧茶

知覧茶は鹿児島県に知覧にある緑茶の産地で、静岡に次いで日本第二位の茶葉の生産量をほこります。

比較的温暖な地域で栽培されるため、緑茶の強い甘みとコクが感じられます。

渋みと苦みが少ないため、緑茶が苦手な方やお子さんでも飲みやすいお茶です。

若葉を思わせる濃く美しい水色で、気品のある香りが特徴です。

嬉野茶

佐賀県の温泉地でもある嬉野(うれしの)

嬉野茶の茶葉は、日本で作られる茶葉では珍しい丸みを帯びた形状です。

急須に茶葉を入れお湯を注ぐと、ゆっくりと茶葉が開きながら、緑茶の甘みと旨みを出していきます。

お湯を注ぐ度に香りと味が変わります。

日本では珍しい釜炒り製法で作られるため、ほんのり香ばしさが感じられるのと、青みがかった爽やかさが特徴なので、脂っこい食事の時に飲むのもおすすめです。

透明感のある水色で、口に含んだ後から緑茶独特の旨みを感じることができます。

八女茶

福岡県の八女は、高級茶の代表格である「玉露(ぎょくろ)」の産地です。

深蒸しでつくるため。まろやかな甘みとコク、緑茶独特の旨みが一番強く味わえると言えるでしょう。

八女茶の生産量は全国でも3%ほどで、希少価値が高く、高値で取引されていることがほとんどです。

鮮やかな緑色の水色で、ほのかな香ばしさと上品で爽やかな香りが特徴で、大切なお客様をもてなすのにぴったりです。

 

【産地別】美味しい緑茶おすすめ6選

1.京都利休園 :宇治煎茶・玉露

2.みのり園:静岡 天空の茶産地川根の「奥光」

世界緑茶コンテスト2009『最高金賞』受賞した川根茶の最高傑作です!

山霧がたちこめる山紫水明の地で育まれ、 個性的な香気、明るい水色、ほのかな渋みが特長。

世界に認められた豊かな味と山の香りを存分にご堪能できます。

鈴木園:狭山茶

甘みのある滋味と甘い香りが味わえます。

濃厚な味と香気が特長です。

お茶の山麓園:知覧茶

お茶の水色は、綺麗なグリーン。

甘みと味のバランスが抜群で、ご自宅用はもちろん、来客用にもぴったりの上質な知覧茶。

高級なお茶に匹敵する、美味しいお茶を堪能できます。

お茶の末崎園:嬉野茶「華ごよみ」

佐賀県嬉野産一番茶の新芽のみを使用して仕上げたお茶で、「上級茶葉らしい旨味と特有の渋み」をお楽しみいただけます。

希少な蒸製玉緑茶の中でも質の良い茶葉を厳選し、「ほどよい甘みと軽い渋みに、豊かな香り」を重視。

関東方面ではあまり手に入らない希少品種です。

岩﨑園製茶:八女茶 玉露「 銀王閣」

凝縮された旨みが魅力の高級品、ブレンドなし100%八女玉露。

日光を遮って手間暇かけて新芽を育てることにより、茶葉の甘さや旨みを最大限に引き出したお茶です。

甘みとコクの広がる味わい、独特の香りが楽しめます。

美味しい緑茶でホッと一息:まとめ

太陽と自然の恵みをたっぷり浴びた緑茶は、一枚一枚の茶葉の中に旨みが凝縮されています。

緑茶は食事やホッと一息つきたいときに飲んだり、大切な方をもてなすのに出したり、私たちの食生活にかかせない存在です。

茶葉の産地ごとに異なる味や香りの特徴を踏まえて、好みやシーンに選ぶといいですね。

大事なシーンなどにも緑茶はとても喜ばれますよ*

コメント

タイトルとURLをコピーしました