法要はいつまで行うの?かかる費用とはどのくらい?【宗教別に解説】

教養とマナー

「初七日」や「四十九日」などの法要は、誰もが必ず耳にしたことがあるのではないでしょうか。

法要は法事と呼ばれることも多く、故人が亡くなった後に行うとても重要な追悼式のことです。

法要は初七日や四十九日のほか、三回忌や十三回忌など何年かおきに執り行うため、「いったい法要って何年先までするの?」と思いますよね。

そこでこの記事では、宗教別の法要の種類やどのくらい先まで行うのか、また法要を行うときのマナーについてもご紹介します

スポンサーリンク

法要はいつまで行うの?【宗教別に解説】

「法要」とは、住職や神官などその宗教者にお経や祝詞をあげてもらうことを言います。

故人を悼み(いたみ)、あの世でいい報いを受けれるよう冥福を祈り行う儀式のことと思ったらいいですね。

また、法要の言い換えで使われる法事は、実は法要の後に行う食事会のことなんですよ。

法要は仏教や神道、キリスト教など、故人の宗教により異なります。

仏式の法要

仏教では亡くなった日から四十九日まで、七日ごとに「忌日法要(きびほうよう)」を行います。

四十九日のことを満中陰(まんちゅういん)とも呼び、同時に納骨を行うところも。

四十九日までを忌日年忌とするのは、人は亡くなった後七週間はあの世とこの世をさまよっていると考えられているためです。

故人は亡くなってから七週間を経過したあと、菩薩の道を歩むために修行に向かう、といわれています。

忌日法要が過ぎると、以下の節目の年ごとに年忌法要(ねんきほうよう)といわれる法要が営まれます。

一周忌・・・命日を含めて1年目

三回忌・・・命日を含めて2年目

七回忌・・・命日を含めて6年目

十三回忌・・・命日を含めて12年目

十七回忌・・・命日を含めて16年目

二十三回忌・・・命日を含めて22年目

二十七回忌・・・命日を含めて26年目

三十三回忌・・・命日を含めて32年目

一般的に仏式では十七回忌もしくは三十三回忌などの節目に「弔い上げ(とむらいあげ)」として年忌の最後とすることがほとんどです。

神式の法要

神道では故人が亡くなったあと10日ごとに「御霊祭(みたまさい)」といわれる法要が行われます。

葬儀のあとから50日目に行う五十日祭で忌明けとなります。

そのため、神道の法事では五十日祭は重要な祭とされているんです。

五十日祭・・・命日から50日後に行う霊祭、仏式でいう四十九日のこと

百日祭・・・命日から100日目の霊祭

一年祭・・・命日から1年後の霊祭

以降、式年祭と呼ばれる法要を定期的に行い、三年祭、五年祭、十年祭と続き、その後は10年ごとに五十年祭まで営まれます。

一般的には五十年祭をもって「まつりあげ」をおこない、以後、御霊祭は行わず祖先としてお祀りします。

キリスト教の法要

キリスト教では法要のことを「追悼集会」や「追悼ミサ」と呼んでいます。

カトリックとプロテスタントでは儀式の日が異なるのが特徴です。

カトリック

亡くなった日から3日目、7日目、30日目に「追悼ミサ」が教会にて営まれます。

追悼ミサでは聖書の朗読や祈祷、聖歌が歌われることが多いようです。

1年後の昇天日(命日)に記念のミサを行い、その後、毎年の命日にミサを行うこともあります。

プロテスタント

死後1週間、10日目、1ヶ月目のいずれかの日に、自宅や教会で記念集会を行います。

その後は、1年目、3年目、5年目、7年目の節目の年に、教会で昇天記念集会という追悼が開かれます。

キリスト教では「供養」という考えはなく、カトリックでは“霊魂は肉体から離れ神の元へ召される”ため“神の祝福”と捉えられています。

そのため、追悼ミサや記念集会では「お悔やみ申し上げます」という言葉ではなく、「安らかなお眠りを申し上げます」と述べるのが一般的です。

 

法要・法事を行う際にかかる費用

法要は自宅や菩提寺、斎場などで住職や神官を呼び、親類のほか、故人が生前親しかった友人を招いて行います。

法要後は「法事」である食事会を開くのが一般的。

自宅の場合は仕出しをとったり、レストランなどで会食に招待したりして、帰りには参列者に引き出物を渡すのが慣習となっています。

住職や神官が法事への参加を辞退されたときは「御膳料」、また会食の場所が遠い場合は「御車代」を差し上げるのがマナー。

御膳料は地域やお寺との関係性などで異なりますが、一般的な相場は5000~1万円。

御車代は菩提寺との距離にもよりますが、だいたい5000~1万円ほどです。

【法要を行う際にかかる費用 ※ひとりあたり】

  • 自宅での食事代・・・3000~5000円
  • 別会場での会食代・・・5000~1万円
  • 引き出物もしくは香典返し・・・2000~5000円
  • 宗教者(住職・神官)へのお礼(御布施)・・・3万~5万円

 

忌明けのお返しや引き出物のマナー

仏式では四十九日、神式では五十日祭、キリスト教では追悼ミサなどの忌明けの法要では、参列者が「香典」や「御玉串料」「御花料」を持参するため、お返しの品を用意する必要があります。

また、一周忌や三回忌などの法要では、「御仏前」「御玉串料」「御花料」を参列者が持参するので、お返しの引き出物を用意します。

忌明けのお返しや引き出物は、いただいた金額の1/3~半額程度のものが妥当です。

タオルやお茶、洗剤などが人気ですが、最近では自由に選べるカタログギフトなども人気がありますよ。

お返しの品や引き出物には必ずお礼状を忘れずに同封しましょう。

また、宗教により香典返しの表書きが異なるので注意。

それぞれの表書きは以下になります。

仏式

忌明けのお返しの表書き:志、忌明志(きみあけこころざし)

その他法要の引き出物の表書き:粗供養、志

かけ紙:黒白の結び切りの水引が印刷されたものを使用

※関西方面では香典返しには、黄白の結び切り水引に表書きは「満中陰志(まんちゅういんし)」とするところが多い

神式

表書き:偲草(しのびぐさ)、しのび草

かけ紙:黒白もしくは双銀の結び切りの水引が印刷されたものを使用

キリスト教式

表書き:偲草

カトリックは「昇天記念」、プロテスタントは「召天記念」とすることも。

かけ紙:黒白もしくは双銀の結び切りの水引が印刷されたものを使用

 

 

宗派の違いにより異なる法要:まとめ

法要は残された家族や親族が、故人の冥福を祈り執り行う大事な儀式です。

宗教の考え方により、いつまで法要を行うのかが変わってきます。

菩提寺の住職や、親族などへ参列の出欠の連絡をとったりと準備することも多いですが、あらかじめ法要の時期やかかる費用、マナーを知っておくと安心ですね。

法要は必ず命日の前までに行うのが習わしです

 

香典返し商品ラインナップ一覧/おこころざし.com


香典返しをテーマにした仏事・弔事の専門店!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました