モノのインターネット「IoT」ってどういう意味?わかりやすく解説

beginner

近年、IoTという言葉をよく耳にします。

「モノのインターネット」と呼ばれていますが、「いったい何のこと?」とよくわからない方も多いのではないでしょうか。

この記事では、IoTとは何かをわかりやすく簡単に解説していきます

スポンサーリンク

モノのインターネット「IoT」ってどういう意味?わかりやすく解説します

IoTは、Internet of Thingsの略のことで、読み方は「アイオーティー」です。

日本語では「モノ(物)のインターネット」と訳されています。

IoTとはモノがインターネットを経由して通信すること、わかりやすく言うとインターネットを通してさまざまな場所から遠隔操作を行うことができる仕組みのことです。

【IoTに必要な条件】

  • デバイス
  • センサー
  • ネットワーク
  • アプリケーション(ソフトウェア)
スポンサーリンク

便利で豊かな生活にできる「IoT」

IoTは、センサーが取得した情報をインターネットの通信ネットワークを通してデバイスへ送り、遠くからでも確認や操作できます。

今までインターネットに接続することができなかった家電製品や車、住宅の電灯などにセンサーを取り付け、インターネットを介して操作することができる便利な機能なんですよ。

私たちの生活に関わるすべてのモノ(物)がインターネットに接続することで、生活をより豊かにするための画期的なシステムともいえます。

 

これまでインターネットを含むネットワーク通信では、人が直接何らかの機器へ入力し、操作を指示することによって目的を達成することができました。

しかしIoTは人が直接触れて操作しなくても、モノに取り付けられた、または組み込まれたモノのセンサーが得た情報を感知して収集し、データを即時に送信できることを可能にします。

【IoTを利用したサービスの例】

スマートハウス

家中の設備や家電製品などがインターネットにつながっている家のこと

スマートフォンを1台だけで、どこにいても操作できる

帰宅する前に玄関のライトをオンにしたり、カーテンを開閉したりできる

エアコンをオンにして温度を調整することが可能

バスロケーションシステム

あとどれくらいで到着するなどのバスの接近状況を案内してくれる

車両ごとの運行状況をリアルタイムで確認できる

ヘルスケア

スマートウォッチなどセンサーを搭載しているもの

心拍数、活動、血圧などの変化が自動的に記録され、毎日の体調の変化を記録できる

最近では一人暮らしの老人の安否確認として、IoTを活用した”見守りサービス”などにも利用されるようになった

 

IoTが注目されるようになった背景

IoTが注目されるようになった背景は、人口の減少と少子高齢化問題にあります。

現代ではビジネス競争が激化していますが、人口が減少かつ高齢化しているため、働き手が少なくなり人手が足りません。

その点IoTを活用すれば、人が直接触れて操作指示しなくても、自動操作できる仕組みさえあれば、効率的に業務は遂行できます。

また以前はセンサーなどの通信機器は非常に高価だったため、コストがかなりかかっていました。

しかし通信機器の価格が下がり、コストを抑えることができるようになったため、多くの企業がIoT製品に参入できるようになったのも普及した要因のひとつです。

そのほか、簡単に遠隔操作が行えるスマートフォンの普及拡大も大きく関係しているといえるでしょう。

インターネット経由で情報を取得する:まとめ

IoTとは

  • モノからインターネット経由で情報を取得
  • あらゆるモノ(物体)にセンサーを取り付けて(組み込んで)情報を得る
  • 人が直接触れて操作指示しなくても自動操作ができる

コメント

タイトルとURLをコピーしました