「いただきます」「ごちそうさま」の言葉に込められている意味とは?

教養とマナー

日本では、食事の前には「いただきます」、食べ終えたら「ごちそうさま」という言葉を使います。

小さい頃、親御さんなどから「ちゃんと『いただきます』を言ってから食べなさい」としつけられている方も多いと思います。

普段、何気なく使っている言葉ですが、「いただきます」「ごちそうさま」の言葉に込められた意味を知っている方は少ないのではないでしょうか。

この記事では、日本の食文化と深く結びついている、食事の前の「いただきます」、食べ終わった後の「ごちそうさま」のあいさつ言葉の意味についてご紹介していきます

スポンサーリンク

食べ物を敬う感謝の言葉「いただきます」

私たちのカラダを作っている肉や魚、お米や野菜などの大切な食べ物。

食事をいただく前に「いただきます」というのは、食べ物に感謝するという意味が込められています。

私たち人間が生きていくためには、動植物の命を“いただく”ことが必要不可欠。

「いただきます」は肉や魚、野菜にも命があり、その命をいただくことに対して感謝の気持ちを表す言葉なのです。

また、私達の口にそれら食べ物が運ばれるまで、野菜を作ってくれたり家畜を育ててくれたりする人たちがいます。

その食べ物に携わった人たちへも、「ありがとう」と感謝を述べる言葉でもあるんですよ。

“いただく”はもともと“もらう”の謙譲語で、以前は神様へのお供え物のお下がりを頂くときや、身分の高い人から物をもらう際に「いただきます」と言っていました。

それが時代の流れとともに、命を宿る食材を敬う意味も含むようになり、食事をする前の感謝の言葉として「いただきます」を用いるようになっていったそうです。

スポンサーリンク

自分の命に繋がったことへの感謝「ごちそうさま」

食事の後の「ごちそうさま」という言葉には、多くの生き物の命をいただいて、自分の命に繋がったことへの感謝の意味が込められています。

食物を台風などの危機から守り、種から大切に育ててくれる人、病原菌が蔓延しないよう豚や牛を大切に育ててくれる人がいます。

その食物や肉を用いて、美味しい料理を作って用意してくれる人も。

そのすべての人へ「いただきました、ありがとうございます」と感謝する言葉が「ごちそうさま」なんですよ。

“ごちそうさま”の語源は、お客様をおもてなすために走り回るという意味の“馳走”からきています。

最近では世界中からあらゆる食材が手に入るようになり、食文化が豊かになっています。

ですが、昔は今ほど食材がすぐに手に入らず、いろんなところを駆け巡って大切な方をお迎えする準備をしていました。

その馳走の言葉が、食事の準備をしてくれたお礼の意味にしだいに変わっていったのです。

スポンサーリンク

食全般に感謝する言葉「いただきます」「ごちそうさま」:まとめ

いただきます」も「ごちそうさま」も、口にする食べ物に携わったすべての物や人に感謝する言葉。

生き物の大切な命をいただき自分の命を繋いでいけること、美味しい料理を作ってこころを温めてくれる人を敬う大事な言葉です。

食べ物に感謝し、食事を作ってくれた人や料理の食材を育ててくれた人など、食に関わるすべての人に感謝することは、こころの豊かさにも繋がっていきます。

昔から日本の食文化と深く結びついている「いただきます」と「ごちそうさま」の言葉の意味を理解し、感謝の気持ちを忘れないよう心掛けていきたいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました