【韓国ドラマ】「付岩洞〈プアムドン〉の復讐者達」第2~3話!見どころ&感想

プアムドンの復讐者達

”出典:©STUDIO DRAGON CORPORATION”

안녕하세요 여러분(アンニョンハセヨ ヨロブン)

みなさん、こんにちは♫

運営者のミジュです

この記事では、「付岩洞〈プアムドン〉の復讐者達」第2話~3話の見どころ&感想をご紹介していきます(全12話)

※ちょいちょいネタバレ

~前回までのあらすじ~

ひょんな事から出会うこととなった、財閥の娘で大豪邸の奥様ジョンヘ、市場で魚屋を営むドヒ、有名な大学教授の奥様ミスク。

3人はそれぞれ、夫や子どものママ友の理不尽さに悩んでいた。

そこでジョンヘは、ドヒとミスクに「全員の嫌な相手に助け合って復讐しよう」と持ちかける。

最初は突拍子もない話に耳を傾けなかった2人だが、自分達の置かれた境遇を顧みて、復讐することを考えるように。

そうして初めて3人が揃って出会ったカフェである、“付岩洞コーヒーソシアルクラブ”にちなんで、「付岩洞〈プアムドン〉復讐者ソシアルクラブ」を結成する。

第2話からはいよいよ3人の復讐が始まります。

といっても、ドロドロではなく、とってもキュートな復讐です♪

お楽しみに!

スポンサーリンク

「付岩洞〈プアムドン〉の復讐者達」第2話の見どころ&感想

”出典:bs11.jp”.

第2話① 復讐を共にする運命共同体

イ・ビョンスによって庭に捨てられた、ジョンヘの赤ちゃんのベッドやおもちゃを業者が引き取りにきた。

それを唖然とみていたスギョムは、ひとつだけ残されていた壊れたオルゴールを見つける。

ジョンヘと初めて会ったとき、そのオルゴールを愛おしそうに見つめていたのを思い出し、ジョンヘにオルゴールを渡そうとするが、冷たくあしらわれてしまう。

 

“付岩洞コーヒーソシアルクラブ”で待ち合わせた3人は、それぞれに自己紹介をする。

ジョンヘは、ドヒがチュ・ギルヨンから催促されている示談金2000万ウォンを確認すると、そのお金をポンと差し出した。

ドヒはこんな大金を他人に差し出すのはどうかと否定したが、ジョンヘは他人ではなく復讐を共にする運命共同体だと主張。

 

ジョンヘはミスクとドヒに、夫が隠し子を家に連れてきて困っていると話す。

ドヒは離婚すればいいだけの話じゃと言うが、財閥の政略結婚の為離婚できない、だから復讐すると言う。

ミスクは法に触れない範囲で、ささやかな復讐をしようと提案。

✿見どころ✿✿ ホン・サンマン再び登場

スギョムは転校する学校へ。

校長室に挨拶に行く。

そこの校長は、女好きのホン・サンマンだ。

そこにはミスクの娘ソヨンもいた。

ホン・サンマン、何度見ても嫌らしい顔つきです>*0*<キャアアッ

第2話② 初めてのささやかな復讐

スギョムは校庭でヒスを見かけ、「階段の子だろ?」と話しかける。

友達がヒスに「あの先輩が救急車を呼んでくれた」と伝え、スギョムにお礼を言っていたところ、またまたジョンウクが「ニオイで履きそうだ」と言いながらやってくる。

スギョムはヒスがジョンウクに嫌がらせをされているんだろうと推測。

 

3人がカフェで会計をしようとしていると、怒りながら電話をしている一人の男性が入ってくる。

男性は虫の居所が悪いのか、電話を切った後店員になぜか八つ当たり。

ドヒはバケツに水を入れて、トイレの個室にいる男性にぶっかけるとジョンヘとミスクに話す。

「せーのっ」でぶっかけようとしたが、人が入ってきて失敗に終わった。

しかし男性は床に流れた水のせいでひっくり返り、思いがけずやり込めることができたのだ。

✿見どころ✿✿ 理不尽な客へ復讐

虫の居所が悪く、赤の他人であるカフェの店員に理不尽なことを言って八つ当たりする人、よく見かけますよねー。

3人がイタズラ的な復讐をしてくれたおかげで、なんだか気持ちがスッキリ。

第2話③ 復讐への第一歩

ドヒの店で再び話し合う3人。

そこへジョンヘの携帯へイ・ビョンスから電話がかかり、ミスクとジョンヘは店をあとにする。

 

バスの中で偶然ソヨンと会い、散々からかったあと家に帰るスギョム。

イ・ビョンスは、ジョンヘとスギョム3人で夕食を共にしながらギクシャクした雰囲気を見て、自分が出張中に2人仲良くしろよと言う。

スギョムは笑顔で答えるが、ジョンヘは無表情のまま無視。

 

チュ・ギルヨンはカフェで文句を言いながらドヒを待っていた。

すると現われたのは、今までの貧乏くさい魚屋の店主ドヒではなく、美しく着飾ったドヒだった。

驚きながらも屈することなく、高圧的に示談金を要求するチュ・ギルヨン。

だが、ドヒも負けない。

事前にジョンヘが紹介した弁護士に相談し、訴えられてもドヒ側に勝算があると確信しているからだ。

やり込められそうになりながらも高圧的に示談金を要求してくるチュ・ギルヨンだが、大家のジョンヘが現われると態度が一変。

その場は引き下がるしかなかった。

✿見どころ✿✿ 安いインスタントコーヒーが美味しいと喜ぶジョンヘ

財閥で育ったジョンヘは、ドヒがごちそうしてくれたコーヒーが美味しいと喜ぶ。

まさか500ウォンのインスタントとは知らず、大金を払って2人にもご馳走するという。この無邪気さがとってもキュート

砂糖で甘いだけのインスタントコーヒーは、お嬢様には無縁ですもんね~。

第2話④ スギョムにイ・ビョンス復讐のことを知られてしまう

チュ・ギルヨンをやり込めたと喜ぶジョンヘ、ドヒ、ミスクの3人。

ドヒはお祝いを自分の家でしようと提案。

みんなでドヒの家へ。

踏み入れたことのない庶民の家に最初は不思議がっていたジョンヘだが、次第に居心地が良くなっていく。

ジョンヘが冷蔵庫を開けると、家庭的なおかずがたくさん。

ちょっとうらやましく思うジョンヘだった。

 

スギョムとヒスは先輩後輩で仲良くなる。

祖母が作ったラーメンが好物だと言うスギョムを、ヒスは自宅に誘う。

 

盛り上がり、すっかり酔っ払ったジョンヘ。

3人の仲も深まったようだ。

夜も更けてきて、帰るミスクをドヒが送る。

ドヒの家で酔い潰れているジョンヘは、気持ち悪くなりトイレへ。

そこへスギョムを連れてヒスが帰ってくるが、豆もやしを買い忘れたと言ってスギョムに家で待っててと出て行ってしまう。

スギョムがヒスの家に入ると、なんと継母のジョンヘがトイレから「オンニ~(姉さん)」と叫んでいるもんだからビックリ。

ドヒと勘違いして話しかけてくるジョンヘに、スギョムはオンニの振りをして声色変えて返事をしていた。

しかし、その話が自分の父イ・ビョンスへ復讐しようという内容だったため驚きを隠せないスギョム。

✿見どころ✿✿ 安いモンペも着こなす、ファッショニスタ・ジョンヘ。

高級ブラウスに、ドヒから借りたモンペを着たジョンヘ。

ドヒもミンスも大笑い。

安いモンペもジョンヘが着るとオーラがでると褒め称える。

確かに、身長170㎝モデル体型のイ・ヨウォンは、安いモンペも貧乏くさい格好も様になります!

そして脚の長さにビックリ(゚◇゚)!!

あと、酔っ払ったジョンヘが、「よしよし」したくなるほど愛らしいです😄

第2話⑤ 復讐という名の取引を持ちかけるスギョム

家に戻ってきたヒス。

スギョムは用事があるとそそくさ帰って行った。

家の中には酔っ払ったジョンヘがいて、ヒスは不審がる。

ヒスに向かって「泥棒?この家は貧乏でお金がないの」と悲しがるジョンヘに、ヒスはあきれる。

ここの息子だと説明すると、ドヒ姉さんが母だなんてうらやましい、ドヒ姉さんをちょうだいとお金を指し出しヒスに迫り困らせる。

 

スギョムは家に戻り、勝手にジョンヘの部屋に入る。

そして、ジョンヘの壊れたオルゴールを見つけ、音色を聞きながら物思いにふけっていた。

 

帰らないと言ってドヒの家に泊まったジョンヘ。

朝ご飯はヒスが作ったラーメンだ。

そのラーメンが栄養満点なうえに絶品で!!

すっかりヒスのラーメンの虜になったジョンヘ。

今度はドヒのことがうらやましいと思うのだった。

ヒスにお礼として小遣いを渡すも、高校生には不釣り合いな額にヒスもただただ唖然。

 

一方ジョンヘの家には、スギョムの実母がきていた。

ジョンヘが車を駐車場に入れようとすると、スギョムと実母の姿が目に入り、親子のイチャツキに驚愕した。

家に帰ってきたジョンヘをスギョムは出迎えるが、昨晩ヒスの家でのジョンヘを思い出し笑いをこらえるのに必死だ。

スギョムの持っている袋からインスタントラーメンが見えて、ラーメンが食べたいというジョンヘにスギョムは作ってあげる。

ラーメンを食べながら「僕のことが嫌いでしょう?」と言うスギョムに、「嫌いじゃない。一緒に暮らすのが嫌なだけ」と答える。

意外な返答にとまどうスギョム。

そして、自分がこの家に来たのは復讐のためだと言い、ジョンヘに取引を持ちかける・・・。

✿見どころ✿✿ シラフのジョンヘは気取っていて別人・・・

ジョンヘが朝目覚めると、目の前にはヒスがいた。

酔ったときの記憶がないジョンヘ。

いつものように金持ちらしく気取ってはいたものの、醜態を知っているヒスには通用しない。

「昨日とは全然別人だ」とからかわれ、恥ずかしがるジョンヘもかわいらしいです。

酔っ払ったときとシラフの時の差が激しすぎてギャップに萌えますよ。

スポンサーリンク

「付岩洞〈プアムドン〉の復讐者達」第3話の見どころ&感想

”出典:bs11.jp”

第3話① 身勝手な実父母に復讐したいスギョム

自分がこの家に来たのは復讐のためだと言うスギョム。

ジョンヘも同じく復讐を望んでいるのでは?と問いかける。

自分勝手な実母と実父復讐を考えており、協力してくれたら1年後にはこの家を出ていくと取引内容を話すスギョムに、複雑な心境のジョンヘ。

部屋に戻ると、小物などの配置が違うことにスギョムへの不振感を募らせる。

 

カフェでミスクとドヒに、スギョムとの取引内容を話すと、2人は子どもを巻き込むのはどうかと言って反対する。

ドヒはスギョムよりもジョンヘの事が心配だと言い放つ。

ジョンヘがヒスにあげた小遣いを返し、「お金に執着すると人は化け物に変わる」と。

だが、聞き入れるそぶりのないジョンヘに、ドヒとミスクは心配になる。

✿見どころ✿✿ ジョンウクに汚水を浴びせるスギョム

学校では相変わらずジョンウクがヒスをからかっていた。

2階からそれを見ていたスギョムは、掃除で使用したバケツの汚水をジョンウクめがけてぶっかける。

ジョンウクとその仲間は慌てふためいて、汚水を浴びせた奴を探すのだが・・・。

スギョム、なかなかやりますね~。

バケツの汚水を浴びせるなんて、最高!!

第3話② ジョンヘと仲良くなりたいスギョムの切なさ

すっかり意気投合したスギョムとヒス。

ジョンヘとミスクはドヒの店にいた。

やはりスギョムは復讐者クラブに入れないと言うジョンヘ。

そこへヒスがスギョムを連れてやってくる。

ドヒに、救急車を呼んでくれた先輩だと紹介するヒス。

自分の前でヒスに小遣いを渡すジョンヘを見て、寂しく思うスギョム。

 

ジョンヘが中庭で考え事をしていると、スギョムがラーメンを作ってやってくる。

自分の提案は考えてくれたのか?との問いかけに、ジョンヘは取引するつもりはないと言い放つ。

「だったら仲良くしましょう」と言われ、ジョンヘは「だったら取引に応じる」と返答。

 

ドヒの娘ヒギョンが、就職先が決まったと家に戻ってきた。

非常勤の体育教師としてヒスの学校に採用されたと言う。

喜ぶドヒとヒギョン。

ミスクは息子の部屋に入り片付けをしていた。

壁に掛けられた制服の名札を見て、悲しがるミスク。

 

スギョムはジョンヘの部屋にこっそり入ってくる。

それをジョンヘに見つかり「出て行け」と言われ、部屋を後にした。

スギョムが部屋を出て行った後、ジョンヘは壊れていたオルゴールが修理されていることに気づく。

実はスギョムが直してくれたのだった。

✿見どころ✿✿ 喜ぶドヒとヒギョン、冷静なヒス

非常勤講師の仕事が決まり、母ドヒと喜ぶヒギョン。

飛び跳ねて喜ぶ2人に対し、ヒスだけは「教員試験は後回しかよ」と冷静。

確かにドヒとヒギョンの喜びようは、教員免許をとったかのような感じだ。

やはりヒスは男の子ですね、冷静に物事を考える。

家族に1人でも冷静に考える人がいると、何かと安心。

我に返る機会を与えてくれる存在です。

第3話③ セクハラ親父ホン・サンマン

ヒスの学校の校長ホン・サンマンのところへ、非常勤講師として採用されたヒギョンが挨拶にきた。

挨拶するヒギョンと握手をするホン・サンマン。

ヒギョンが手を離そうとしてもホン・サンマンは離してくれず、カラダにまで触れてくる始末。

頑張れば正規教員になれると軽く脅しも。

イヤイヤながらも拒めないヒギョン。

 

ヒギョンが家に帰ると、ドヒとヒスがケーキを用意してお祝いしてくれた。

2人からのプレゼントのジャージを手にして、急に泣き出すヒギョン。

「クビになりそう」と言う。

ワケを聞いてみると、歓迎会の席でホ・サンマンの隣に座らされセクハラを受け、席を立とうとした際にホン・サンマンにお酒がかかってしまったとそう。

それを聞いたドヒはホン・サンマンをぶっ殺しに行くと怒りをあらわにする。

ヒギョンにも得意のテコンドーでズタズタにすればよかったのにと言うが、ヒギョンは「そうしたら自分の人生もズタズタになる」と悲しむ。

 

ドヒ家でホン・サンマンのせいで大騒ぎになっていた頃、当事者のホン・サンマンはというと、イ・ビョンスとミスクの夫ペク・ヨンピョとバーでお酒を飲んでいた。

選挙にでるペク・ヨンピョに、自分も力になると。

まずは“トンマナ”たちにアピールすると言うホン・サンマンに、イ・ビョンスが「トンナマ?」と聞くと、「とこ豚(とん)鈍(なま)った体のおばさんのことだよ」と説明。

イ・ビョンスもペク・ヨンピョも手を叩いて大笑いしていた。

✿見どころ✿✿ 最悪のセクハラ親父ホン・サンマン

やっぱりホン・サンマン、やってくれましたね~💢

ヒギョンの手を離さなかったり、体に触れたり、最悪です!!!

でも、こういう親父、結構います(-_- )

「妻は観賞用がいい」だの「とこ豚(とん)鈍(なま)った体のおばさん」だの、自分のことは差し置いてよくもまぁ言えたものですね。

第3話④ 復讐の術が見つからず、もどかしい3人

バス停でミーティングしているジョンヘ・ドヒ・ミスク。

ホン・サンマンはジョンヘの高校の先生だった。

女好きでついたあだ名は“ホン変態”

セクハラは証拠がないからシラを切られたら終わり、法では罰せられにくいと嘆くドヒ。

懲らしめるために色々意見を出し合うが、なかなかいい案がでない。

 

祖母のお墓参りに来たスギョム。

すると建築業者らしき人たちが墓の周りで何か調べたりしている。

墓の周りは祖母の私有地なのに・・・と業者に問い詰めると、「許可は取ってある」と返答。

そこへスギョムの実母が派手な格好でやってきた。

私有地を荒らす業者に、スギョムは怒りが抑えきれず飛びかかってしまい、警察に保護されてしまう。

 

公園では再びジョンヘ達がホン・サンマンへの復讐について話し合っていたが、保護されている義理の息子を迎えに行くことになる。

しかし、途中でジョンヘが運転する車がアクシデントにみまわれ、ヒッチハイクすることに。

貨物車の荷台ながらも、楽しむ3人。

 

警察に着くとヒスの友達スギョムがいて、ドヒとミスクは不思議がる。

実はジョンヘの義理の息子がスギョムだったと知って驚く。

✿見どころ✿✿ ピンクのスパンコールづくしの、派手すぎるスギョムの母

金髪のかつらに、ピンクのスパンコールづくしのスーツ。

スギョムの実母はとっても派手✨

だけど、お洒落で素敵なんです!

スタイルがいいし美人だから、これまた似合うんですよね~

実母のファッションは毎回違うのでお楽しみに♪

第3話⑤ スギョム、晴れて復讐者クラブのメンバーに

スギョムが住んでいた家で、夕飯を食べる3人。

ドヒは、スギョム手作りのご飯を食べながら、イケメンで何でもできてイイ青年だと褒める。

「だったら僕も仲間に入れて」と復讐者クラブへの入会を打診。

3人には復讐したい相手がいて、復讐者クラブを結成したことを偶然聞いたと告げる。

3人は猛反対。

スギョムは実父母に復讐して守りたいものがあること伝えるが、それは自分達が復讐してあげるといいなだめる。

ふてくされるスギョム。

 

スギョムの学校の保護者会の日、ヒギョンはホン・サンマンから逃げていたが、見つかってしまう。

ジャージ姿のヒギョンをみてホン。サンマンは「その服装はどうか」といちゃもんをつける。

そしてミッションを1つ与えるから、クリアしたら夜美味しいチゲを食べようと誘ってきた。

はっきり断り切れず、浮かない返事をするヒギョン。

 

ジョンヘ達復讐者クラブの3人が保護者会にやってきた。

会議室へ向かう途中、草むしりしているヒギョンを見つけたドヒ。

ホン・サンマンのミッションは校庭の草むしりだったのだ。

ホン・サンマンへの怒りを覚えるドヒ。

 

3人は会議室に誰もいないのを見計らって、ホン・サンマンが飲む予定のコップの水に下剤を入れようとする。

しかし、そこへホン・サンマンがきて危うくバレそうになり失敗。

悔やむジョンヘ・ドヒ・ミスク。

保護者会が始まり、遠回しにセクハラ行為について述べるドヒ。

しかし、外からヒギョンが「言わないで」とお願いしているのを見て思いとどまる。

そうこうしているうちに、コップの水を飲んだホン・サンマンは、いきなりお腹が痛くなる。

トイレに行こうとするホン・サンマンだが、椅子に接着剤が塗られてあったため立ち上がることができない。

椅子ごとトイレに駆け込むホン・サンマン。

実は、スギョムが椅子に接着剤を塗り、ホン・サンマンのコップに下剤をたっぷり入れていたのだった。

復讐者クラブのメンバーは、ホン・サンマンへ“復讐は続く”という内容のメールを送りつける。

送信元はBJ。

晴れて、スギョムも正式に復讐者クラブの一員となった。

✿見どころ✿✿ やったね!復讐者クラブ!!

第三話最終の見どころは、やはり“ホン・サンマン”への復讐劇。

ジョンヘ達の復讐は失敗でしたが、スギョムの気転で考えてた以上の復讐ができました。

下剤を飲んで苦しみまくるホン・サンマン。

保護者会で恥をかき、「ざまあみろ」って感じです😏


Prime Video

コメント

タイトルとURLをコピーしました