【韓国ドラマ】「付岩洞〈プアムドン〉の復讐者達」第4~5話!見どころ&感想

プアムドンの復讐者達

”出典:©STUDIO DRAGON CORPORATION”

안녕하세요 여러분(アンニョンハセヨ ヨロブン)

みなさん、こんにちは♫

運営者のミジュです

この記事では、「付岩洞〈プアムドン〉の復讐者達」第4話~5話の見どころ&感想をご紹介していきます(全12話)

※ちょいちょいネタバレ

~前回までのあらすじ~

「身勝手な実父母に復讐するためにこの家にきた」というスギョム。

自分も復讐者クラブに入りたいと懇願するも、ジョンヘは不信感しか抱いていない。

ドヒとミスクも、高校生のスギョムを巻き込むのはどうかと反対する。

そんなとき、ドヒの娘ヒギョンが、就任先の校長であるホン・サンマンにハラスメントを受けていることを知る。

3人は保護者会に参加し、ホ・サンマンへの復讐を試みるのだが失敗。

悔しい思いをしていると、なんと自分達が計画していた以上の復讐劇が始まった。

実は、スギョムがこっそり仕組んだことだったのだ。

スギョムも復讐者クラブのメンバーとなり、4人での新たな復讐が始まる・・・。

スギョムも加わり、結束が固くなる復讐者クラブ。

さあ、次のターゲットは誰だ!?

スポンサーリンク

「付岩洞〈プアムドン〉の復讐者達」第4話 見どころ&感想

”出典:bs11.jp”

第4話 狙われる復讐者クラブ

新しいメンバーも加わり、見事ホン・サンマンへの復讐を果たした復讐者クラブ。

次なるターゲットを絞ろうとするが・・・。

ミスクは娘ソヨンと親子の距離が遠く悩んでいた。

夫とジョンヘ夫婦との食事会で、留学中の息子のことをイ・ビョンスに聞かれ顔が曇るミスク。

ジョンヘはそのミスクの表情を見て、何か重大なワケがあると感じる。

ヒスとスギョム目がけてバイクでぶつかろうとしたジョンウクは、逃げる際に電柱にぶつかってしまう。

偶然通りかかったジョンヘ・ドヒ・ミスクは倒れたバイクのもとへ駆けつけたが、ジョンウクは逃げた後で、後ろに乗っていたソヨンだけが取り残されていた。

ソヨンがミスクの娘と知り、息子を一緒にいじめていたと勘違いしたドヒは憤りを隠せない。

そんなドヒを気遣い、復讐者クラブを抜けると言いだしたミスク。

復讐者クラブ解散の危機だ。

ジョンヘの義母の誕生日会。

腹違いの姉・兄からも冷遇されているジョンヘに、心を痛めるスギョム。

車の中でジョンヘが泣いているように見えたスギョムは心配になる。

だが、ジョンヘは泣いているのではなく、笑いをこらえているだけだった。

初めて実家の家族に言いたいことが言えたと満足そうなジョンヘ。

「復讐者クラブの仲間がいるから、もう怖いものはない」とスギョムに話す。

ミスクの義母へお見舞いに来た際、ミスクの息子が留学しているのではなく亡くなっていることを知ったドヒとジョンヘはいたたまれなくなる。

夫のDVは加速するばかりで「もう我慢の限界」と思うミスク。

そんなとき、復讐者メンバーが集結しているところへ、スギョム宛てに一通のメールが送られてくる。

そこには、復讐者メンバーがカフェで集まって計画を練っている写真が・・・。

第4話 ココも見どころ!

セクハラの代償を受けたホン・サンマン

ペク・ヨンピョの選挙事務所に応援にきたホン・サンマンは、出された水を飲むのも椅子に座るのをためらっていた。

それもそのはず、BJ(復讐者クラブ)によって痛い目にあったのだから・・・。

ホン・サンマン、当分はおとなしくしてますかね😙

ドヒ、恋のはじまり

ひとりお酒を飲んでいるドヒは、これまた偶然にも、以前カフェで復讐した横柄な男性に会ってしまいます。

ドヒが男性に慰謝料を払えと責め立てられ、殴りかかられそうになったとき、見ず知らずの青年が現われドヒを助けます。

その後ドヒは、青年の仕事場でお茶をご馳走になるのですが、なんだか落ち着きません。

傘を持たず出ようとするドヒに、優しく傘を差し出す青年。

ニヤニヤが止まらないドヒ。

恋の予感ですね

母思いのヒス

病院からの帰り道、ソヨンに腹を立てているドヒに、ヒスは「ソヨンは関係ない」と伝える。

ソヨンのケガを心配するヒスに、「自分の心配をしなさい」と怒るドヒ。

そんなドヒにヒスは、「僕は母さんが心配だ」と言う。

「僕の心配ばかりするから」と抱きしめてくるヒスに、ドヒはうれし涙をこらえるのだった。

いじめられている自分も辛いだろうに、母のことを気遣うヒス。

見ている側もこのシーンでは、ヒスがかわいくてしょうがなくなります。

一層深まる3人の友情

ドヒとミスクが和解したところで、ジョンヘは自分の身の上を話し始めます。

自分は財閥の娘だが、実母の顔を知らないと。

それを聞いてしんみりするドヒとミスク。

義母を母と呼べず、姉を姉と呼べないと言うジョンヘに、ドヒとミスクは自分達が“姉”だと言って慰めます。

3人の友情はより一層深まったよう。

流れるOSTも切なく優しい曲ですよ

嫁に優しい義母

認知症を患って入院しているミスクの義母。

わからないながらも、自分に親切にしてくれるミスクにとても優しくしてくれます。

自分の実の息子ペク・ヨンピョよりも。

ジョンヘとドヒの真似をして、「オンニ~(姉さん)」と言いながらミスクの頭を撫でてくれているシーンは、観ているこっちも嬉しくなります。

スポンサーリンク

「付岩洞〈プアムドン〉の復讐者達」第5話 見どころ&感想

”出典:bs11.jp”

第5話 絶体絶命

謎の送信元から送られてきた、復讐者クラブメンバー全員が写っているの写真。

4人はそれぞれ、自分が復讐したい相手からではないかと推測する。

実は、これはスギョムの祖父の差し金だった。

復讐者クラブメンバーの4人は、ドヒの家で『復讐漫画』を読みながら計画を練っていた。

残酷な復讐はダメだけど、嫌がらせ程度の復讐じゃ満足できない。

悩んでいるとミスクが、ジョンヘの財力とドヒの”運動神経”を使ったいい案があると提案する。

ペク・ヨンピョが選挙活動しているイベント会場へやってきた4人。

ジョンヘが主催者側に賄賂を渡し、「ケンケン相撲」でドヒとペク・ヨンピョが対決することに。

すると、ペク・ヨンピョはバランスを崩し、ステージから落ちて首を痛めてしまう。

当分お酒も飲めないし、暴力も振るわないだろうと安心するミスクと復讐者メンバー。

ペク・ヨンピョがいない隙を見計らい、ミスクの家に押しかけ料理をするジョンヘとドヒ。

お嬢様育ちのジョンヘの料理姿に笑いが止まらないドヒとミスク。

お酒もはいり、イヤな奴らの悪口を散々言っているところへ、なんと今日は帰ってくるはずのないペク・ヨンピョが帰ってきた。

酔っ払っているジョンヘはペク・ヨンピョを指さし、「犬野郎」とバカにしてゲラゲラ大笑い。

キョトンとするペク・ヨンピョ。

無邪気に笑うジョンヘ、凍り付くドヒとミスクだった・・・。

第5話 ココも見どころ!

頼もしい兄貴

スギョムとヒスはすっかり仲良しに。

スギョムは学校内でばったり会ったジョンウクに対して、屈することなく威嚇する。

ジョンウクはビックリして尻込みし、その場を去ってしまった。

頼もしい味方をつけたヒス。

これで有意義な高校生活を送れるといいですね。

ドヒの体の柔らかさに感動!

ペク・ヨンピョとの対決がケンケン相撲に決まった瞬間、ドヒは高く足をあげます。

それがまた、よく上がるのなんの(^○^)

体操選手かと思うくらいの体の柔らかさにビックリですよ!!!

噂話は聞こえないふりを

健康診断を受けている病院で、ジョンヘとスギョムは噂の的だった。

自分達の噂話ばかりしている周囲に、何も反応しないジョンヘ。

気になるスギョムに、「聞こえないふりをして堂々としてなさい」と説教する。

ジョンヘ、かっこいい!!

人は噂話が好き。

けれど、自分がその話の的になると気になるし、気持ちが萎えますよね。

でも、ジョンヘは聞こえないふりをして堂々と振る舞うジョンヘ、見習いたいものです。

恋に悩むドヒ

ドヒは、先日助けてもらった青年を訪ねていく。

いつもの強気なドヒと違い、とてもおしとやか

自分よりも大分若い青年のことが、気になってしょうがない様子です。

自身に「目を覚ませっ」と言い聞かせるのだが・・・。

恋心と格闘するドヒ、応援したくなります!

ジョンヘ、初めて料理をする!?

ミスクに「タマネギを用意して」と言われて、タマネギを皮がついたまま持ってくるジョンヘ。

「きれいに洗ったわよ」と無邪気に言うが、「皮を剥かなきゃ」とミスクに言われ、再度キッチンへ向かいます。

ですが、今度は皮を剥きすぎて、芯だけになった小さいタマネギを持ってくる始末。

ドヒとミスクはあきらめて、「上出来」と適当に褒めます。

そして、ドヒはこれなら簡単だろうと思い、キムチ用のきゅうりに「唐辛子を入れて」と指示しますが、容器に入った唐辛子をドバドバっと大量に入れてしまい、ドヒとミスクは開いた口がふさがらない。

ミスクとドヒに諦められながらも、初めての料理に大満足のジョンヘでしたー♪♪♪


Prime Video

コメント

タイトルとURLをコピーしました