【韓国ドラマ】「付岩洞〈プアムドン〉の復讐者達」第6~7話!見どころ&感想

プアムドンの復讐者達

”出典:©STUDIO DRAGON CORPORATION”

안녕하세요 여러분(アンニョンハセヨ ヨロブン)

みなさん、こんにちは♫

運営者のミジュです

この記事では、「付岩洞〈プアムドン〉の復讐者達」第6話~7話の見どころ&感想をご紹介していきます(全12話)

※ちょいちょいネタバレ

~前回までのあらすじ~

スギョムに送られてきた復讐者クラブ密会の写真。

誰かが自分達を探っている。

ジョンヘ、ドヒ、ミスク、スギョムは、それぞれの復讐したい相手ではないかと疑っていた。

復讐計画を立てるうちに、信頼関係が深まっていく復讐者クラブメンバー達。

次の復讐のターゲットは、教育長選挙活動の最中の、ミスクの夫ペク・ヨンピョ。

“ケンケン相撲”でペク・ヨンピョを負かし、喜ぶ4人だった。

ある日、ミスクの家で飲み会をしていた3人。

そこへペク・ヨンピョが帰ってきた。

酔っ払ったジョンヘはペク・ヨンピョに向かって、「犬野郎」とバカにして大笑い。

一気にその場が凍り付く。

復讐者クラブ、絶体絶命のピンチだ!!

またもやお酒で醜態をさらしたジョンヘ。

今度は笑い事ではすまない。

どうなる!?復讐者クラブ!!

スポンサーリンク

「付岩洞〈プアムドン〉の復讐者達」第6話 見どころ&感想

”出典:bs11.jp”

第6話① 危機一髪!

駐車場に止めた車の中で、ミスクに謝る練習をするペク・ヨンピョ。

大きな花束を持って家のドアを開けると、見知らぬ女性がいた。

するとそこへ、暴言を吐きながら、トイレからイ・ビョンス夫人が!!

そして、なぜか自分に向かって「犬野郎」とバカにする。

何ごとか?とキョトンとするペク・ヨンピョ。

一方ドヒは、ケンケン相撲で対決したのがばれないかヒヤヒヤ。

そそくさとジョンヘを連れてミスクの家を出て行った。

「君を思って買ってきた💐」と花束を渡してきた夫に、複雑な心境のミスク。

 

校長室に呼ばれたヒギョン。

「ヒギョン先生は才能があるのに生かせてない」と言うホン・サンマンに用件を尋ねると、「明日ペク・ヨンピョが学校に来るから、花束の贈呈とコーヒー作りを頼む」とのこと。

女性教師を雑用係としか思っていない様子だ。

ヒギョンは、自分は体育教師が本業だと柔らかく断ろうとするが、ホン・サンマンは校長の立場を笠に着て脅してくる。

渋々承諾するしかないヒギョン。

✿見どころ✿✿ 酔ってもヒスのラーメンが食べたいジョンヘ

ミスク家からの帰り、酔ったジョンヘはドヒに2次会しようと提案。

ヒスのラーメンが食べたいと何度も言ってドヒを困らせる。

ヒスのラーメン、泥酔しても思い出すくらい美味しいんだ、と気になりますね(^○^)

一度食べてみたいものです。

第6話② 土地を狙っていた犯人

イ・ビョンスの会社にジョンヘの姉がきていた。

スギョムの祖母の土地が高速道路が開通して地価が値上がりした、と話すイ・ビョンス。

どうも、その土地を売る計画らしい。

ハン・スジを使って、祖母の土地を狙っていたのはこのためだったのだ。

土地は、法定代理人である自分の一存で決められると自信満々のイ・ビョンス。

ジョンヘの姉はそんなイ・ビョンスの言葉を不審がる。

 

娘ソヨンの教室で挨拶するペク・ヨンピョ。

ホン・サンマンは、「(ペク・ヨンピョは)どんな父親だ?」とソヨンに聞くが、ソヨンは「本人に聞いてみれば」といって教室を出て行く。

恥をかかされた娘への怒りが収まらないペク・ヨンピョだった。

 

ドヒにサウナに連れてこられたジョンヘは、はじめてのところでワクワク。

思いっきりドヒに甘えるジョンヘ。

サウナが心地良く「自宅用に購入しようかな」とも。

そこへドヒの娘ヒギョンがきて、ジョンヘは嫉妬する。

初任給がでたからご馳走するというヒギョンに、ジョンヘは子どもみたいな意地悪をしてドヒ親子を困らせる。

✿見どころ✿✿ ナイスアイデア!ヒギョン

ペク・ヨンピョがスギョム達の学校へやってきた。

そこへ、花束贈呈係にされていたヒギョンが、全身ジャージにボサボサ髪、すっぴんメガネの酷い格好で走ってくる。

驚愕するホン・サンマンは、慌てて授業に戻れとヒギョンを追い返す。

してやったり!とひとり喜ぶヒギョン。

相手から断らせようとする計画、よく考えましたね~。

頭いい~(・∀・)

第6話③ 一斉復讐の計画

復讐者クラブの4人は、イ・ビョンス・ペク・ヨンピョ・ホン・サンマンの3人一斉に復讐できるチャンスを狙っていた。

そこへジョンヘの姉からスギョムに電話が入る。

ジョンヘの姉から、イ・ビョンスが勝手に祖母の土地を売ろうとしていることを知らされあきれ果てる。

「今後、誰が自分の味方なのか知った方がいい」と忠告するジョンヘの姉。

実はスギョムを呼び出し、イ・ビョンスの土地売却の件をジョンヘの姉に報告させたのは、スギョムの祖父だった。

 

一緒に帰ってきたジョンヘとスギョムに、「仲がいいことー」と嫌みを言うイ・ビョンス。

スギョムはイ・ビョンスに向かって、「土地は売らない」と啖呵を切って部屋に入る。

イ・ビョンスはジョンヘにも冷たく責められる。

 

酒に酔って家に帰ってきたペク・ヨンピョは、学校でソヨンに恥をかかされたと怒り心頭。

それに反発したソヨン。

ペク・ヨンピョは、部屋に閉じこもったソヨンの部屋のドアを叩いて暴れまくる。

ミスクは玄関のドアを開け、近所にもペク・ヨンピョの暴言を聞かせると脅す。

普段のミスクと違い、強気な様子にたじろぐペク・ヨンピョ。

✿見どころ✿✿ プチ復讐の機会

ドヒの店がある市場へ選挙活動にきたペク・ヨンピョ。

ドヒは憤りを隠せない。

ペク・ヨンピョが店の前に来たとき、魚をさばいていた手袋をつけたまま握手を求めるドヒ。

ペク・ヨンピョの手に、たっぷり魚の生臭さを手に付けるのだった。

応援で一緒に来ていたチュ・ギルヨンにも同じようなことをする。

軽く復讐するドヒでした~笑笑

第6話④ お金の亡者ハン・スジ

ジョンヘの携帯に、スギョムの母ハン・スジから「会おう」と電話が入る。

電話を切ったジョンヘは、「あんな母には会わなければ良かった」というスギョムの言葉を思い出す。

 

初めて会ったジョンヘに「息子がイ家の跡取りになるのを望んでいる」と、堂々と告げるハン・スジ。

自分がジョンヘ夫婦の元へ息子を送らなければ、ジョンヘの今の地位は守ることができなかったとも。

そしてハン・スジはジョンヘに、正当な見返りがほしいとお金を要求し、お金をくれないなら自分にも考えがあると脅す。

しかし、夫に愛人がいることが未だに世間に知られていないのは、自分の実家である財閥家がもみ消していると言い返すジョンヘ。

もし何かあったら、ジョンヘとイ・ビョンスの財閥両方を敵に回すと脅しをかける。

言葉につまるハン・スジ。

そこへスギョムがやってきた。

ハン・スジの前でわざと、「お母さん」とジョンヘに言って味方をする。

✿見どころ✿✿ 母親扱いされない憤り

自分を捨てた母を冷たくあしらうスギョム。

お金のために自分を利用していることが許せないでいた。

ジョンヘにお金を要求する姿を見て、「おばさん」と冷たい言葉を投げかける。

捨てた覚えはないと言い訳するも、スギョムには通じない。

復讐するという息子に、怒りと悲しみを隠せないハン・スジ。

息子に冷たくされるのは、当然の報いですよ、ハン・スジさんっっ😠

第6話⑤ 激マズ料理で復讐だ!

ジョンヘとスギョムは復讐の日に向けて、それぞれイ・ビョンスを油断させる演技をしていた。

-そして運命の日。

ジョンヘが手料理でもてなすという名目で、ペク・ヨンピョ夫婦とホン・サンマンがジョンヘの家にやってきた。

ジョンヘの手料理が食べられると喜ぶ3人。

だが、いざその料理を口に運ぶとこの上なくまずい!!

わざと「美味しいでしょ?」と言うミスクに、言葉を濁すペク・ヨンピョ。

にっこり笑顔のジョンヘに、3人は作り笑顔で返す。

ジョンヘとミスクは「やった!」と目で合図。

 

中庭でワインを飲みながら、ジョンヘの手料理の文句を言っているイ・ビョンス達。

ジョンヘがワインを持って行くと、3人は何かをペク・ヨンピョに渡すという話をしていた。

賄賂と思ったミスクとジョンヘは、駐車場に隠れているドヒとスギョムに電話をし、調べるよう指示。

ミスクはマンションの駐車場でペク・ヨンピョを下ろし、部屋へ連れて行く。

その隙に、ドヒとスギョムがペク・ヨンピョの車のトランクの中から、イ・ビョンス達が渡していたものを調べていた。

しかし、それはただの漢方薬だった。

ミスクも駐車場にやってきたが、「薬だったー」とがっかりするドヒとスギョム。

そこへ、寝ていたはずのペク・ヨンピョが近づいてくる・・・。

危うし!!復讐者クラブ

✿見どころ✿✿ 大量の塩入り寿司を口にしたペク・ヨンピョ

手を震わせながら、恐る恐るお寿司を口に運ぶペク・ヨンピョ。

食べてみると大当たり!!たっぷりの塩が入っており、超塩っぱい😖

しかし、みんなの手前、口から出すわけにはいかない。

しかめっ面をしながら食べる夫を見て、笑うミスク。

このシーン、何度観ても笑えます( ̄∇ ̄)

スポンサーリンク

「付岩洞〈プアムドン〉の復讐者達」第7話 見どころ&感想

”出典:bs11.jp”

第7話① ペク・ヨンピョ更生プロジェクト

ミスクは車に近づいてきた夫に話しかけ、一緒に家に戻る。

スギョムとドヒは車の影に隠れ危機をのがれた。

一方、イ・ビョンス達が談笑していたところに、ワインを置いていたケースを片付けるジョンヘ。

実はそのケースの中に、3人のヒソヒソ話を録音するためい携帯電話をこっそり忍ばせていたのだ。

だが突然、その電話のコール音が鳴り響く。

それはドヒ達からの電話だった。

ジョンヘはなんとかその場をごまかしたものの、イ・ビョンスは不審がる。

 

イ・ビョンス達の不正を暴けなかった復讐者クラブメンバー。

無駄骨だったと残念がる。

だが、ペク・ヨンピョがホン・サンマンらにもらった漢方薬を思い出し、ドヒが何か思いつく。

 

漢方薬局にやってきたジョンヘ・ドヒ・ミスク。

「自分は普段は穏やかな性格だが、たまに暴力的な違う人格があらわれる」と薬剤師に相談するドヒ。

ジョンヘとミスクも、ドヒには別人格がいると言う。

ストレス疾患と診断され、薬局で薬を処方してもらうことに。

ついでにお酒を受付けない薬も貰う。

嘘の症状でもらったこの漢方薬、実はペク・ヨンピョを更生させるための計画だったのだ。

✿見どころ✿✿ 暴力を振るわれても夫を気遣うミスク

 薬局でペク・ヨンピョに飲ませる薬を処方してもらうとき、体に合わなくて害が及ばないかと聞くミスク。

薬局に行った帰りの車の中で、ミスクに暴力を振るうペク・ヨンピョが許せないと怒るドヒたちに対し、ミスクは「ソジン(息子)が生きているときは優しい人だった」と話す。

うーん・・・。

第7話② 効果てきめん!

ドヒの嘘の症状で処方してもらった漢方薬がミスクのもとへ届く。

それを、イ・ビョンスらからもらった薬と入れ替える。

やさしく薬を差し出すミスクに、嬉しそうな夫。

翌朝、よく寝たのになぜか調子が悪いというペク・ヨンピョだった。

 

良妻賢母を演じるジョンヘ。

「一緒に出かけよう」と言うジョンヘを、めずらしく思うイ・ビョンス。

次の復讐プランの始まりだ。

ヨガ教室に来た2人。

そこへ、ミスク夫婦もあらわれる。

選挙運動の息抜きにお誘いしたと言うジョンヘ。

ヨガでリフレッシュしたイ・ビョンスは帰ろうとするが、ジョンヘとミスクは「次は瞑想で有名な先生がくる」といって引き留める。

その先生というのは、実はドヒのことだった。

暗闇のなか、イ・ビョンスとペク・ヨンピョの肩を思いっきり叩きまくるドヒ。

それを見て喜ぶジョンヘとミスクだった。

 

真夜中、テレビを見ているペク・ヨンピョ。

南極大陸で子育てをするペンギンを観ながら、「動物王国がこんない悲しいなんて・・・」と泣いている。

それを見たミスクは他のメンバーに「作戦の効果てきめん」とメールする。

喜ぶ復讐者クラブメンバー。

✿見どころ✿✿ ザ・女優 ホン・ドヒ

 瞑想の先生になりきるドヒ。

精神論をイ・ビョンスらに復唱させながら、肩を思いっきり叩く姿は怪しい占い師、いえ徳の高いお坊さんのよう。

いつも色々な人を演じるドヒ、チェゴ!!(最高)👏

第7話③ またまた狙われる復讐者クラブ

復讐に向け、献身的な妻を演じるジョンヘ。

イ・ビョンスを油断させるために、スギョムにも母親らしいことをしてみる。

だが、慣れないことで的外れなことばかりするジョンヘを、スギョムは見ていられない。

親密になっていくジョンヘとスギョムを、怪しいと感じるイ・ビョンスは、秘書に二人を尾行させるよう命じる。

 

ハン・スジが突然スギョムの学校へやってきた。

そこで目にしたのは、仲よさそうにジョンヘの車に乗り込む息子の姿だった。

憤りを隠せないハン・スジ。

 

いつものカフェに集まる復讐者クラブメンバー。

今度の復讐は順調だと喜んでいる。

スギョムが窓腰に外を見ると、イ・ビョンスの秘書らしき人物が自分たちの様子を撮影していた。

そしてもうひとり、隠れて復讐者クラブメンバー達をカメラで撮影していた人物が。

スギョムの母、ハン・スジだ。

何の集まりなのか不審がるハン・スジ。

また、一波乱ありそうだ。

✿見どころ✿✿ 茶目っ気たっぷりなジョンヘ

いい母親を目指し、ラーメンを作るジョンヘ。

しかし、鍋にネギを丸ごと入れるなど、相変わらずな料理音痴。

スギョムに「ネギは刻んで入れなきゃ」と指摘されるも、「入れるとおいしいんだって」と無邪気な笑顔を見せる。

スギョムに、初めて作ったラーメンを「美味しい」と言われ、自信がついたジョンヘでした😙

第7話④ 熟女キラー!?スギョム

イ・ビョンスは会社のエレベーターで偶然、ライバルの弟に出くわす。

若くて美人の義理の姉ジョンヘと、もうすぐ成人の兄の息子スギョムの関係が噂にでもなったら会社にも影響が及ぶと脅す。

思い当たる節があると思いながらも、「妄想だ」と軽くあしらうイ・ビョンス。

 

「酒の臭いだけで具合が悪くなる」と言って、家にある酒を全部捨てろとミスクに指示するペク・ヨンピョ。

喜んぶミスク。

だが、ソヨンはなぜか浮かない顔だ。

昼間、スギョムとミスクがイチャついている?姿を目撃し、ふてくされているソヨン。

友達の息子だと説明しても、信用しない。

なかなか深まった溝を埋めることができないミスク。

一難去ってまた一難だ。

 

ソヨンの誤解をミスクから聞いたスギョムは、学校でソヨンと会うと避けるように。

「なぜ避けるの?」と行ってくるソヨン。

援助交際なのかと責められ否定するスギョム。

誤解が解けたところで、逆にソヨンに「お母さんを悲しめるな」と説教する。

だんだん、お互いが気になるようになるスギョムとソヨンだった。

✿見どころ✿✿ 飲み会で急に泣き出すペク・ヨンピョ

選挙スタッフと共に食事をしているペク・ヨンピョ。

そこでは「動物王国」が放映されていた。

しんみりするペク・ヨンピョのお皿に、肉を入れるスタッフ。

それを食べながら、ペク・ヨンピョはまた涙が止まらない。

「私たちは自分自身を食べている」と意味不明なことを言って周りを困惑させていた。

ペク・ヨンピョ、こうも人が変わるもんですかね笑笑

第7話⑤ 復讐者クラブ、さらなる危機

復讐者クラブメンバーを盗撮した写真を、イ・ビョンスに送りつけるハン・スジ。

「自分の知っている情報を誰に話すべきか・・・」と言っているスジのところへ、

イ・ビョンスのライバルである弟がやってきた。

弟との会話をイ・ビョンスに聞かせるハン・スジ。

何を企んでいるのかと、気が気じゃないイ・ビョンス。

 

義父から呼び出されたジョンヘとスギョム。

用件は、継母のジョンヘとスギョムの仲がいいのはいいけれども、周りの目があるから気をつけろという忠告だった。

よからぬ噂を聞いたという義父は心配していた。

自分達はやっぱり仲良くしてはいけないと、がっかりするジョンヘ。

家に2人一緒に戻ってきたのを見たイ・ビョンスは悪態をつく。

 

ホン・サンマンがドヒの店がある市場にやってきた。

魚をもらったと思い、お金をポケットにしまうホン・サンマン。

ドヒはすかさず「2万5000ウォン」だという。

驚くホン・サンマン。

続けてドヒは「まさかアレ(賄賂)と思ったとか?」と嫌みを言ってホン・サンマンを困らせる。

ホン・サンマンが去った後、隠れていたジョンヘとミスクが出てきた。

3人はホン・サンマンの悪口三昧。

それをホン・サンマンが隠れて聞いていた。

 

仲良く道を歩いていた3人は、ホン・サンマンがつけてきていることに気づく。

わざと一緒に振り向いて、ホン・サンマンを驚かす3人。

真っ向勝負をかけるつもりだ。

急に挨拶されたホン・サンマンは、そそくさと帰って行った。

ホン・サンマンに一緒のところを見られた3人は、関係を知られ復讐計画がばれるかも、と意気消沈する。

そこへスギョムが来て、先日イ・ビョンスの秘書が自分達を盗撮していたことを聞かされる。

そして、ジョンヘ、ドヒ、ミスクのもとへ、「復讐者クラブ、おまえたちの悪事はお見通しだ」という内容の手紙が届く・・・・

✿見どころ✿✿ イ・ビョンスの嫉妬

ジョンヘとスギョムが談笑しながら食事をしていたり、仲良く一緒に帰ってきたりするのが気にくわないイ・ビョンス。

以前は息子スギョムを冷たくあしらっていたのに・・・と複雑な心境だ。

自分だけが仲間はずれになっている気がするイ・ビョンス。

なんとなく気持ち、わからなくもないですね(-.-)


Prime Video

コメント

タイトルとURLをコピーしました