【韓国ドラマ】「付岩洞〈プアムドン〉の復讐者達」第8~9話!見どころ&感想

プアムドンの復讐者達

”出典:©STUDIO DRAGON CORPORATION”

안녕하세요 여러분(アンニョンハセヨ ヨロブン)
みなさん、こんにちは♫

運営者のミジュです

この記事では、「付岩洞〈プアムドン〉の復讐者達」第8話~9話の見どころ&感想をご紹介していきます(全12話)
※ちょいちょいネタバレ

~前回までのあらすじ~

ミスクの家で泥酔したジョンヘは、帰ってきたペク・ヨンピョに向かって「犬野郎」と言ってしまう。
ドヒはヒヤヒヤしながらもなんとかジョンヘを連れ出し、事なきを得た。
復讐者クラブメンバーは、イ・ビョンス、ペク・ヨンピョ、ホン・サンマン3人一斉に復讐をしようと計画。
ジョンヘとミスクは献身的な妻を演じる。
そして、運命の日。
ジョンヘの手作り激マズ料理?で、3人を打ちのめす。
次なる計画は、お酒を飲んで暴力を振るうペク・ヨンピョ更生プロジェクト。
順調に事は進んでいたものの、ほんのちょっとの詰めの甘さが新たな危機を呼び込むことに・・・。

イ・ビョンス達への復讐が順調にいっていると喜んでいるのもつかの間。
復讐者クラブの存在が知られてしまいそう!?

スポンサーリンク

「付岩洞〈プアムドン〉の復讐者達」第8話!見どころ&感想

”出典:bs11.jp”

第8話① 疑惑をもつイ・ビョンス達

「復讐者クラブ、おまえたちの悪事はお見通しだ」という内容の手紙が届いたジョンヘ・ドヒ・ミスク。
3人は差出人が誰なのか推測するも確定できず。
“復讐者クラブ”を当面の間休業することにした。

イ・ビョンスは以前ヨガ教室にいた瞑想の先生が偽物だったこと、ペク・ヨンピョは自分が飲んでいた漢方薬が別のものにすり替わっていたことを突き止めていた。
ホン・サンマンは以前の保護者会での出来事は、ジョンヘ・ドヒ・ミンスの仕業だと勘ぐっている。

ドヒはホン・サンマンが店に来たことを復讐者クラブメンバーに伝える。
ミスク以外のメンバー達は、手紙の差し出し人がホン・サンマンだと確信。

ホン・サンマンはイ・ビョンスとペク・ヨンピョに、「奥さんたちを信じすぎるな」と忠告。
最近、妙な出来事が多くないかとも聞く。
イ・ビョンスとペク・ヨンピョは思い当たるふしがあると思いながら、何ごともないような顔をしていた。

イ・ビョンスはジョンヘに「以前行ったヨガ教室には瞑想教室はないそうだ」と疑問を投げつける。
ジョンヘは慌てて「有名な先生だから貸し切りでお願いした」と言うも、イ・ビョンスは疑いの目で見ている。
ジョンヘは、自分に届いた“悪事はお見通しだ”という赤い封筒に入った手紙をイ・ビョンスに渡す。
そして、「あなたが何かやらかしたの?」とイ・ビョンス宛てに届いたように見せかける。

✿見どころ✿✿ ハン・スジの部屋は意外に質素

自分の部屋でパック中に、イ・ビョンスから電話が入るハン・スジ。
ピンクの部屋着がとても似合います。
パック中も派手な出で立ちなのが見てわかります。
が、お部屋は質素で散らかりまくり・・・。
派手に飾り立てているかと思いきや、意外に地味なんですね(*^o^*)

第8話② 手紙の差し出し人

保護者会での出来事を、防犯カメラを見ながら思い出しているホン・サンマン。
カメラには復讐者メンバー達が写っている。
「復讐者クラブめ、思い知らせてやる」と怒りをあらわにするホン・サンマン。
そのデスクには、あの赤い封筒が置かれている。
そう、手紙の差し出し人はホン・サンマンだったのだ。

警察と保健所の人が「食中毒の通報があった」と、ドヒの店にやってきた。
びっくりして戸惑うドヒ。
調査が終わるまで営業停止だと言われ途方に暮れる。

落ち込むドヒを慰めながらも、意気消沈するジョンヘとミスク。
頭の切れるスギョムが、手紙が届いた直後にそんなことがあるのはおかしいと疑問を持つ。
ドヒはホン・サンマンが魚を買いに来てからだと怒る。
だが、証拠がないためヘタに動くことができない。

ホン・サンマンは電話で知り合いの警察とドヒの店の件を話していた。
やはり通報の犯人だったのだ。

✿見どころ✿✿ 借りてきた猫になるジョンウク

スギョムに会いに学校にやってきたハン・スジだが、無視され逃げられてします。
それを撮影していたジョンウクに気づいたハン・スジ。
文句を言いながら携帯を取り上げる。
派手なうえに迫力のある雰囲気を放つハン・スジにタジタジのジョンウク。
何も言い返すことができないでいました。
意地悪高校生も、突き抜けたやばさを持つハン・スジには逆らえきれません。。。

第8話③ ヒギョンの危機

営業停止期間が明け、店を再開させるドヒ。
しかし、食中毒があった店という噂が広まっており、店には客が来ず、商売あがったりの状況だ。
それを見かねたジョンヘとミスクは“さくら”を使い、ドヒの店に客が殺到しているように仕向ける。
忙しさに喜ぶドヒ。

何日か過ぎ、一日に何度も来るお客がいることに気づくドヒ。
客を尾行した先にいたのは、魚を購入した“さくら”にお金を渡しているジョンヘとミスクだった。
驚くドヒに、気まずそうなジョンヘとミスク。

学校では相変わらずジョンウクがヒスをからかっていた。
家族のことまでバカにするジョンウク。
以前、ジョンウクの母チュ・ギルヨンに跪いて謝っている母の動画を見せるジョンウクに殴りかかろうとするヒス。
それを見かけた姉ヒギョンが止めにはいる。
が、ヒギョンにもその動画を見せようとしたヒスが、再度ジョンウクに殴りかかろうとした。
ヒスを止めようとしたヒギョンは、足で止めようし、ジョンウクの顔を蹴ってしまう・・・。

✿見どころ✿✿ 韓国ドラマ名物「鶏の足」

ジョンヘとミスクの計画とも知らず、魚が完売したと嬉しそうに2人に屋台でもてなします。
そこに出てきて料理が、韓国ドラマ名物の「鶏の足」の辛いやつ🐓
とってもグロテスクな見た目に、お嬢様ジョンヘは驚きを隠せません。
しかし、それを美味しそうに食べるオンニ達を見て、いざ食べてみるとこれまた絶品。
なかなか日本ではそのまま見ることのない「鶏の足」料理。
いざ目の前に出てくると、食べるのに躊躇しそうです(-.-)

第8話④ 子どもを想う母ドヒ

ジョンヘとミスクに“さくら”を使ったことを軽く責めるドヒ。
そこへ1本の電話が。
慌てて学校へ向かうドヒ。
ジョンウクの母チュ・ギルヨンは、ホン・サンマンに教師の暴力は許せないと言っている。
「チンピラ家族」とドヒを罵るチュ・ギルヨン。
だが、今回のドヒは「子どもを信じている」と反論し、告訴すると言うチュ・ギルヨンに真っ向勝負をかけると強気だ。

ハン・スジはジョンヘの姉を呼びだし、スギョムとジョンヘの親密そうな写真を見せ脅そうとするも、もみ消した件だと冷たくあしらわれる。
だが、ここで引き下がらないハン・スジ。
今度は、妹ジョンヘの夫の愛人としてインタビューを受けると言って、お金を要求する。

学校では生徒達がヒギョンのことを噂していた。
生徒達に非難されるヒギョンは、とても切ない気持ちだ。
学校の外にでると暴力事件を嗅ぎつけた記者達責められるヒギョン。
それをスギョムが助ける。

✿見どころ✿✿ 実は優しい!?姉ジョンユン

腹違いの妹ジョンヘのことが気にくわないながらも、ジョンヘの義父に頼まれたり、脅してお金を要求するハン・スジを対応したり、イ・ビョンスに嫌みを言ったりしてくれるジョンユン。
財閥のためとはいえ、嫌いならばそんなことはしないはず。
さりげなくジョンヘを助けてくれている姉ジョンユン。
本当はジョンヘのことが好きなのかも・・・。

第8話⑤ 切ない思いを巡らす3人

ペク・ヨンピョが教育長候補として家族インタビューに選んだのは、妻ミスクが育った養護施設だった。
ミスクにとってはとてもつらい場所。
「乗り越えろ」という夫に不信感を抱く。
インタビューでいい夫を演じるペク・ヨンピョに、複雑な心境のミスク。

チュ・ギルヨンから娘の暴力事件がネットに流れていると知らされるドヒ。
訴えると言うチュ・ギルヨンを尻目に、世間から非難される娘を心配する。

ミスクはペク・ヨンピョに、インタビューでの態度を責められていた。
息子が亡くなっていることをいい加減隠すのはよそうと言うミスクに切れるペク・ヨンピョ。
ソヨンはそんな2人の会話を聞いて悲しくなる。

本当の家族と呼べるものがいない、ひとりぼっちだと感じるジョンヘ。
不遇な境遇のせいで、子ども達に申し訳がないと思うドヒ。
亡くなった息子ソジンに対し自責の念に苛まれているミスク。
3人はそれぞれに思いを巡らすのだった・・・。

✿見どころ✿✿ 切ないジョンヘの涙

姉ジョンユンに呼び出されたジョンヘ。
ハン・スジが姉ジョンユンを脅してきたと聞かされ、自分の立場をわきまえろと冷たく忠告を受ける。
悔しくて悲しくて涙が止まらなかった。
いつも強気なジョンヘが車の中でひとり泣いているのは、すごく切ない気持ちになります😢

スポンサーリンク

「付岩洞〈プアムドン〉の復讐者達」第9話!見どころ&感想

”出典:bs11.jp”

第9話① 悪の証拠

サウナでひとり癒しの時間を過ごしているところへ、ドヒ・ミスク・スギョムがやってきた。
気持ち新たに、みんなで一致団結して復讐をしようと誓い合う4人。

学校へ向かうヒスとヒギョンを見送るドヒ。
真実は自分とヒスが知っているからとヒギョンを励ます。
実はジョンウクにヒギョンの足はあたっておらず、ヒスの時と同じように嘘の供述をして陥れられていたのだ。

「校長先生のおかげです。」とホン・サンマンにお礼を渡すチュ・ギルヨン。
この2人は共犯だ。
そこへ呼び出されたヒギョンが入ってくる。
自分はやっていないというヒギョンに罵声を浴びせまくるチュ・ギルヨン。
懲戒免職にしようと考えているのだ。

スギョムはソヨンを使い、ジョンウク親子の嘘を暴こうとしていた。
ジョンウクが入院している病院へ向かったソヨン。
スギョムは隠れて2人の会話を録画していた。
心配するそぶりを見せるソヨンに、暴力は実は嘘で、母が一芝居打ちヒギョンを辞職に追い込むつもりだと言う。
校長もグルだとも話すジョンウク。
ヒギョンを追い込んだ黒幕が判明した。

✿見どころ✿✿ ソヨンに弱いジョンウク

ソヨンに好意を寄せているジョンウク。
ソヨンがちょっと心配するそぶりを見せただけで、ペラペラと計画をしゃべってしまうなんて、ホント馬鹿ですね~。
ミイラ取りがミイラになる。
この先、どんな仕返しが待ち受けているとも知らず・・・。

第9話② 立場逆転

集まって、ヒギョンに対するSNSの誹謗中傷を通報しているジョンヘ・ドヒ・ミスク。
そこへスギョムがやってきて、ジョンウクの嘘の証拠動画を見せる。
ヒギョンの無実が晴れると喜ぶドヒ。
娘ソヨンが協力してくれたと嬉しそうなミスク。
4人はチュ・ギルヨン親子をまずやっつけようと決意する。

ドヒにプアムドンのカフェに呼び出されたチュ・ギルヨン。
そこでドヒはジョンウクの動画を見せる。
さまざまな罪になると脅すドヒ。
チュ・ギルヨンはドヒにひざまずき示談を求める。
立場が一気に逆転した。

✿見どころ✿✿ 態度激変のチュ・ギルヨン

ドヒの娘ギョンを陥れようとしたことがバレて、ドヒに訴えないでほしいとすがるチュ・ギルヨン。
今までの高圧的な態度と打って変わり、なんとも惨めな姿です。
「なんでもするから許して」と言って、ドヒに許してもらったときのチュ・ギルヨンはまるで子どものように嬉しそう。

第9話③ 悪者は悪者で成敗

ジョンヘはスギョムの誕生日プレゼントを選びに来たデパートで、偶然ハン・スジと出くわす。
ハン・スジが手に取るブランドバックを全て購入するジョンヘ。
息子の誕生日もしらないハン・スジにあきれかえる。

ミスクは、息子が留学ではなく亡くなっていることを世間に公表しようとひそかに動いていた。
ペク・ヨンピョへの復讐の一歩だ。
インタビュー記事はあっという間にペク・ヨンピョの目に入る。
ソヨンはミスクに「頑張ったね」と声をかける。
自分の決断に少し自信がもて、ホッとするミスク。

“悪者は悪者に捕まえさせる”というジョンヘの計画通り、チュ・ギルヨンがジョンヘ達がいるカフェへホン・サンマンを連れてくる。
チュ・ギルヨンに気を許しているホン・サンマンは、ドヒの店の食中毒の件は自分の仕業だと言う。
また、ヒギョンにセクハラ行為w働いたことも。
まさかチュ・ギルヨンがボイスレコーダーに録音していたとも思わず。

✿見どころ✿✿ 財閥令嬢は爆買いもなんのその

デパートでハン・スジを困らせるために、「こっからここまで、ぜーんぶちょうだい」と言うジョンヘ。
さすが財閥令嬢です。
一度は言ってみたい、その言葉・・・。
うらやましい(-.-)

第9話④ こざかしいイ・ビョンス

二日酔いのホン・サンマン。
校長室に入ると、ドヒがソファに座っていた。
驚くホン・サンマンにドヒは、ボイスレコーダーに録音していた昨日の内容を聞かせる。
ホン・サンマンはそれを公表しない代わりに、ヒギョンを正規社員として採用すると言い出す。
娘のために返事を迷うドヒ。

懲戒委員会で尋問を受けるヒギョン。
ドヒに弱みを握られているホン・サンマンはヒギョンをかばう。
しかし、ヒギョンは「学校を辞める」と言い出す。
真実が明かされるのを望むと、部屋を後にした。

チュ・ギルヨンから、自分が所有しているチュ・ギルヨンの家や不動産がイ・ビョンス名義に変わっていることを聞かされるジョンヘ。
その足でイ・ビョンスの会社へ向かう。
利益を得るためにやったと、悪びれる様子のないイ・ビョンスに対してジョンヘは、「あなたには何の価値もない」と吐き捨てるように言って出て行く。

✿見どころ✿✿ 娘を気遣うドヒ、母を想うヒギョン

ホン・サンマンから自分達親子を陥れた証拠と引き換えに、ヒギョンを正規採用するというホン・サンマン。
すぐにでも復讐したいが、教員になりたい娘を思い躊躇する。
ヒギョンの考えを尊重したいドヒ。
ヒギョンもまた、自分のせいで苦しんでいる母を思い、自ら正規採用の道はあきらめ、学校を辞める決意をします。

第9話⑤ ホン・サンマンへ逆襲だ!

ハン・スジは高級車に乗って学校にスギョムを迎えにきた。
ジョンヘの姉ジョンユンを揺すってお金をもらったんだと気づいたスギョムは、母を思いっきり非難する。
ジョンユンからもらったであろうお金を母から奪い、その足でジョンユンのもとへやってきたスギョム。
ジョンユンはハン・スジが何で揺すってきたかをスギョムに話し、冷たく忠告する。

学校では、ホン・サンマンが記者からヒギョンに対してのセクハラや、ドヒへの嫌がらせのことで集中攻撃を受けていた。
校長室の前まで逃げたところで、警察に捕まる。

ホン・サンマンから、妻達が自分達に復讐しようと企んでいると聞かされるイ・ビョンスとペク・ヨンピョ。
復讐者クラブの存在を知ることになる。

ジョンヘ達がドヒの家で次の計画を立てているところへ、ホン・サンマンが酔っ払ってやってきた。
追い出したものの、泥酔しているホン・サンマンは“トンナマ”と言いながら玄関の前に倒れ込む。
そして朝、バス停には人だかりが。
なんとベンチには、“とこ豚(トン)情けない間抜け野郎”と書かれた段ボールに体を包みこまれて寝ているホン・サンマンの姿があった。
それを「ざまあみろ」と言わんばかりに、遠くから眺め喜ぶ復讐者メンバー達。

✿見どころ✿✿ しおらしい*オンニ*

ドヒが好意を寄せている大工の青年が、ドヒの店にイカを買いに来た。
いつもとあきらかに違うドヒ態度を見て、その場にいたジョンヘとミスクは何かあると感じ、青年の後をつける。
瞑想の先生だったりと多重人格者だったり、演技とても上手なのに、好きな人が来ると気持ちを隠しきれず態度にでて、ジョンヘに気づかれてしまいます。
恋するドヒ、しおらしくてかわいいですね

コメント

タイトルとURLをコピーしました