敬語はなぜ必要なの?使う理由とは

教養とマナー

日本語の歴史において、常に敬語は重要な役割を果たしてきました。

日本語ほど複雑な「敬語」を持つ国は、世界で数少ないといわれています。

適切な敬語を使わずに敬意を表すことはある程度できますが、社会の一員として、会社やお客様とうまくやっていくときは絶対に正しい敬語が必要です。

敬語は尊敬語・謙譲語・丁寧語に分かれており、どう使い分けたら良いのか難しいと感じている方も多いのではないでしょうか。

敬語の意味を理解すると、敬語はなぜ使う必要があるのかを理解することができますよ

スポンサーリンク

 

敬語はなぜ必要なの?使う理由とは

敬語は相手への敬意を表すために使われますが、お互いの関係を円滑にするために敬語を使うこともでき、話された敬語を聞くことで、自分の立場や関係を確認することもできます。

“敬意表現とは,コミュニケーションにおいて,相互尊重の精神に基づき,相手や場 面に配慮して使い分けている言葉遣いを意味する。それらは話し手が相手の人格や立 場を尊重し,敬語や敬語以外の様々な表現から適切なものを自己表現として選択する ものである。”

参照:文化庁「敬語の指針

敬語が生まれた理由

敬語がどのように生まれたのかは定かではありませんが、古来の身分制度に基づく社会では、主従関係を表す特別な形が必要だったと考えられていました。

時代が進むにつれて、主従関係だけではなく、聞き手(相手)に対しての配慮を示す言葉として、敬語は使われるようになっていきます。

したがって、現在の敬語は地位の上下関係を表すものではなく、日本の社会に生きるわきまえだったり、目上の人に対して尊敬の念を表したり人間関係を良好にするために使用されるようになっています。

敬語を使う3つの意味

敬語は以下のような意味を持っています。

1.相手に敬意を示す

敬語を使うときに最初に思い浮かぶのは、相手に敬意を示すときです。

2.相手が自分より高い立場にあることを明確にする

上司、顧客、その他の重要な人々に対する敬意を表すことができるように使用します。

3.距離を置く

敬語を使って相手と一定の距離感を保つことができます。

初めて誰かに会うときに、まだ不慣れな関係の中では敬語を使って話すほうがお互い安心感が生まれます。

また苦手だなと感じる人と距離を保ちたい場合は、敬語を使いよそよそしさをアピールすることができます。

スポンサーリンク

敬語を使うことによるメリット

敬語を使うことにより、さまざまなメリットが得られます。

  • 常識を正しく知っている人と思われる
  • 初対面でも話す時に好感がもたれるのと、気持ちの良い礼儀正しい人と感じる
  • 相手との適度な距離感を維持することができる
  • 相手に対する敬意を率直に表現することができる
  • 人との交流が円滑に進められる
  • 自分の主張を柔らかく伝えられる    など

敬語は人間関係を良好に保つために必要な言葉:まとめ

社会人としてのマナーとして、適切な敬語を使うことはとても大切なことです。

相手を敬いながら話すことで、良好な関係を築きやすくなります。

敬語を使って丁寧に接してくれる人には、丁寧に答えてあげたいと思いますよね。

敬語を使うことで心地良い距離感が保てるよ

コメント

タイトルとURLをコピーしました