景品表示法とは?内容や目的をわかりやすく解説します

beginner

ネットニュースやテレビなどで時々目にする「景品表示法」

なんとなく「法律のことかな?」と思っていても、その内容を知っている方は少ないのではないでしょうか。

景品表示法は正式には「不当景品類及び不当表示防止法」という法律のこと。

この法律には、日本の消費者として生きていく中で、とても重要なことが定められています。

しかし法律と聞くと難しく考えてしまい、つい嫌煙してしまいがちですよね。

そこでこの記事では、「景品表示法」という法律について簡単に分かりやすく解説して行きます

スポンサーリンク

景品表示法とは?

景品表示法の正式名称は、法律第134条「不当景品類及び不当表示防止法」です。

昭和37年に不当な景品類と不当な表示を規制する法律として定められました。

この正式名称は長すぎるため、「景品表示法」や「景品法」と省略して呼ばれるようになったとのことです。

【景品】

一般的に景品とは、粗品・おまけ・賞品などのことを指します。

顧客を引き付ける手段として、取引の過程で提供される物品やお金などの経済的利益を指しています。

【表示】

表示とは顧客を引き付ける手段として、事業者が提供する商品やサービスの品質を消費者に知らせる広告などを指しています。

景品表示法は食品を含むさまざまな商品とサービスの、誤解されるおそれがあるような表示の広告と過大な景品類の提供を禁止しています。

スポンサーリンク

景品表示法の目的とは?

すべての消費者は、より良い製品やサービスを望んでいます。

広告は商品を販売したり、サービスを知ろうとしたりする際に非常に重要な役割を果たしますが、事業者が売上を伸ばすために過剰な広告や景品などで、消費者の購入意欲を惹きつける広告を展開しまいがちです。

実際よりも良く見せかける表示や大げさなキャッチフレーズ、虚偽表示、明らかに高価だと思える景品や豪華過ぎる景品の付いた商品を販売するおそれがあります。

そして消費者は質の良くない商品やサービスを購入してしまい、不利益を被り苦しむ可能性がでてきてしまいます。

このような不当表示や過大な景品類から消費者の利益を守るための法律が「不当景品類及び不当表示防止法」なのです。

景品表示法の目的

引用元:消費者庁「景品表示法」

景品表示法は消費者を守るための法律:まとめ

景品表示法を簡単にまとめると

景品表示法は消費者を保護するための法律です。

情報を提供する表示は、正確でわかりやすいことが前提となっており、一般消費者が商品やサービスの品質と価格について、適切に選ぶ事ができるようにしています。

事業者が過度の広告や誤った表示によって景品表示法に違反した場合は、課徴金納付命令や措置命令の対象となるリスクがあります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました