【韓国ドラマ】「キム秘書はいったい、なぜ?」第11~14話 見どころ&感想

キム秘書はいったい、なぜ?

“出典:Amazon.co.jp”

안녕하세요 여러분(アンニョンハセヨ ヨロブン)

みなさん、こんにちは♫

運営者のミジュです

この記事では、「キム秘書はいったい、なぜ?」第11~14話の見どころと感想をご紹介していきます(全32話)

※ちょいちょいネタバレ

~前回までのあらすじ~

兄ソンヨンが帰国し、心穏やかでないヨンジュン。

両親の心配をよそに、兄弟仲は悪くなる一方だった。

ヨンジュンの優しさに惹かれつつあるミソは、アートセンターの開館イベントを成功させたい一心で、人気作家モルペウスとのコラボを企画する。

だが、実はモルペウスは、ヨンジュンの兄ソンヨンだった。

ソンヨンを通して、近づきつつあったヨンジュンとミソの距離が、一気に遠くなっていく。

せっかく意を決した“最高の告白”も失敗に終わり、途方に暮れるヨンジュン。

プライドが邪魔して素直になれなかったが、勇気をだしてミソに「ごめん」と謝る。

素直なヨンジュンにミソも自分が悪かったと反省し、お互いのわだかまりも消えて、穏やかな日々がやってくるはずだったのだが・・・。

 

一波乱を乗り越えたヨンジュンとミソ

ですが、一難去ってまた一難

なんだか雲行きが怪しくなりそうな!?

 

スポンサーリンク

「キム秘書はいったい、なぜ?」第11話の見どころと感想

“出典:bs11.jp”

第11話① 思いでの”オッパ”を探す

キスをしようとしたとき、幼い頃のつらい記憶がよみがえり、思わずミソを突き飛ばしてしまったヨンジュン。

怒りが収まらないミソは、ヨンジュンに「自己愛の強いナルシスト」と言い放つ。

こんなはずではなかったと、茫然自失になり立ち尽くす。

 

ヨンジュンの顔を見る余裕がないミソは、翌日有給をとる。

せっかくの休みを満喫しようとするが、なぜか退屈でしょうがない。

何をしても思い浮かべるのは、優しくしてくれるヨンジュンの顔ばかり。

だが、昨日のヨンジュンの態度を思い出し、優しいヨンジュンの顔を頭からかき消す。

そして退職後は、幼い頃の記憶に残っている“オッパ(お兄ちゃん)”を探そうと決める。

✿ココ見て✿✿ 客観的目線として相談

医者である姉たちに、ネット記事の話だと言って、キス直前に女性を突き飛ばす男性は信じられないと悪口を言うミソ。

精神科の長姉から、女性やキスに対するトラウマかもと聞き一瞬考える。

ミソと別れた姉たちは、相談の当事者はミソとヨンジュンだと気づいていた。

客観的目線で相談しても、バレバレですよ、ミソ。

第11話② 気を遣うヨンジュン

ヨンジュンの会社にやってきたソンヨン。

副会長付属室のスタッフは、『モルペウス』先生と副会長はどんな関係だと噂する。

なぜイベントの提案を引き受けた?と機嫌悪く聞くヨンジュンに、「自分達が一緒に働くのを両親は喜んでいる」と答える。

兄弟でもうもめたくないと話すソンヨンに、「原因は俺じゃない」ときっぱりと言い切った。

 

ジアとミソの電話を立ち聞きしたヨンジュンは、ミソに会いに行き、挽回させてくれとお願いする。

休みは自分の好きに過ごしたいと言うミソに、ヨンジュンは付き合うことに。

バスなんて乗ったことがないヨンジュンを困らせようと、バス旅行に行くと告げるが、眉をひそめながらもヨンジュンはミソについてきた。

遠くまでやってきた2人は、豚肉専門の焼き肉店へ入る。

怪訝そうな顔のヨンジュンをそれとなく見ながら、日頃の鬱憤を晴らすかのようにわざと意地悪なことを言うミソ。

いつも偉そうなのに、弱みを握られたかのごとく気を遣いつづけるヨンジュンが可愛く思えるのだった。

✿ココ見て✿✿ ジアとグィナムの関係

遅刻しないために、会社の近くに部屋を借りたジア。

なんと、そのマンションの屋上部屋にはグィナムが住んでいた。

ジアが自分を問い詰めようと勘違いしたグィナムは、スーツは1着だけだと白状する。

そして、モテ男のイメージを崩したら許さない、とジアを脅す。

これも、運命の出会い!?

スポンサーリンク

「キム秘書はいったい、なぜ?」第12話の見どころと感想

“出典:s.mxtv.jp”

第12話① オッパは誰?

以前、紹介で知り合った記者の男性に電話するミソ。

自分が空き家に閉じ込められていた年の事件を調べてもらっていたのだ。

1994年にユミョングループのご子息が、再開発地区で今はユミョンランドになっている場所で誘拐されたと知る。

ご子息は当時小学4年生としかわからない。

長男ソンヨンはその時ちょうど4年生、だが弟ヨンジュンも飛び級で4年生だったと聞かされたことを思い出す。

ユシクに、誘拐のことを副会長から聞いたことないかと尋ねてみたが、聞いたことがないと言う。

結束バンド恐怖症や足首の傷跡がひっかかるミソは、ヨンジュンが“オッパ”ではないかと思う。

「つらい過去なら、うかつに聞けない」とヨンジュンを心配するミソ。

 

家で書斎の本の片付けを手伝ってほしいと言うヨンジュンに、いつになく従順なミソ。

潤んだ目で優しく「またあえて嬉しい」というミソを不思議がりながらも、「そんなに俺に夢中なのか」とポジティブなヨンジュンだった。

 

車での移動中、クレーンゲームを見つけたヨンジュン。

もっとミソの気を引きたいため、クレーンゲームに再度挑戦するが惨敗。

通りがかりの小学生にも「下手くそ」と馬鹿にされる始末だ。

その言葉に闘志を燃やしたヨンジュンは、見事ぬいぐるみをゲットし、“忘れな犬”と名付けてミソにプレゼントする。

泣きながらお礼を言うミソに、うろたえながらも照れるヨンジュン。

✿ココ見て✿✿ グィナムの被害妄想

休憩所で同僚と会話しているジアを見かけたグィナム。

ジアが笑いながら話している内容が、自分のスーツや倹約して屋上部屋に住んでいることではないかとヒヤヒヤ。

ジアを呼びつけ問いただすも、まったく自分とは関係ない話だったと聞かされる。

気にするあまり被害妄想にとりつかれたようだ。

第12話② やっと見つけたオッパ・・・

ジアから、ソンヨンが小さいころ誘拐されたということを聞かされたミソ。

その内容が書かれたブログを見ると、自分と同じ記憶が細かに記されており衝撃を受ける。

オッパから聞いた名前を「イ・ソンヨンだった」と思い出す。

それでも“オッパ”がヨンジュンだと思いたいミソは、ヨンジュンに誘拐事件のことを話す。足首の傷や結束バンド恐怖症のことを考えるとヨンジュンではないかと尋ねるが、否定され「兄だ」と返される。

 

ミソに会いに会社に来たソンヨン。

実はヨンジュンと兄弟だと話すソンヨンに、幼い頃一緒に閉じ込められていたと話す。

誘拐されて、その時の記憶がないというソンヨンはさらに、誘拐されたのは弟のせいだと言った。

子どもの頃から仲が悪く、弟は集団で自分をいじめ、再開発地区に連れて行き置いてきぼりにされたとも。

ヨンジュンから聞いた話と食い違い、戸惑うミソ。

 

ヨンジュンの家に、書斎の本の片付けにきたミソは、秘書志願者名簿を見つけ、自分の履歴書を見ながら懐かしむ。

ほかの志願者を見てみると、みんな高学歴のエリートばかり。

高卒の自分がなぜ採用されたのか疑問に思うミソ。

そんなミソにヨンジュンは、「キム・ミソだから」と。

✿ココ見て✿✿ 切ない顔のヨンジュン

ずっと探していた“オッパ”がソンヨンだったと知ったミソ。

ヨンジュンを“オッパ”だと思っていたと言うミソに、「その子が俺だと思って、一日中そんな目で見ていたのか?」と言うヨンジュン。

寂しい顔をしています。

見ていてキュンと切なくなります。

スポンサーリンク

「キム秘書はいったい、なぜ?」第13話の見どころと感想

“出典:s.mxtv.jp”

第13話① ほんとうの想い人

”キム・ミソ”だから採用したと言うヨンジュン。

さらに、「高学歴の人間はアメリカでの苦労に耐えられないと思った。キム・ミソは学歴がないから辞めないかと」と、心にもないことを言ってしまう。

 

待ち人に会えた気分は?と聞くヨンジュンにミソは、「嬉しいけど実感がまだない」と答えた。

ソンヨンから弟が置き去りにしたから誘拐されたと聞いても、「自分を責めないで。忘れたいほどつらい記憶だったのでは」とヨンジュンを心配する。

家に帰ったミソは、幼い頃書いた日記を開いて、物思いにふけっていた。

 

ミソが派遣で会社に入った時を思い出すヨンジュン。

同僚との食事を楽しんでいるミソを見つけたヨンジュンは、まるで想い人と再会したような表情だ。

ミソに自分が誰だか分かるか?と聞くが、会長の息子との返事しか返ってこず、寂しく思う。

そして、ミソを秘書に応募させるよう、密かに部下に指示していた。

✿ココ見て✿✿ マイペースなソル秘書

社長秘書にもかかわらず、秘書席にいないソル秘書。

他の部署で、井戸端会議に参加していた。

呼びに来た社長のユシクに「電話すればよかったのに」と言うが、携帯電話は秘書席に置いたままで持ってきていないことを指摘される。

会議だから資料用意しろと指示されるも、会議は金曜日だと言い返す。

「今日が金曜日だ!!」と怒るユシク。

マイペースすぎて、“大物”と呼びたい。

第13話② またも振られるヨンジュン

運命の人と会ったと話すソンヨンに、両親は大喜び。

カフェで話をしていたミソとソンヨンが店を出ると、ヨンジュンが待ち構えていた。

仕事の話を持ち出し、ミソを責めたてるヨンジュン。

ミソに会うなというヨンジュンにソンヨンは、「ミソは9年以上自分を探していた。運命の糸で結ばれている」と言って挑発する。

 

ソンヨンとの記憶探しに、再開発地区へ行くことを断固反対するヨンジュン。

猛反対を押し切ってミソは再開発地区にソンヨンとやってきた。

幼い頃書いた日記をソンヨンに見せるミソ。

ヨンジュンのせいで誘拐されて恨んでいたが、ミソと一緒だったと分かって今は感謝していると話すソンヨンに当惑する。

 

ソンヨンとミソが、「オッパ」「ミソ」と呼び合っているのが気にくわないヨンジュン。

未来の恋人が不愉快な思いをしているからソンヨンとは会うな、自分は金持ちで優秀でイケメンだから、結婚しようと勝手なことばかり言ってミソを困らせる。

以前、プロポーズしたときは退職すると言ったミソを引き留めるためnだったが、今度は本気だと告げる。

「恋人として付き合おう」というヨンジュンに、きっぱり断るミソ。

「嫉妬と競争心にかられて、今は恋愛関係になるのは望ましくない」と言われ、「また振られた」とがっかりして立ち尽くす。

まともな告白をしてほしいと思うミソだった。

✿ココ見て✿✿ キレのあるキック

ソンヨンとミソが2人で会っているのが気になって仕方がないヨンジュン。

モヤモヤをサンドバックにぶつけます。

長い足でキレのあるキック、めちゃくちゃかっこいい!

さすがです。

スポンサーリンク

「キム秘書はいったい、なぜ?」第14話の見どころと感想

“出典:bs11.jp”

第14話① 研修合宿、まさかの飛び入り参加!?

副会長付属室の研修合宿の日。

ジアを監視するため企画室所属のグィナムも参加し、和気あいあいと合宿所へ出発する。

その頃ヨンジュンはドローンで遊びながら、ミソの「嫉妬と競争心にかられて、今は恋愛関係になるのは望ましくない」という言葉を思い出し、モヤモヤしていた。

 

研修とは名ばかりでただの親睦会であるため、みんなお酒を飲んだりゲームしたり、のんびり好きなことをして過ごしていた。

すると、なんと副会長のヨンジュンがヤン秘書と共に合宿場所にあらわれ大慌て。

「自分のために働く社員のためにきた」と言うヨンジュンに、がっかりする社員達。

そしてヨンジュンに、「今後のビジョンを考えてほしい」と、研修らしい課題をだされて意気消沈する。

 

ミソをつかまえ、「君のために来た」と話すヨンジュン。

自分を拒むミソを思い出すと、そうとう悔しかったらしい。

そして、この研修の目的はミソと自分が恋人同士になることだ、と断言する。

 

屋内での研修が終わり、次はペアでリボンを探すという野外研修だ。

優勝賞品は準備していた商品券に加え、タブレットPCも加えると言うヨンジュン。

グィナムはじめ、賞品ゲットのために、リボン探しに闘志を燃やす社員達。

✿ココ見て✿✿ “太鼓持ち”はつらいぜ

研修合宿で自由気ままに過ごしていたチョン部長。

だが副会長があらわれた途端、落胆している他の社員をよそ目に、仕事に対してのやる気をみせる。

野外研修でも、副会長に「山歩きに疲れたらどうぞ」と言って、さっとチョコレートを差し出す抜け目のなさ。

“太鼓持ち”も大変です。

第14話② お互いを配慮する気持ち

ソンヨンはミソの幼いときに書いた日記を、うれしそうに読んでいた。

そしてミソと話したくなり電話をする。

 

ミソから携帯を奪い、ソンヨンからの電話に出たヨンジュンは、「大事な話をしている」と言って切ってしまう。

ヨンジュンに自分といる時間に集中しろと言われ、閉じ込められたときの記憶を思い出したいからソンヨンと会うというミソ。

またもや2人は口論となり、ミソはプイッとヨンジュンの元を離れてしまった。

 

ミソがひとりで山道を歩いていると、急に雨が降り出す。

そこへヨンジュンが駆けつけ、ミソが雨に濡れるのをジャケットで防いでくれた。

ヨンジュンの優しさに表情を緩めるミソ。

2人で雨宿りをしていると、屋根裏にクモがいたのを発見。

ヨンジュンは怖がるミソを心配し、落ち着かせようとチョコレートを渡す。

誘拐事件以来、クモが怖くなったと言うミソに、自分の家族は誘拐事件でつらい思いを長い間してきたから、ミソにはつらい記憶は思い出して欲しくないと伝えるヨンジュン。

しかしミソは、自分は人に気遣われた経験がなく、唯一守ってくれたのが”オッパ”であるソンヨンだと話す。

真剣に話すミソを見て、「君のすべてを背負う自信がある」というヨンジュン。

2人の気持ちが通じ合った時だった・・・。

✿ココ見て✿✿ セラの恋のお相手

野外研修で、なぜかセクシー衣装に着替えたセラ。

グィナムの気を引きたく、胸パット3枚も入れて挑む。

ヤン秘書とのペアに気落ちしながらリボンを探している途中、虫が服の中に入りセラは暴れ出す。

すると仕込んでいた胸パットが落ち、それを見たヤン秘書は驚愕する。

だが、ヤン秘書は近くにいるグィナムに、落ちている胸パットを見られないよう自分のジャケットをかぶせるのだった。

ヤン秘書のさりげない優しさに、ときめくセラ。

恋の始まりだ。

続きはコチラ👉「キム秘書はいったい、なぜ?」第15~18話 見どころ&感想


Prime Video

コメント

タイトルとURLをコピーしました