【韓国ドラマ】「キム秘書はいったい、なぜ?」第15~18話 見どころ&感想

キム秘書はいったい、なぜ?

“出典:Amazon.co.jp”

안녕하세요 여러분(アンニョンハセヨ ヨロブン)

みなさん、こんにちは♫

運営者のミジュです

この記事では、「キム秘書はいったい、なぜ?」第15~18話の見どころと感想をご紹介していきます(全32話)

※ちょいちょいネタバレ

~前回までのあらすじ~

いい雰囲気になりキスしようとしたところ、不意打ちにミソを突き飛ばしてしまうヨンジュン。

怒ったミソは当てつけのように翌日有給をとる。

なんとか挽回したいヨンジュンは、ミソの家まで押しかけ、一緒に休みを過ごすことに成功。

そんなとき、知り合いの記者から、自分が誘拐された時期、同じ場所でユミョングループのご子息が誘拐されたことを聞かされるミソ。

もしやヨンジュンが“オッパ”ではないかと思い始めるが、誘拐されたのは兄のソンヨンの方だった。

ヨンジュンは急接近する兄とミソに嫉妬し、プロポーズするもあっさり振られてしまう。

そして副会長付属室の研修合宿の日、ミソに会いたいヨンジュンは飛び入りで合宿に参加することに。

誘拐事件以来、恐怖症に悩まされるミソにヨンジュンは、「つらい過去は思い出してほしくない」と言って心配する。

だがミソは、自分を必死で守ってくれた”オッパ“であるソンヨンとの出会いを憎んでほしくないと話す。

いつになく真剣に話すミソを見て、全てを受け入れる覚悟を決めたヨンジュンだった。

嫉妬の鬼だったヨンジュンも、素直にミソの思いを受け止め、すべてを背負う覚悟を決めます

スポンサーリンク

「キム秘書はいったい、なぜ?」第15話 見どころ&感想

“出典:s.mxtv.jp”

第15話① 母性があふれるミソ

自分の望みを叶えると言ったヨンジュンに、キスしかけたとき突き放した理由を尋ねたミソ。

ヨンジュンは、「目を閉じると今でも幽霊が見える」といって誤魔化し、またもミソの怒りをかってしまう。

 

社員達がバーベキューで盛り上がっている中、ミソとヨンジュンが遅れて参加するも、すでに肉のストックは無くなっており、2人は仕方なくラーメンを食べることに。

「野外バーベキューは最高なのに」と肉を食べれなくて残念がるミソ。

ミソが、カップラーメンが熱すぎて食べれないヨンジュンにフタを皿代わりにして食べることを教え、ラーメンにキムチまでのせてあげる様はまるでお母さんのよう。

 

翌朝、急な仕事のため、早くに合宿所をでるヨンジュン。

電話越しに寂しそうなミソにヨンジュンは、「後で家に来い」とメッセージを送る。

寂しそうなミソの表情は一気に明るくなった。

 

夜、ヨンジュンの家に向かう準備をするミソ。

「別に着飾る必要はないわよね~」と独り言を言いつつも、その言葉とは裏腹に、ルンルンで念入りに化粧しお洒落をしていく。

✿ココ見て✿✿ 恋愛に積極的なセラ

バーベキューで“胸パット事件”以来、ヤン秘書に優しくなるセラ。

そんなセラの行動にキョトンとするヤン秘書。

セラはヤン秘書から「可愛い女性が好き」という理想のタイプも聞き出し、いつになく積極的です♡

第15話② 2度目の・・・

ヨンジュンは庭でバーベキューの準備をしていた。

お洒落して、緊張しながらヨンジュンの家にやってきたミソに見とれるヨンジュン。

「野外バーベキューは最高」と言ったミソの望みを叶えてあげようと必死に頑張ってみるものの、肉を焼くのが初めてのため丸焦げでほとんどが台無しに・・・。

結局、ピザをデリバリーで注文することに。

お互いにピザを食べさせてあげようとするなか、またいい雰囲気になりキスをしようとするが、ヨンジュンは躊躇してしまう。

唇が触れようとすると、どうしても幼い頃のつらい記憶がよみがえってしまうのだ。

そんなヨンジュンをミソは優しく気遣うが、2度目とあって「何かある」と心配しながらも疑念を抱く。

 

キスのことや足首の傷がなんとなくひっかかるミソは、ユシクにヨンジュンの足首の古傷のことを聞いてみることに。

両足クビに縛られた痕のような傷があると話すユシク。

それを聞いて、ミソは深く考えていた。

 

ミソにキスを拒んだ理由を伝え弁解したいヨンジュン。

だが、なかなかイイ言葉が見つからず途方に暮れる・・・。

✿ココ見て✿✿ 恥ずかしい勘違い

セラが席を外している時、社長付秘書のソル秘書は副会長付属室に来て社員にマカロンを配っていた。

席に戻ってきたセラは、デスクのマカロンに目が行く。

部長から「ポン課長(セラ)のことを好きな人からの差し入れ」と聞いて、とっさにヤン秘書だと思ったセラは、すぐにお礼のメールをヤン秘書に送ってしまう。

意味不明なことを言いながらマカロンを食べるセラに、「ソル秘書から」だと伝える同僚。

さらに、男性から好意を寄せられたと勘違いしているのか?と笑われ恥ずかしい。

ヤン秘書にはお礼のメールの意味を問われ、動揺が隠せないセラ。

スポンサーリンク

「キム秘書はいったい、なぜ?」第16話 見どころ&感想

“出典:s.mxtv.jp”

第16話① 食い違う内容

キスを拒んだ弁解の言葉がなかなか見つからず悩むヨンジュンは、ミソに対してよそよそしい。

ミソが持っていたキャラメルを奪うなど謎の行動をとり、「克服する」といってミソの前から去って行く。

 

ミソの幼い頃の日記を読んでいたソンヨンは、母ヘランに「一緒に誘拐された子がいた」と話す。

「警察にはソンヨン一人で行っていたから、そんなはずはない」と言う母の話を聞かない聞かないソンヨン。

そして、その一緒に誘拐された子がキム秘書だと伝える。

 

ミソはヘランに呼び出され、「ソンヨンが誘拐された時、一緒にいたのは本当なの?」と詳しく説明してほしいと尋ねられる。

そして、記憶を辿りながらヘランにその時のことを話、怖がる自分を慰めてくれたのはソンヨンだと伝える。

だが、ソンヨンのことを「ヒョン」と言ったり、寒がりだからと心配したりするヘランに何か引っかかるミソ。

また、ソンヨンが着ていたジャケットではなく、知人のデザイナーが作ってくれたカーディガンを息子は着ていたとの話を不思議に感じる。

そこへソンヨンが来て話は中断するが、ソンヨンの足首には傷はなかった。

 

寒さに強く冬の方が好きと話すソンヨンに、ヘランから聞いた内容と食い違い不自然に思うミソ。

そして、ヨンジュンが寒がりだったのを思い出す。

✿ココ見て✿✿ 究極のSDG’s

野外研修での優勝賞品のPCをジアから受け取るグィナムは、「自分のおかげで(ジアも)PCをもらえるんだと恩着せがましい。

平等に分けるのはおかしいが、自分(グィナム)の秘密は地獄まで持って行けば許す的なことを言ってジアを困らせる。

さらには、ジアが出前を頼んだら量が多くて捨てるだろうから、先に俺に半分ちょうだいとも。

捨てる心配がないと捨て台詞までいう始末。

究極のケチ、いやSDG’sです。

第16話② 初めてのキス

ソンヨンが持っていたミソの日記を読むヨンジュンは、誘拐された後、ミソを家まで送ったときの思い出に浸っていた。

やはり、誘拐された“オッパ”はヨンジュンのようだ。

そこへソンヨンが来て、「日記にふれるな」と言いながら、以前はヨンジュンのことを恨んでいたが、おかげでミソと出会えたと感謝する。

「ミソのそばにはずっと自分がいる」と言って、ソンヨンに対抗するヨンジュン。

 

ヨンジュンはユシクに、ミソに何か隠し事があるだろうと指摘される。

「嘘を嘘で取り繕っても、自分を苦しめるだけだ」とユシクに助言をもらうも、「つらい現実なら知らない方がマシだ」と言い返す。

 

アートセンターの開館式の日。

ミソとヨンジュンの親密そうな雰囲気をよく思っていないソンヨンは、スピーチの練習と言ってミソを呼び出す。

去ろうとするミソの腕をソンヨンが掴んだとき、ヨンジュンがあらわれる。

ヨンジュンのあとをついていくミソを見て、嫉妬をおぼえるソンヨン。

 

トークイベントが始まり、公然の場で遠回しにミソに告白するソンヨン。

それを聞いたヨンジュンは会場から去る。

誤解を解こうとヨンジュンを追いかけたミソは、「(心の)距離が離れるのは嫌だ」と話す。

なぜだと問いただすヨンジュンに、「好きだから」と。

ミソを抱きしめたヨンジュン。

そして、2人は初めてキスを交わす・・・。

✿ココ見て✿✿ ヨンジュンの愛情

誘拐事件の時の悪夢にうなされ起きるミソ。

すると夜中にヨンジュンからメッセージが。

外を見るとヨンジュンが待っていた。

昼間奪ったキャラメルの代わりに、箱いっぱいのキャラメルをミソにプレゼントするヨンジュン。

ミソに会いたくて、ずっと外で待っていたんですね。

ヨンジュンの遠くから見つめるような愛情に、涙がこみ上げているミソ・・・。

スポンサーリンク

「キム秘書はいったい、なぜ?」第17話 見どころ&感想

“出典:s.mxtv.jp”

第17話① 晴れて恋人同士

初めてキスを交わしたヨンジュンとミソ。

これで自分達は恋人同士だと、自分は優秀でイケメンでリッチだから「早く嫁にこい」と先走るヨンジュン。

困惑しながらも、嬉しそうなミソだった。

 

ミソを家に送り届けた後、幼い頃の「ミソはオッパと結婚する」という約束を思い出して、車をUターンさせてまたミソに会いに行くヨンジュン。

戻ってきたヨンジュンを不思議に思いながら、喜ぶミソ。

「俺に会える機会を何度もあたえたい」と相変わらず“俺様的”愛情表現だが、それでもミソは嬉しさを隠せないでいた。

ヨンジュンが帰ったあと、思いでの“オッパ”の夢を見て、やはり“オッパ”はソンヨンだと再認識して残念に思うミソ。

 

「医者に薬は不要だと伝えてくれとミソに頼むヨンジュン。

心配するミソに「もう大丈夫」と。

ヨンジュンの「もう-」という言葉に反応するミソ。

そして、本当に自分が探していた“オッパ”はソンヨンなのかとヨンジュンに尋ねる。

自分の悪夢も足首の傷跡も誘拐事件には関係なく、ソンヨンが“オッパ”だと答えるヨンジュン。

逆に「俺がオッパでなければ気持ちが冷めるのか?」と尋ねられ、ミソは「それとは関係なく好き」だと告げる。

2人の愛はますます深まりつつあるようだ。

✿ココ見て✿✿ 社内恋愛の始まり

いつも完璧なヨンジュンが、朝も遅刻し役員会で居眠りしていたと心配するユシク。

ミソとユシクは、副会長室で居眠りするヨンジュンに話しかけるなどのイタズラをする。

ユシクが部屋を出た後、ヨンジュンの側に座ったミソが立ち上がろうとすると、いきなり眠っていたヨンジュンが手を掴み抱き寄せた。

誰かに見られると大変、と思いながらもドキドキが止まらないミソです。

第17話② 公私混同

恋人になった記念に食事に行くミソとヨンジュンは、なぜかなんだかぎこちない。

ミソは仕事中にデートしようと言うヨンジュンに対し、仕事なので公私を分けて、と話す。

ヨンジュンは秘書のキム・ミソと恋人のキム・ミソとで、使い分けができなく混乱する。

 

ミソに頼らずコピーやお茶を自分で入れるヨンジュン。

社員達はリストラの前触れかと動揺し、副会長室を覗くと、ミソとヨンジュンがイチャついていた。

驚く社員達に「今日はコミュニケーションの日だ」と弁解するも、社員達の疑念は拭えなかった。

それでも、副会長の行動は変だが、社員に直々にねぎらいの言葉をかけたのはキム秘書のおかげだと、ミソに感謝の言葉をかける。

内心冷ややかでないミソだった。

✿ココ見て✿✿ 慰めるのも社長秘書の仕事!?

ユシクはソル秘書の運転する車での移動中、元妻が男性と楽しそうに歩いているのを見かける。

ショックを受け心穏やかでないユシクを慰めるソル秘書。

社長秘書も大変です。。。

スポンサーリンク

キム秘書はいったい、なぜ?」第18話の見どころと感想

“出典:s.mxtv.jp”

第18話① 願いは通じず

ミソは恋人だからと特別扱いしないでほしいとヨンジュンに頼む。

プライドを持って仕事をやっているのに、それが軽視されるのは嫌だとも。

だが、「君のために何かしてやりたい」というヨンジュンと意見が衝突してしまう。

 

秘書席で副会長がキム秘書をにらんでいるように感じるジアはミソに、「キム秘書が折れてください」と伝える。

自分に落ち度がないと謝る気配のないミソにジアは、「今まではキム秘書がおれてましたよね」と話す。

ジアの言葉にハッとするミソは、確かに今までは自分が折れていたが、恋人になった今は難しいと感じる。

ヨンジュンとミソは、お互いに仲直りしたく、相手に食事に誘ってほしいと思うのだが、なかなか言い出せないでいた。

 

ミソと仲直りがしたいヨンジュンは、ミソの家に行き謝ろうとしたとき宅配がきてチャンスを失う。

ミソの元に届いたキムチを見て、ミソの好物と交換したいといって焼いた“豚の皮”を渡す。

ヨンジュン自身で焼いてきたと聞いて嬉しがるミソ。

✿ココ見て✿✿ 厚かましい天才、グィナム

グィナムと同じマンションにジアが引っ越してきた。

後で取りに来ようと思って玄関に置いていた扇風機を、グィナムは捨てられている物だと勘違いし持って行ってしまう。

その扇風機を見つけたジアは怒りが収まらない。

出前をとって食事しようとしたところへ、グィナムガ自分が育てたプチトマトをお詫びだと持ってくる。

そんなグィナムに出前のご飯を半分分けてあげるジア。

だがグィナムは、次はエビチャーハンがいいなどと抜かし、ジアをあきれさせるのだった。

第18話② “ソンヒョンオッパ”

社内ではお互いの立場があるので、普段以上に厳しく接してほしいと頼むミソに対し、ダメだと言うヨンジュン。

そして、副会長ではなく「オッパ」と呼べとも。

ミソが「オッパ」と言う練習をしている時、姉たちが尋ねてきた。

挨拶しようとするヨンジュンを引き留め、タンスに隠れるように言うミソ。

姉たちは最近元気がないミソのために、ミソの好物の豚の皮を持ってやってきたのだ。

ヨンジュンが隠れているとも知らず、姉たちは公私ともにミソをこき使うヨンジュンの悪口三昧。

姉たちの言動に冷や汗をかく思いのミソ。

 

姉たちが帰った後タンスを開けると、ヨンジュンが今にも怒りそうな勢いで座っていた。

ヨンジュンは「いったい姉たちに、俺の何を話したんだ」とミソに詰め寄るが、せっかく仲直りしたんだと思い直す。

そして、「(ミソが)あまりにも可愛すぎて怒る気になれない」と言ってキスをする。

 

ソンヨンから気持ちをぶつけられたミソは、気持ちには応えることができないと断る。

ソンヨンは、気持ちを受け入れられないのはヨンジュンのせいかと尋ねた。

ソンヨンが「あいつのせいでずっと苦しんでいる」と話していると、そこへヨンジュンがやってきて、「またその話か」と言い、ミソを連れ出す。

ヨンジュンの行動を深いに思ったミソはヨンジュンに、「苦しんでいる兄に悪いという気持ちはある?」と聞く。

「記憶がないのに反省しているフリだけしろと?」と答え、事件の話はもうやめにしようとミソに話す。

 

花見にきたヨンジュンとミソ。

ヨンジュンは「寒い」というミソにバーガンディー色のカーディガンを掛けてあげる。

ミソは「昔かわいがってくれた母の友人のデザイナーが、バーガンディー色がよく似合うと言っていた」と話すヨンジュンを見て、ヘランの言葉を思い出す。

ヨンジュンが、何もかも自分が探している“オッパ”と当てはまると感じる。

デート中、車の中で仮眠するヨンジュンに「ソンヒョンオッパ?」と聞いたミソ。

寝ていたヨンジュンは「何?」と答え、しまった!という顔で起きた。

やっと、“オッパ”はヨンジュンだと気づいたミソ・・・。

✿ココ見て✿✿ 未知なる食べ物

店の店主からミソの好物だと預かった“さなぎ”に喜ぶミソにあきれ顔のヨンジュン。

お坊ちゃまのヨンジュンからすると、未知なる食べ物です。

いざ食べるとなると、勇気がいりますよね。

続きはコチラ👉「キム秘書はいったい、なぜ?」第19~22話 見どころ&感想


Prime Video

コメント

タイトルとURLをコピーしました