使い込むほど味がでる!革製品の魅力【世界でただひとつのものに】

ファッション

バックや財布、靴など広く利用され愛され続ける革製品。

使い込むほどに革自身の持ち味が発揮され、他にはない自分だけの唯一”デザイン”となっていくのがとても魅力です。

ひとことで「革」といっても実にさまざまな種類があり、また加工法や処理法でも革の質感や雰囲気がまったく違ってくるんですよ。

この記事では、奥深く大人の魅力があふれる革の種類と特徴をご紹介していきます

スポンサーリンク

使い込むほど味がでる!革製品に使用される種類と性質

長く使うほど、色の変化やツヤ感が味わえる革製品はとても魅力的。

革製品は皮革製品と言われることも多く、”革”は”皮”と混合されやすい言葉ですが、少しニュアンスが異なります。

「皮」とは動物の体から剥いだままの状態のことをいい、加工を施さないと腐敗し劣化してしまいます。

「革」は皮に「鞣し(なめし)」という加工を施したもので、加工することにより腐敗しにくく強くなるんです。

また革製品に使われる素材は、実にさまざまな種類があり、それぞれ素晴らしい性質を持っています。

革素材の代表格である牛革

牛革は革製品の中でもっとも流通量が多く、キズが少ないうえに強度があり、仕上がりが非常に美しい素材です。

性質などにより呼ばれ方に違いがあります。

ハラコ

  • 胎児もしくは生まれて間もない子牛の革
  • 短い毛が付いている
  • 独特の風合いを持つ
  • 市場にはあまり出回らず貴重な存在

カーフ

  • 生後6ヶ月以内の仔牛の革
  • キズが少ない
  • きめ細やかで滑らかな質感が特徴
  • 生後3ヶ月以内の仔牛は”ベビーカーフ”と呼ばれ、より質感が滑らか
  • 高級牛革製品の代表格

キップ

  • 生後6ヶ月頃から2年までの牛革
  • キズが少い
  • カーフほど滑らかではないが、厚くて強いので一般的に使用される
  • 手頃な価格

ステアハイド

  • 生後2年以上、生後3ヶ月から6ヶ月の間に去勢したオス牛
  • 厚さは比較的均一である
  • キズが少ない
  • 幅広い製品に使用される
  • 流通量がもっとも多い

カウハイト

  • 生後2年以上の出産を経験したメス牛
  • 厚みがあり丈夫
  • 比較的大きな表面の革がとれる

牛革以外の革の種類と特徴

豚革:ピグスキン

  • 日本で育種から製品化するまで、一貫して生産できる唯一の革
  • 革の表面の毛穴は層全体を貫通し通気性がある
  • 靴のインソールに使用されることが多い

馬革:コードバン

  • 農耕用の馬のお尻部分
  • 牛革の約3倍の強度を持っている
  • 柔軟性がありしっとりした質感が特徴
  • ツヤのある美しい光沢により「キングオブレザー」と称されることも
  • 1頭からの採取量が非常にわずかなため希少性が高い

鹿革:ディアスキン

  • 柔らかく耐久性に優れている
  • 通気性と吸湿性がある
  • 古くから鎧などの武具や日用品に使用されてきた
  • 植物油で鞣した(加工を施した)ものはセーム革と呼ばれ水洗いが出来るようになる
  • 表面が剥離しやすいという点がある

山羊革:ゴートスキン

  • 革の表面には“シボ”といわれる細かいシワがあるのが特徴
  • シボ模様により摩擦に強い
  • 柔らかく型崩れがしにくい性質
  • 仔山羊のことを「キッドスキン」と呼ぶ
  • キッドスキンは薄くて軽い

羊革:シープスキン

  • 柔らかい手触りで通気性が良いのが特徴
  • 繊細なためキズが付きやすい側面がある
  • 繊維が粗いので強度はあまりない
  • 生後1年以内の子羊は子羊と呼ばれる

神秘的で独特な模様のエキゾチックレザー

エキゾチックレザーとは、神秘的で独特の模様を持つ革のことです。

爬虫類皮革やオーストリッチなど、希少性が高く高級皮革製品としての位置づけにあります。

トカゲ革:リザード

  • 強度があり様々な用途で使用される
  • エキゾチックレザーの代表格

ワニ革:クロコ、アリゲーター

  • 革の表情が豊か
  • 背の部分より原の部分の革の方が高価
  • クロコダイルはツヤがありウロコの模様が整っている
  • ウロコが大きく立体的に盛り上がっているのが特徴

ダチョウ革:オーストリッチ

  • 羽を抜いた後の丸く突起した独特な模様が特徴
  • 柔軟性があり丈夫
  • 一般的に出回っているものアフリカ産がほとんど

ヘビ革:パイソン

  • 体全体が美しい模様のニシキヘビが主に使われている。
  • その中でも、ダイヤモンドの形をしたダイヤモンドパイソンは人気が高い

 

そのほかにも、サーモンレザー(鮭)・シャークレザー(サメ)・スティングレイ(エイ)などの魚類の革も、エキゾチックレザーとして数多く出回っています。

 

皮から革へかわるまで「鞣し(なめし)加工」

鞣しとは皮が腐食しないように動物性脂肪を除去し、植物タンニンや化学薬品などを使い加工する工程のことをいいます。

鞣し加工は大きく2種類に分類されます。

タンニン鞣し

植物由来のタンニンを鞣し剤として使う、昔ながらの方法です。

手間暇がかかるためコストが高くなります。

乾かして無理重ねる工程を何度も繰り返すため、一ヶ月半以上の時間を要します。

染色がしやすいという利点も。

皮の繊維を硬くするので、丈夫で変形しにくい性質になります。

クロム鞣し

クロム化合物という化学薬品を用いて行います。

約100年前に開発された画期的な方法です。

2週間ほどでできるため、コストはあまりかからないため、クロム鞣しで加工される割合はかなり多いです。

熱や火に強く、柔軟性に富み、伸縮性に優れるようになります。

経年変化はなく、あまり手入れをしなくて良いのが特徴です。

 

使うほどに革が変化し唯一のものに≫≫あなたにそっと寄り添う革製品を。sot(ソット)

8つに分かれる革のタイプ

ヌメ革

タンニンで鞣した革のことを「ヌメ革」と呼んでいい、使うほどに風合いが変化していき楽しめるのが魅力です。

オイルレザー

鞣しの段階、またはその後に油を含めることによって、よりしなやかで丈夫な仕上げたものを「オイルレザー」と呼んでいます。

スエード

クロムで鞣した革の内側を、サンドペーパーなどで磨き起毛させたものです。

上品で温かみがある質感が特徴です。

ヌバック

ヌバックは革の外側(表面)をきめ細かいサンドペーパーで剃ったものです。

肌触りが柔らかくしっとりしています。

シュリンクレザー

鞣し終わった革に特殊な薬を塗って、革の表面を収縮させたものです。

革本来のシボ(しわ)をより際立たせ、キズがつきにくく独特の風合いが生まれます。

エンボス

革を鞣した後に表面に、クロコダイルや独自のマークなどをプレスしたものです。

立体感のあり、キズが目立ちにくいという利点があります。

エナメルレザー

クロム鞣しを施した革の表面に、エナメルと呼ばれる樹脂をコーティングしたものです。

光沢感が強く水をはじくのが特徴です。

別名「パテントレザー」とも呼ばれます。

ガラスレザー

鞣し後の革を乾燥する時に、ガラス加工を施した鉄板に張り付け、革の表面を少し削り合成樹脂などで塗装したものをいいます。

エナメルレザーと混合されやすいですが、エナメルレザーは表面を削りません。

 

良いものを長く使いたい!≫≫あなたにそっと寄り添う革製品を。sot(ソット)

経年変化を存分に楽しもう:まとめ

革製品を持つ魅力はやはり、経年変化を楽しめるところです。

長く使えば使うほど風合いを味わえ、世界でたった一つのものとなってきます。

いろいろな動物の革の特徴や、革の良さを最大限に活かす加工法などで、実にさまざまな表情をも見せてくれます。

革製品の性質や特徴を知ると、もっと革が好きになり愛着が湧いてくると思いますよ。

革製品はお手入れすることで経年変化をより楽しめ、長く持つことができます!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました