水引の意味と種類をわかりやすく解説【結び方や色で用途が変わる】

教養とマナー

お祝いごとの贈りものに限らず、お悔やみなどの供え物にも用いられる水引。

赤白のものや黒白のものなど、水引は色や本数で異なる意味を持っています。

しかし、どう選べばいいのか分からない、という方も多いのではないでしょうか。

この記事では、水引が持つ意味と結び方の種類、色や本数で用途が変わる水引の意味についてご紹介していきます

スポンサーリンク

水引の意味と種類をわかりやすく解説します!

結婚式などの祝いごとの祝儀や、法事など不祝儀の贈答品などに、3本から5本の様々な色のひもが掛けられているのが水引です。

水引が持つ意味

水引とは、贈り物や封筒に掛けられている「飾りひも」のことをいいます。

水引は結び方や色、熨斗が付いているかいないかで、目的がガラッと異なります。

祝儀の際には赤白の水引、弔事の際は黒白の水引など使い分けが必要です。

水引は「これは未開封ですよ」という封印的な意味と、水引のひもは引けば引くほど強く結ばれていくため、人との絆を固く結び深めるという意味を持っています。

ほかにも、邪気を払うなどの魔除けの意味も。

結び方で用途が変わる

あわじ結びや結び切りは固く結ばれ解くことが難しいため、「一度きりで繰り返さない」という意味があり、婚礼や結納、お見舞いや弔事に用いります。

出産や入学などは、「何度繰り返してもおめでたい」という意味で蝶結びを使用します。

あわじ結び

  • 昔から引き継がれている水引の結び方の基本
  • 一般的によく使われる形
  • 慶弔や神事などにも利用される
  • アワビの形に似ていることから「鮑結び」ともいわれる
  • 贈答目的により水引の色を使い分ける

結び切り【本結び、真結び】

  • 結婚式や快気祝い、お悔やみに用いられる
  • 鮑結びより軽い気持ちで贈る時など
  • 身内に贈る場合に用いたりする
  • 中央で固く結ばれていて、ほどくのが難しい

蝶結び【花結び、リボン結び】

  • 結婚式以外のお祝い事に使われる
  • 出産や褒賞など繰り返したいお祝い
  • 結び直すことを前提としており、何度でも繰り返したい祝いごと

輪結び【引き結び】

  • 婚礼に用いられることがほとんど
  • 縁起を切らないとの意味合いで、余った水引のひもを切らず輪にして結ぶ
  • すべて滞りなく丸く納まるようにとの意味



用途で変わる水引の色と本数

水引の色

水引は色によっても意味が変わります。

赤白

  • 一般的に「紅白」と呼ばれる水引は「赤白」のこと
  • 紅白は皇室のお祝いのみで用いられ、一般では目にすることはない
  • 出産や入学祝いなど婚礼以外のお祝い事全般
  • 赤色は「魔除け」、白色は「汚れがない」という意味

金銀

  • 婚礼や結納に用いられる
  • 長寿祝いや褒賞受賞祝いなど、一生に一度のようなお祝いに
  • 地域により、赤白と同様に使われることもある

金赤

  • 神礼や門松飾りなど、特殊な場合

黒白・黒銀・黄白

  • 仏事用の香典やお供えなど
  • 黒色は喪の意味がある
  • 黄白は主に関西や北陸地方など、黒色の水引を避ける地域での法要などで使われる
  • お坊さんへのお布施を包むとき

双銀

  • 女性が香典を出すとき
  • キリスト教形式の場合に用いられる
  • 香典を多く包んだとき

双白

  • 主に神事用の香典に用いる

水引の本数

水引は、本数の違いでも目的が変わってきます。

古代中国の「陰陽五行」では、偶数は陰であり奇数が陽であることから、慶事には奇数の3・5・7本、弔事には偶数の2・4・6本が使用されていました。

その名残は現在も続いています。

【慶事 お祝い】

5本:一般的にお見舞いや快気祝いなどに利用される

7本:5本をより丁寧にしたもので念入りにお祝いしたいときなど

3本:5本を簡略化したもので、粗品などに用いられる

※10本は「新郎新婦と両家がお互いに手を結びあっている」という意味で婚礼に使われます。

【弔事 お悔やみ】

4本:弔事の基本の本数

2本:4本を簡略化したもの

6本:4本より丁寧なことを表したいときに用いる

 

 

水引の正しい使い方を理解:まとめ

掛け紙に結んである水引の種類は、普段あまり知る機会があまりないですよね。

水引の結び方や色などで、贈る時の意味合いがまったく異なるため、いざというときのために贈答品のマナーや知識をしっかり身につけとくと安心です。

水引は用途に合った使い分けがとても重要です

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました