中秋の名月にはどんな意味があるの?お月見でお供えするのはなぜ?

お役立ちコンテンツ

日本人の誰もが慣れ親しんでいる童謡の「十五夜お月さま」

この「十五夜」とは「中秋の名月」のことを指しています。

幼い頃、月にうさぎが餅つきをしている姿を重ねながら、きれいな月を眺めたり、お供えしたお団子を食べたりした方も多いと思います。

ですが、なぜ十五夜、または中秋の名月にお月見をしたり、団子やすすきをお供えしたりするのでしょうか。

この記事では、中秋の名月の意味と、お月見やお供えをする理由についてご紹介していきます

スポンサーリンク

中秋の名月にはどんな意味があるの?

「中秋の名月」とは、旧暦(月の満ち欠けを基準にした太陰暦)の8月15日の夜に見える月のことです。

現在の日本では新暦(太陽の動きを基準とする太陽暦)なので、約1ヶ月強の日にちのズレが生じるため、9月上旬~10月上旬頃が「中秋の名月」となります。

中秋の名月は、1年の中で月が最も美しく見えるとき。

別名「十五夜」とも呼ばれ、童謡でおなじみの「十五夜お月さん」はあまりにも有名なので日本人に馴染み深い言葉です。

中秋の名月は農業との関係も深く、里芋の収穫時期と重なることから、「芋名月(いもめいげつ)」と呼ばれることもあります。

 

中秋の名月の由来は、古来中国の唐の時代から続く「中秋節」という月を祭る日からきており、平安時代に日本に伝えられたといわれています。

当時は上流貴族のみで「お月見」が開催され、美しい月を眺めながらお酒やご馳走を食べる宴だったようです。

お月見でお供えするのはなぜ?

江戸時代になると貴族の中で流行っていた「お月見」の習慣が広まります。

中秋の名月の日付のあたりは稲刈りや芋の収穫の時期であることから、庶民の間では、稲の豊作を祈願し、芋の収穫を祝う祭りとされました。

また、この頃から収穫したお米で作る「月見団子」が誕生します。

日々の暮らしやご先祖様に感謝しながら、農作物の豊作を願う目的で、中秋の名月の日にはお月見団子などをお供えするようになりました。

お供え物にはそれぞれ大切な意味が含まれています。

月見団子

  • 収穫の時期をむかえるお米の団子を用いたのがはじまり
  • 月の形に見立て丸い形
  • 月にお供えした団子を食べると神様の力で幸せになれる

ススキ

  • 稲穂の代わり
  • ススキには魔除けの力がある
  • 作物を悪霊や災いから守る

里芋

  • 中秋の名月の時期はサツマイモや里芋の収穫時期
  • 旬の作物を神様にお供えしたい
  • 芋づるのように子々孫々幸せであるようにとの願い

 

1年の中で最も月がきれいに見える中秋の名月:まとめ

中秋の名月は、1年の中で最も月がきれいに見える時です。

日々の暮らしや食べ物に感謝し、お祈りする日でもあります。

お月見をする意味がわかると、中秋の名月には夜空を見上げたくなりますね。

ぜひ、月見団子を食べながら神秘的で美しい月を眺めてみましょう

コメント

タイトルとURLをコピーしました