七草がゆはなぜ食べるようになったの?7つの食材に込められた意味は?

お役立ちコンテンツ

日本では、お正月が明けた1月7日に「七草粥(ななくさがゆ)」を食べる慣習があります。

前日の1月6日には百貨店やスーパーなどの野菜コーナーに、「春の七草」と呼ばれるものがセットで売られているのをよく見かけますよね。

ですが、そもそもなぜ、1月7日に七草がゆを食べるようになったのでしょうか。

この記事では、七草粥を食べるようになった由来と、春の七草に用いられる食材に込められた意味についてご紹介していきます

スポンサーリンク

七草がゆはなぜ食べるようになったの?

七草粥は1月7日の朝、「春の七草」と呼ばれるセリ・ナズナ・ゴギョウ・ハコベラ・ホトケノザ・スズナ・スズシロといった七種類の青菜をお粥にして食べる習慣のことです。

1月7日は「松の内」という、お正月の松飾りを立てておく期間の最後の日となります。

おせち料理やお正月のご馳走を食べて、疲れた胃腸を休ませてあげるために食べるようになったといわれています。

1月7日の由来は中国の「人日(じんじつ)」

今から2200年以上前の中国の前漢時代、「元日を鶏の日、2日を犬、3日を猪(豚)、4日を羊、5日を牛、6日を馬の日」として、それぞれの日にはその動物を殺生しないように法で定めていました。

1月7日は「人の日=人日」と定められており、この日は罪を犯した人への刑罰を行わないようにしていたそうです。

やがて唐の時代になり、「人日(じんじつ)」と定められた1月7日を五節句のひとつとし、7種類の若菜を入れた汁物を食べ、無病息災を願うようになったそうです。

また官吏(国家に勤務する者)の昇進も1月7日に決められたため、その日の朝、出世している事を願い七種類の若菜の汁物を願掛けに食べたことが始まりだとされています。

※五節句

中国の唐の時代の暦法で定められた季節の変わり目のこと

お粥と若菜を摘む習慣が結びついた「七草がゆ」

中国での1月7日に七種類の若菜を食べる習慣は、奈良時代に日本へ伝わります。

時代の流れとともに、古来日本からの風習である「若菜摘み」と、7種類の穀物でお粥を作って食べる習慣とが結びついて「七草がゆ」に変化していきました。

その後、江戸時代から七草粥の習慣が全国に広まっていきます。

※若菜摘み

雪の間から目を出した若菜を摘んで食べる風習

スポンサーリンク

七つの食材に込められている意味

1月7日には「春の七草」という青菜をお粥にして食べますが、それぞれに意味を持ち、体に良い影響を与える効能があります。

1.芹(セリ)

水辺に生える山菜で、競り合うように生えていることから「セリ」と呼ばれるようになりました。

セリは鉄分を多く含み、貧血予防の効果が期待できます。

「競争に打ち勝つ」という意味があります。

2.薺(ナズナ)

ナズナは別名「ペンペン草」と呼ばれ、江戸時代によく食された食材です。

解毒作用やむくみ予防に効きます。

「撫でて汚れを取り除く」という意味を持っています。

2.御形(ゴギョウ)

別名「母子草(ハハコグサ)」

ゴギョウには痰や咳、喉の痛みを和らげる効果があります。

御形とは「仏像のこと」を指しています。

3.繁縷(ハコベラ)

ハコベラは古くから腹痛に効く薬草として親しまれてきた食材です。

タンパク質が比較的多く、ビタミンAが豊富なため目に良いとされています。

茎にたくさんの葉が付くことから「繁栄」を意味します。

4.仏の座(ホトケノザ)

ホトケノザは「タピラコ」という別の呼び名があります。

タンポポに似た植物で、食物繊維が豊富で便秘解消に役立つ食材です。

「仏様の安座(あぐら)」のことを指しています。

5.菘(スズナ)

スズナは蕪(かぶ)のことで、「鈴菜」とも表されます。

胃腸を整えて、消化促進してくれる効果があります。

「神を呼ぶための鈴」という意味を持っています。

6.蘿蔔(スズシロ)

スズシロは大根のことです。

消化を助け、風邪予防に効果的な食材です。

真っ白な姿から、「汚れなどの混ざり物もないほど白い」という意味があります。

 

家族の健康を願う「七草がゆ」:まとめ

七草がゆは家族が元気に1年を過ごすことができるように願いながら、七種類の青菜をお粥にして食べる習慣のことです。

お正月のご馳走を食べ過ぎた胃腸を優しくいたわるため、栄養豊富で様々な効能がある青菜をお粥にして食べるという、昔の人の知恵といえる料理ですね。

七草がゆを食べる習慣は日本最古の和歌集「万葉集」でも詠まれています

コメント

タイトルとURLをコピーしました