無水鍋のメリットとデメリット!食材本来の旨みを味わえて節約にも!

お役立ちコンテンツ

野菜や魚などの素材のおいしさを存分に堪能できると人気の「無水鍋」

水をあまり使わないで食材の水分で調理できるので、旨みがギュッと凝縮されてヘルシーなのも大きな魅力です。

ですが馴染みがあまり無いため使いづらいのでは?というイメージを持ち、購入をためらっている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこでこの記事では、料理の腕もアップすること間違いなしの、無水鍋のメリットとデメリットについてご紹介していきます

スポンサーリンク

無水鍋のメリット!食材本来の旨みを味わえて節約にも

無水鍋は鋳物やステンレス、アルミなどの種類がありますが材料の違いでの性能に違いはあまりなく、密封性・蓄熱性・保温性に優れています。

無水鍋ひとつで煮る・蒸す・茹でる・炒めるなどの幅広い調理ができるんですよ。

オーブン料理も可能で、ご飯の炊飯器で炊くよりグッとおいしく炊けます。

食材本来の旨みと栄養を味わえる

無水鍋の一番の特徴は、水を加えずに野菜や魚、肉などの食材が持つ水分と脂でちょうりができるということ。

一般的な鍋で煮込み料理などを作ると、ある程度水を加えないと調理できないため、食材の味や旨みが薄まります。

また、ビタミンなどのミネラル分はお湯に溶けやすいので流れてしまい、料理を口に運ぶときには栄養も少なくなっているんです。

無水鍋は食材本来の味や旨み、栄養を逃がさないで調理できるため、野菜や魚などの食材の栄養と旨みを存分に堪能できますよ。

調理時間を短縮し光熱費を節約

無水鍋は熱伝導率が高く早く熱が伝わるので、加熱時間を短縮できます。

無水鍋を加熱すると、水蒸気が鍋とフタの間にウォーターシールと呼ばれる水の膜を作り、鍋を密閉するため、火を消しても一般的な鍋より余熱が続きます。

そのため、火を通す時間が短くすみ、余熱を使用して食材を柔らかくすることができるので、光熱費の節約にもなりますよ。

長持ちするのでコスパがいい

無水鍋は多重構造のためとても丈夫な作りとなっています。

鍋底に穴が空いたり変形したりすることがないので、あまり買い替える必要がありません。

長く安心して使うことができますよ。

初期コストはかかりますが、何年何十年と使えることを考えると、コスパに優れているといえますね。

 

\高温でも耐えられる真鍮・鉄ニッケルメッキのつまみで持ちやすいデザイン/
油分の馴染みやすい黒マットエマイユ加工で焦げ付きも防止をします

無水鍋のデメリットと対処法

鋳物素材だと多少重さがある

ほとんどの無水鍋は鋳物でできており、多少重さがあります。

カレーやシチューなどお煮込み料理などは食材を結構入れるので、かなり重たくなる可能性も。

腕の力に自信がない方は、アルミ製の無水鍋を選ぶといいですよ。

取っ手が熱くなる

無水鍋は取っ手が一体化しているため、調理していると取っ手が熱くなります。

ヤケドを防ぐためにも、必ず鍋つかみを使用するようにしましょう。

鍋底が焦げ付きやすい

無水鍋は水をあまり使用しないので、火が強すぎたりすると鍋の底が焦げつく場合が。

食材を入れる前に十分に予熱をすることと、火加減を調整することで焦げつくのを防ぐことができます。

もし焦げついても、スチールウールたわしで軽く擦るだけで落とせますよ。

 

\本体・蓋とも厚手のアルミニウム合金鋳物製なので、熱効率の良さは抜群/

均一に火が通り、余熱調理もできる省エネなお鍋

無水鍋で食材の旨みと栄養をあますことなく:まとめ

野菜や魚、肉などの食材の旨みと脂で調理できる無水鍋。

食材本来の味と旨みが味わえて、栄養もあますことなく取れるため体にやさしい料理を作ることができます。

余熱を利用して調理できるので、光熱費の節約にも一役買うこと間違いなし。

無水鍋に慣れていないうちは、調味料をたくさん入れすぎてしまったりして味が濃くなる場合も。

初心者の時はレシピブックやネットで検索して味付けするといいですね。

慣れてくる頃には、あなたも料理上手になっていますよ!

メーカーの製品で注意点が異なるので、ガイドブックをよく読んで使いましょ*

 

\かきまぜや、火加減もすべて自動でコントロール/
ほったらかしでも手間をかけたような味に

コメント

タイトルとURLをコピーしました