ぬか漬けに秘められた栄養と効能!【米ぬかと野菜の旨み】

暮らしのこと

昔から大事な栄養源として食されている日本の伝統食「ぬか漬け」

近年、その美容や健康効果が高い食品として見直され、改めて注目が集まっています。

しかし、「どんな栄養と効果があるのかよく知らない」という人も多いのではないでしょうか。

この記事では、美しさと健康へ良い影響を与えてくれる、ぬか漬けに秘められた素晴らしい栄養と効能についてご紹介していきます。

スポンサーリンク

ぬか漬けに秘められた栄養と効能!【米ぬかと野菜の旨み】

ぬか漬けは米ぬかの中にキュウリや茄子などの野菜を漬け込んで、乳酸菌で発酵させたもののことです。

野菜そのものの栄養価も高まり旨みが増すことから、ご飯のお供として昔から親しまれています。

ぬか漬けには美容や健康に欠かせない成分がたっぷり含まれているんです。

酵素で若々しさを保つ

ぬか漬けには多くの酵素が含まれており、活性酸素を予防し、老化防止にも働きかけるのでアンチエイジングに効果的です。

酵素を取り込むことで、新陳代謝や排泄を促進し、効率良く老廃物を排除してくれます。

またぬか漬けには、ポリフェノールの一種である「フェルラ酸」という強い抗酸化作用のある成分が含まれており、シミやソバカスなどの原因でもあるメラニン色素の生成を抑制してくれます。

ビタミンでダイエットサポート

ぬか漬けには、ビタミンB1、B2、ナイアシンなどのビタミン類と、マグネシウムやリンなどのミネラルが豊富に含まれています。

ビタミンB1は炭水化物などの糖質を代謝するのに役立ち、ビタミンB2は脂肪燃焼率を増加させてくれる働きがあるんです。

またナイアシンは脂質の代謝を促す機能を持っています。

そのため、ぬか漬けはダイエットサポートにとても効果的な食品なんですよ。

植物性乳酸菌で腸内環境を整える

ぬか漬けには善玉菌の数を増やし、腸内環境を整えてくれる植物性乳酸菌が多く含まれています。

腸内環境が整うと排便がスムーズになり、大腸ガンなどを防いでくれる効果が期待できます。

また漬けられている野菜も食物繊維がたっぷりなので、あらゆる食品の中でも断トツに食物繊維が豊富な食品といえるでしょう。

酵素と食物繊維の相乗効果で生活習慣病を予防

ぬか漬けの酵素には心筋梗塞や動脈硬化といった、生活習慣病を予防する効果が期待できます。

酵素はコレステロールの吸収を抑制したり、血管が詰まるのを防いでくれたりします。

また食物繊維はインスリンの分泌を促すので、糖尿病の予防にも役立ちます。

スポンサーリンク

ぬか漬けを摂取する際に気をつけたいこと

漬けすぎによる塩分過多に注意

ぬか漬けは、漬けすぎないように注意しましょう。

漬けすぎると、塩辛くなり塩分を取り過ぎてしまう場合があります。

植物性乳酸菌を効率良く摂取するには

ぬか漬けに含まれている植物性乳酸菌は胃酸に弱いため、食後に摂るのが良いとされています。

また活発に体を動かす朝や日中よりも、一日の終わりである夜に摂ることで、腸内への吸収を高めることができます。

ぬかは洗い流しても栄養は流されないので安心

ぬかを洗い流すと栄養も流れていってしますのでは?と思ってらっしゃる方も多いと思います。

ですが、ぬかの栄養素はしっかり野菜に染みこみ吸収されますので、舌触りが悪いぬかは洗い流しても大丈夫なんですよ。

ぬか漬けを食べてイキイキと若々しく!:まとめ

シミやそばかすを予防し、美肌を作る成分がたっぷりのぬか漬けは、アンチエイジングにも最適な食品です。

便通を促進してくれたり、生活習慣病を予防してくれたり、さまざまな効果が期待できます。

日本の伝統的な食品でもある栄養豊富なぬか漬けを、ぜひ毎日の食事に取り入れてみてはいかがですか?

ぬか漬けだけで体に必要な栄養素をたくさん摂ることができますよ。

でも食べ過ぎは塩分の摂りすぎになるので注意!

 

誰でもカンタンに漬かるぬか床!誰でもカンタンに一回目から美味しく漬けることができる

コメント

タイトルとURLをコピーしました