オンラインストレージサービスとは?利便性を簡単に

beginner

パソコンなどに取り込まれている HDD (ハードディスクドライブ)や SSD( ソリッドステートドライブ)と同様に、データを保存および取得できる機能のことを「オンラインストレージ」と呼びます。

よく使う言葉ですが、どのような仕組みになっているのかよく分からない、という方も多いのではないでしょうか。

この記事では、オンラインストレージの便利な機能と、利用する上での注意点をわかりやすく解説します

スポンサーリンク

オンラインストレージサービスとは?利便性を簡単に

オンライン ストレージとは、ユーザー(利用者)にファイルを格納するためのストレージ (大容量の外部記憶装置) を提供するネットワーク サービスのことをいいます。

「クラウドストレージ」や「ファイル転送サービス」とも呼ばれ、作成したファイルを一定の容量まで無料で保存し、必要なときに表示して閲覧することができる機能です。

オンラインストレージサービスを利用するには、ID やパスワードなどのアカウントを登録する必要があり、使用する容量によって月額料金を支払うシステムとなっています。

通常、各ユーザーにはパスワードが与えられ、他のユーザーのファイルにアクセスすることはできません。

ただし、必要に応じて他のユーザーに公開する機能を持つサービスもあります。

バックアップでいつでも復元

HDDやSSDが備わってなくても、インターネット環境があればデータをバックアップすることができます。

オンラインストレージのサーバーに、コピーしたデータを保存しておくと、データを紛失・破損した場合、いつでも復旧することが可能です。

同期機能

同期機能を備えたオンライン ストレージ サービスを利用すると、パソコンとオンライン ストレージ のデータを同期(同じデータにする)できます。

他のユーザーとデータを共有する

保存したデータはいつでも他のユーザーと共有できます。

ビジネスでのデータのやりとりに加えて、友達同士でプライベート写真を共有することもできたりします。

複数のユーザーや組織単位で共有することを目的としたサービスや、インターネットを介して他のユーザーにファイルを送信することを目的とするサービスもあります。

オンラインストレージの管理

オンラインストレージの管理は提供しているサービス会社が行うため、ユーザーはスームーズにサービスを利用できます。

また自動更新されるので、常に最新の状態が保たれています。

 

オンラインストレージを提供しているサービス

  • Dropbox  ・・・世界初のスマートワークスペース
  • Box・・・企業向けに特化
  • OneDrive・・・マイクロソフト
  • Googleドライブ・・・グーグル
  • iCloud  ・・・アップル
  • Amazon Drive・・・アマゾンドットコム
スポンサーリンク

オンラインストレージを利用する上での注意点

インターネット環境が必須

インターネットに接続していない場合は、オンライン ストレージ サービスにアクセスできないので、データを取り出したり保存したりすることはできません。

セキュリティ面

理解が不十分での人的ミスにより、機密性の高いデータが不特定多数のユーザーに閲覧される可能性があります。

顧客情報や機密情報など大事なデータを保管する場合は、十分理解した上で厳重な注意を払いながら利用することが求められます。

 

データを保管し共有できるシステム:まとめ

オンラインストレージとは、データを保存し共有できるシステムです。

データのバックアップや同期機能が備わっており、管理も楽、という利便性があります。

常にオンラインストレージサービスにアクセスできるようにするには、インターネット環境を整えることが必要です。

アカウントIDとパスワードは忘れないようにね!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました