おせち料理はなぜ食べるなったの?それぞれの食材が持つ意味とは?

暮らしのこと

お正月のご馳走というと、ほとんどの人が「おせち料理」を思い浮かべるのではないでしょうか。

家族や親戚と一緒に楽しむ、お正月の風物詩ともなっていますよね。

おせち料理はもともと、作物の豊作などに感謝して神様にお供えをしたのが始まりです。

いつの間にか日本の文化に溶け込んでいる「おせち料理」

ですが、なぜお正月におせち料理を食べるようになったのか知っていますか?

この記事では、おせち料理が始まった由来と食材が持つ意味についてご紹介していきます

スポンサーリンク

おせち料理はなぜ食べるなったの?

おせち料理は、弥生時代に「五節供ごせっく」という季節ごとの食物を神様に供えて、季節の変わり目を祝う中国の行事が伝わってきたのが始まりです。

五節供

  • 1月7日・・・人日(人日) 七草粥を食べる風習
  • 3月3日・・・上巳(じょうし) 女の子の祝い日
  • 5月5日・・・端午(たんご) 男の子の祝い日
  • 7月7日・・・七夕(たなばた) 裁縫の上達を祈る日
  • 9月9日・・・重陽(ちょうよう) 菊の宴

元祖は「御節供(おせちく)」

奈良時代になると宮中では正月や五節句の日に、神様へ作物の収穫を無事に終えたことを感謝する「節会(せちえ)」という宴を開く行事が行われるようになりました。

節会で振る舞われていた料理は「御節供(おせちく)」と呼ばれ、現在のおせち料理の元祖にあたります。

当時の御節供(おせち料理の元祖)は現在ほど華やかなご馳走ではなく、高盛りになったご飯などでした。

御節供は奈良時代から平安時代にかけて宮中の大切な行事として定着し、料理も豪華になっていったということです。

正月料理になった由来

江戸時代後期になると、宮中での行事が一般の民衆にも広がり、徐々に暮らしの中に取り入られていきました。

しかし、宮中の様に節会のたびに料理を用意することが簡単ではありませんでした。

ですので、最も重要な日とされていた新しい年の始まり、「正月」に料理を用意するようになったのです。

正月に料理を用意することから「正月料理」とも呼ばれていたそうです。

武家作法が由来となり、お膳料理だったものが現在の様に重箱に詰められ、来客に振る舞われるようになりました。

重箱に料理を詰めることは、「めでたさを重ねる」と考えられ、縁起が良い物として今日まで受け継がれています。

また、おせち料理は第二次世界対戦後の復興期、デパートや小売店などで見栄えのいい豪華な重箱入りにおせちを発売し始めたことで、一気に全国へと広がりました。

美味しいおせち料理で新年を迎える喜び
2021年らでぃっしゅぼーやのおせち予約はこちら

おせち料理の食材に込められた意味

おせち料理は見た目の豪華さもさながら、栄養バランスも整っており、保存性にも優れた料理が特徴です。

昔の人の知恵から生まれ伝えられてきた、「食材を活かした最高傑作の料理」ともいえます。

また、おせち料理に使われる食材には、さまざまな意味が込められており、その意味をかみしめながら食すのも感慨深いものですよ。

 

料理名 材料 いわれ
田作り ゴマメ カタクチイワシの子どもをほしたものです。昔はイネを植える時に田んぼにコイワシを細かくきざみ、灰(はい)にまぜて肥料(ひりょう)にしました。今年もいいおコメがとれますように、という願いをこめて田作りという名前でよばれるようになりました。
数の子 カズノコ ニシンの卵でニシンのことを「カド」というので、カドの子がなまって数の子になったといわれています。数の子にはとてもたくさんの卵があるので、数多い子、つまりわが家がこれからも子どもがたくさん生まれて代々栄えますように、という意味があります。
きんとん サツマイモ きんとんは「金団」と書き、金の集まったもの、財宝(ざいほう)という意味です。今年もゆたかな生活が送れますようにとの願いがこもっています。
黒豆 クロマメ 豆はまめまめしいという意味。家族みんなが今年も1年まめで元気にすごせますように、働けますようにという願いがこもっています。
だてまき タマゴ はんぺん だてまきはもともと長崎県でカステラかまぼこと言っていました。江戸(えど)に伝わり、江戸っ子の気だてを表す伊達(だて)の意味と、巻物(まきもの)の巻きがあわさってだてまきと言います。昔は本のような読み物は巻き物になっていましたから、文化の発展(はってん)を表しているといわれています。
野菜の煮物(にもの) 大切りにした野菜などを鍋に入れていっしょに煮しめていくお煮しめは、家族がなかよくいっしょに結ばれるという意味があります。
ゴボウ 根野菜なので一家の土台がしっかりするようにとの願いがこめられています。
レンコン 昔から仏教(ぶっきょう)では仏(ほとけ)様のいる極楽(ごくらく)の池にあるといわれ、清らかでけがれのない植物とされています。根にあながあいているので、見通しがよいという意味もあります。
サトイモ 親イモになると根もとから子イモが出て育つので、子どもがたくさん生まれるように願うお祝い(いわい)ごとに使われます。
きんかんの甘煮(あまに) キンカン キンカンは「金冠」と書き、金のかんむり、宝物(たからもの)を意味します。きんとんと同じように生活のゆたかさを願っています。
えび エビ ゆでたり、焼いたりすると、エビの背(せ)が丸くなるところから、腰(こし)が曲がるまで健康で長生きできますように、という願いがこもっています。
こぶ巻(まき) コンブ こぶ巻きの「こぶ」が「よろこぶ」と同じ音の言葉なので、おめでたいとされています。
なます ダイコン 色の白いダイコンは、清らかな生活を願って食べます。また、大地に根をはるので、家の土台がしっかりして、栄えるともいわれています。
菊花(きっか)かぶ カブ 菊(きく)は日本の国の花で、昔からお祝い(いわい)のときに使われてきたので、お正月のようなおめでたいときにも登場します。

 

引用:農林水産省「おせち料理ってどんな料理?

おせちは食べ物を大切にする日本の文化の現われ:まとめ

日本の伝統的料理であるおせち料理は、作物の収穫に感謝して、神様にお供え物をする習慣から始まりました。

おせち料理は新しい年に五穀豊穣を願い、年神様をお迎えし、幸福を授けてもらうという意味も持っています。

山の幸と海の幸がふんだんに盛り込まれたおせち料理の歴史と意味を知ると、年に一度のお正月がより楽しく、待ち遠しい日となりますね。

おせち料理は食べ物を大切にする日本の文化の現われですね

老舗名店が監修したおせちや、ホテル監修の和洋中料理が入ったおせちをお探しの方に


新春!特選おせち【みんなのお祝いグルメ】

コメント

タイトルとURLをコピーしました