ビジネスの場で「いつもお世話になっております」と言うのはなぜ?

教養とマナー

日頃よく耳にする「お世話になっております」は、ビジネスの場でよく使われる挨拶の言葉です。

取引先などの方と直接お会いした時や、電話やメールで連絡を取る場合など、さまざまな場面で使われています。

しかし全く面識がなく、お世話になったことがない初めて会う人になぜ、「お世話になっております」と言わないといけなの?と思っている方も多いのではないでしょうか。

実はこの「お世話になっております」の言葉は、自分自身は直接お会いしたことがなくても、会社で取引があるのであれば「お世話になっている」ことと同じ。

会社の代表として取引先やお客様に対して敬意を示す言葉なんですよ。

この記事では、お世話になっておりますの言葉が持つ意味について解説していきます

 

スポンサーリンク

「いつもお世話になっております」の言葉の意味とは?

ビジネス上で、何気なく使っている「お世話になっております」という挨拶言葉。

お世話という言葉には、身辺の面倒を見るや援助するなどの意味があります。

よってお世話になっておりますは、「面倒見ていただきありがとうございます」、「援助くださりありがとうございます」といった意味を持っています。

お世話になっていることを伝えるだけの言葉ではなく、会社を代表して取引先やお客様に感謝の気持ちを表す言葉なんですよ。

一般的に社内の人には使わない

お世話になっておりますは、基本的には取引先やお客様など社外の人に対して使う言葉です。

謙譲語にあたるため、一緒に仕事をしている上司や同僚に使うのは丁寧すぎて逆におかしな日本語になってしまうためです。

同じ会社の人には、おはようございますお疲れ様ですなどの挨拶が適切。

ですが、組織により社内でも、お世話になっておりますと使っているところもあるので、会社概要を見直すか、上司や先輩などに確認してみてもいいかもしれません。

返事はどう返したらいい?

お世話になっておりますと言われたら、シンプルにこちらこそお世話になっておりますと返すのがベストです。

メールや文書など、もっとへりくだった言い方をしたい時や心を込めたい場合は、平素より大変お世話になっております、と返すとより丁寧さが増しますよ。

スポンサーリンク

類似言葉の「お世話になります」とは?

お世話になっておりますと類似した言葉で、「お世話になります」という言葉があります。

お世話になりますは、これからお世話になるかもしれない、今までまったく面識のない相手に対して使われる挨拶言葉です。

会社同士での取引はまだないが、今後取引するかもしれない相手と初対面の際に使います。

また就職や転職活動時にも、最初はお世話になりますと挨拶します。

二回目以降は面識ができているので、お世話になっておりますと言うのが望ましいでしょう。

スポンサーリンク

感謝の気持ちを表す言葉:まとめ

お世話になっておりますは、日頃から取引のある会社やお客様に対して感謝を伝える言葉です。

会社の顔として、取引相手に礼儀を示す最初の挨拶でもあります。

お世話になっております!と日頃の感謝の気持ちを込めて、気持ちいい挨拶を心掛けていきたいですね。

お世話になっておりますと挨拶することは、取引相手とコミュニケーションを取るための欠かせない言葉

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました