ピーナッツから得られる4つの効果!【記憶力アップや二日酔いに】

暮らしのこと

お酒のおつまみや料理などにも用いられ、いつも私たちの生活の身近にあるピーナッツ。

日本では殻付きのものを「落花生」、殻がない実だけのものを「ピーナッツ」と呼んでいます。

カリッとした食感で少し香ばしい味のピーナッツは食べやすく、つい食べ過ぎてしまいますよね。

ピーナッツ1粒のカロリーは4カロリーと決して低くはなく、「食べ過ぎると太る」といって敬遠している方も多いのではないでしょうか。

しかし、実はピーナッツは記憶力の低下を改善し、美しさと健康のために良い栄養素が多く含まれています。

この記事では、美味しいだけではない体に嬉しい効能があるピーナッツについてご紹介していきます

スポンサーリンク

ピーナッツから得られる4つの効果

バターピーナッツや柿の種など、お酒のおつまみとしても大人気のピーナッツ。

ピーナッツには、健康や美容に効果的な栄養素がたっぷり含まれているんですよ。

1.悪玉コレステロールを除去し生活習慣病を予防

ピーナッツの半分は、オレイン酸やリノール酸といった良質の油でできています。

オレイン酸やリノール酸は、不飽和脂肪酸といわれているもので、血中の中性脂肪や悪玉コレステロールを減らす機能があり、人間の体に必要な油です。

また、体全体の血管を強くしてくれる、飽和脂肪酸の「パルミチン酸」や「αリノレン酸」という成分も入っています。

ピーナッツは不飽和脂肪酸と飽和脂肪酸をバランス良く含み、動脈硬化や心筋梗塞などの生活習慣病を予防してくれる働きがあるんですよ。

2.記憶力を高めてくれる効果

ピーナッツは神経伝達物質「アセチルコリン」を作り出す、リン脂質の一種「レシチン」を多く含んでいます。

レシチンは脳の神経細胞の働きを活発にし、記憶力や認知機能を高める効果があります。

3.二日酔い防止に

ピーナッツにはビタミンB3の「ナイアシン」が多く含まれ、二日酔いの原因となるアセトアルデヒトを分解してくれます。

肝臓の働きをサポートしアルコールを分解、すばやく分解物質を排出するため、二日酔いに効果があるんですよ。

また、ピーナッツには有害なアンモニアを排出してくれる、「アスパラギン酸」も含まれています。

アミノ酸の一種であるアスパラギン酸とナイアシンの相乗効果により、利尿作用が働き悪酔いを防止。

ピーナッツはお酒のおつまみとして、理にかなった食材といえますね。

4. 体の老化の進行を緩やかに

ピーナッツに含まれている成分でよく知られている、ビタミンEとマグネシウム。

ビタミンEは活性酸素を抑制し老化の進行を緩やかにするので、アンチエイジング効果が期待されている成分です。

強い抗酸化作用を持つビタミンEは体の細胞を丈夫にし、ガンや脳卒中などの生活習慣病を予防する効果があります。

また、体内の300種類もの酵素を活性化させるマグネシウムは、血液の流れを良くし、筋肉の収縮に大きく関わり血栓ができるのを防ぎます。

血行促進することにより、末梢神経まで血液がスムーズに行き渡るようになり、女性の悩みに多い冷え性を改善することができるんですよ。

またマグネシウムには、骨や歯の形成や、血圧を調整し高血圧を予防する効果も期待されています。

スポンサーリンク

ピーナッツは薄皮にも栄養がたっぷり!

ピーナッツの茶色い薄皮は、「苦いから」と剥がして食べている方も多いのではないでしょうか。

ですが、ピーナッツの薄皮にはとても有用な栄養素が含まれており、剥がして食べるのはもったいないんですよ。

ピーナッツの薄皮には、ポリフェノールの一種である「レスベラトロール」が入っており、近年、このレスベラトロールは抗がん剤作用があるとして注目が集まっています。

またレスベラトロールは、脳に蓄積された「アミロイドβ」という脳の神経細胞を死滅させる物質を抑制する働きがあり、認知症予防にもつながる有効成分なんですよ。

スポンサーリンク

アレルギーや食べ過ぎには注意!

ピーナッツはアレルギー表示義務がある食品です。

よく、お菓子の袋の裏に表示されているのを見かけますよね。

ピーナッツアレルギーがある方は、食べないようにしてください。

どの食品にも言えることですが、くれぐれも食べ過ぎには気をつけましょう。

ピーナッツに含まれるオレイン酸やリノール酸は良質とはいえ、過剰に摂取すると太る原因となります。

消化に時間がかかる食物繊維も含んでいるので、食べ過ぎると消化不良を起こし、下痢などの不調を引き起こす場合があるので要注意です。

ピーナッツの一日の摂取量は、20粒から30粒が適量。

また、できるだけ塩分の低いものや加工されていないものがオススメです。

一度にたくさん摂取するより、少しずつ食べる方が栄養素を体に取り入れやすくなりますよ。

 

栄養素たっぷりのピーナッツ:まとめ

ピーナッツには、悪玉コレステロールを減らしてくれるオレイン酸やリノール酸がたくさん含まれています。

アンモニアをすばやく排出し悪酔いしないようにしてくれたり、強い抗酸化作用で細胞を強くし生活習慣病を予防してくれたり、素晴らしい栄養素がたっぷりですね。

食べ過ぎには注意し、ぜひ、毎日の食生活に取り入れてみてはいかがですか?

ピーナッツは一日20~30粒が適量ですよ

抗火石の石釜で煎っているため、パリパリ感のある食感が魅力!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました