子どもに絵本を読み聞かせる意味と5つの効果!【親と子の絆を深める】

お役立ちコンテンツ

親子で一緒に楽しめる絵本。

絵本の読み聞かせは、子どもの成長に良い影響をもたらすといわれています。

ですが、漠然と読み聞かせているけれど、どういった効果があるのかまではわかりませんよね。

そこでこの記事では、親が子どもに絵本を読み聞かせる意味と5つの効果についてご紹介していきます

スポンサーリンク

子どもに絵本を読み聞かせる意味と5つの効果!

1.親と子どもの絆を深める時間

お母さんやお父さんの声を聞くと子どもは安心します。

優しくユーモアたっぷりに絵本を読んであげることは、子どもが親からの愛情を感じる時間となります。

絵本の内容や登場人物いついて、子どもと「あーだったね、「こーだったね」と話すことによって会話が弾むように。

子どもは自分が愛されていると思うと心が満足し、自己肯定感を持つようになり、情緒が安定していきますよ。

2.豊かな感受性を持つように

絵本を通して、物語の内容を理解しようとしたり、登場人物の気持ちを考えたりすることで、感受性が豊かになっていきます。

うれしい、悲しい、おもしろいなどの喜怒哀楽を感じることができ、好奇心も刺激されるようになるんですよ。

感受性が豊かだと、自分や相手の感情を理解できるようになり、思いやりの心が生まれます。

3.想像力と創造力を育てる

子どもが絵を見ながら読み聞かせることにより、想像力が育つようになります。

絵本の世界を想像することで、自分で考える力がつくように。

想像力が高いと会話の中で相手の気持ちを読み取り、先を読んで行動できたりなど、人間関係にも良い影響を与えてくれます。

また、頭の中で想像することにより創造力も発揮されていくんですよ。

与えられたことだけをするだけでなく、自分で試行錯誤しながら問題解決などに立ち向かえる力がついていきます。

4.表現力が培われる

丁寧に絵本を読み聞かせてあげると、子どもは絵本の言葉を真似して覚えます。

その言葉は次第に自分の言葉として吸収し、言語力の向上へと繋がります。

絵本を読み聞かせてあげることにより、人との会話の中でもさまざまな言葉の表現を使えるようになり、コミュニケーション能力をも高めることができるんですよ。

絵本の読み聞かせによって語彙力も身につき、表現力も豊かに。

5.集中力が身につく

子どもは、最初は絵本に興味がなくても、習慣化して読み聞かせていくうちに夢中になっていきます。

絵本の内容がおもしろいと感じ、続きが待ち遠しくなるように。

絵本を最後まで聞いていくうちに、集中力も次第に身についていきます。

\ こどもの成長に合わせて月額1,300円(税・送料込)で毎月届く/
絵本定期購入サービス 

子どもに絵本を読み聞かせる際のポイント:まとめ

せっかく絵本を読み聞かせても、子どもが内容を理解できず、つまらないと思うと効果は期待できませんよね。

子どもに絵本を読み聞かせる場合は、反応を見ながら読んでいくのがポイント。

面白い内容の場合はユーモアたっぷりに読み、悲しい内容ではしくしくと鳴き真似をしながら読んであげると、子どもは興味を持つように。

また、寝かしつけるときに読む場合は、静かに小声で呼んであげるといいですね。

状況に合わせて変化をつけて、絵本を読み聞かせてあげるのが大切です。

絵本の読み聞かせは、子どもにとって親の愛情を感じられる楽しい時間

 

\ こどもの成長に合わせて月額1,300円(税・送料込)で毎月届く/
絵本定期購入サービス 

コメント

タイトルとURLをコピーしました