電子レンジ対応可能なプラスチック容器の種類と見分け方

お役立ちコンテンツ

スーパーでお弁当を買って電子レンジで温めたら容器が溶けて変形した、という経験ありませんか?。

蓋の成分表示ラベルは少し焦げちゃってるし、なんてことも。

しかし、コンビニではお弁当を容器のまま温めてもまったく変形していません。

同じプラスチックなのに、「なぜなの?」と疑問に思っている方も多いのではないでしょうか。

現代の生活の中でなくてはならない存在となっているプラスチック。

この記事では、購入したお弁当などの容器が電子レンジ可能かどうかを見分けるために、プラスチックの種類による違いや確かめ方について解説していきます

スポンサーリンク

電子レンジ対応可能なプラスチックの種類

プラスチック容器は、ポリスチレン(PS)とポリプロピレン(PP)の2つに分類されます

法律ではプラスチック容器の材質の表示は特に義務づけられていませんが、販売店が自主的に表示ラベルを貼るなどの対策を行っているところも多いようです。

材質の表示はJIS(日本工業規格)で決められている略語で表示していいようになっています。

電子レンジはマイクロ波を照射して、水分にエネルギーを与えて加熱する調理器具で、水分を含んだ食品では最大100℃、油を含んだ食品は120℃まで上昇します

ポリプロピレン製[PP]

ポリプロピレン製の容器はプラスチックの中でも最高の耐熱性を誇っており、耐熱温度は110℃~140℃なので電子レンジでの温めが可能です。

しかし、耐熱性が高いとはいえ、長時間温めると焦げたり燃えたりする可能性があるので気をつけましょう。

〈ポリプロピレン製プラスチック〉

カップ麺容器 、タッパー、コンビニ弁当容器 など

ポリスチレン製 [PS]

ポリスチレン製のプラスチックは燃えやすい性質のため、引火もしくは高温を加えると石油系の強い臭いと黒煙を発するので注意が必要です。

耐熱温度は約70〜90℃までしかなく、基本的には電子レンジでの利用は適応外となります。

ですが最近では温度を調節できる電子レンジや、強化された一部のポリスチレン製の容器では電子レンジ可能のものもあります。

〈ポリスチレン製プラスチック〉

卵パック、スーパーやお惣菜店などの弁当容器、カップ麺の蓋 など

スポンサーリンク

PSとPPのマークで電子レンジ可能か見分ける

電子レンジで温めることができるプラスチック容器であるかどうかを判断する最初の方法は、電子レンジ不可のポスチレン製のPSと電子レンジ可のPPのマークをチェックすることです。

大体のプラスチック容器には、プラスチックマークのところにPSとPPのマークが表記されています。

そのマークを確認して、電子レンジで温め可能かどうか見分けることができます。

 またプラスチック容器には、電子レンジでの温め時間が記載されているものもあり、このような記載があると、電子レンジで使用できるポリプロピレン製のプラスチック容器ということがわかります。

プラスチック容器の種類と見分け方:まとめ

お弁当の容器やタッパーなど、幅広く利用されているプラスチック。

手軽に温めることができる、電子レンジとリンクして使うことがあたりまえの時代になりました。

しかし、電子レンジで使用すると溶けてゆがんでしまい、タッパーなどは蓋を閉めることができず困る場合もあります。

電子レンジに入れるまえにPSマークとPPマークを必ず確認しましょう。

PS製は卵パックなど比較的薄くてつぶしやすいものが多く、PP製は少し厚みがありしっかりしています

コメント

タイトルとURLをコピーしました