プラットフォームの意味と種類をわかりやすく簡単に解説します!

beginner

最近よく耳にする「プラットフォーム」

しかし、プラットフォームと聞いても、よく意味がわからないという人も多いのではないでしょうか。

この記事では、インターネット上で用いられているプラットフォームの意味や種類を簡単に解説していきます

スポンサーリンク

プラットフォームの意味と種類をわかりやすく簡単に解説します!

プラットフォームはもともと、土台や舞台、乗降場などの意味を持つ英単語です。

近年では、インターネット上でのプラットフォームとして主に使用されており、システムまたはソフトウェアサービスの基盤となる動作環境のことを指します。

IT分野でのプラットフォームは大きく3つに分類されます。

オンラインプラットフォーム

オンライン プラットフォームは、インターネットの中で Web 上に展開されるサービスのことです。

アカウントを取得することにより、無料で利用できるというメリットがあります。

  • Googleの検索エンジン

  • Yahoo! Japanのようなさまざまな情報を有するポータルサイト
  • TwitterやFacebookなどのコミュニテイを広げるための電子掲示板であるSNS
  • ブログ、YouTubeなどソーシャルメディア
  • Amazonや楽天などインターネット上で物やサービスを売買するECサイト

 

ソフトウェアのプラットフォーム

PCやスマホで使われるソフトウェアは、アプリをインストールして動かすための基盤であるOSが欠かせません。

パソコンではWindows、スマホではAndroidがソフトウェアプラットフォームです。

コンテンツ型のプラットフォーム

スマホ向けアプリをダウンロードできる「App Store」や「Google PlayMusic」が、コンテンツ型プラットフォームの代表です。

コンテンツ型のプラットフォームは、有料コンテンツの割合が高いため、支払いプラットフォームとも呼ばれています。

スポンサーリンク

プラットフォームと同じニュアンスの「インフラ」とは

プラットフォームと同じニュアンスを持つ用語に、「インフラ=インフラストラクチャ」があります。

インフラもプラットフォームも、ネットワークなどの機器の運用システムのことで「動作環境の基盤」という意味を含みますが、明確な違いがあります。

プラットフォームはスマートフォンのアプリやパソコンのOSなど、私たちの目に直接触れることが多いものを指しています。

インフラはサービスを動かすためのサーバ、通信するために必要な回線など、影の立役者的存在と言えば分かりやすいですね。

スポンサーリンク

プラットフォームはソフトウェアの基盤:まとめ

プラットフォームは、IT の分野でソフトウェアを実行するために必要な基盤となるデバイスのこと、もしくは操作環境のことをいいます。

プラットフォームの種類は3つに分かれています

  • Web上のサービスであるオンラインのプラットフォーム
  • PCやスマホのソフトウェアを表現したソフトウェアのプラットフォーム
  • アプリケーションのダウロードシステムであるコンテンツ型のプラットフォーム

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました