会社における役職の意味とは何?責任や役割について解説します!

beginner

会社にはさまざまな「役職」があります。

社長や常務、専務に部長といろいろありますが、「会社の中で偉い人たち」とざっくりとしか浮かびませんよね。

実際、それぞれの役職を持っている人の責任や役割はどんなもの?と思っている方も多いのではないでしょうか。

この記事では、会社の重要なポジションである、「役職」の違いや担っている役割について解説していきます

スポンサーリンク

会社における役職の意味

「役職」とは、責任と職務を行ううえで与えられている権限がある人のこと。

人や業務の管理を行う「管理職」のことを指しています。

役職は会社から与えられるもの

原則的に役職は自主的に付けるものではなく、会社という組織から与えられるものです。

役職の種類により、どんな責任を負うのか、どういった立場なのかを明確にすることができるようになります。

役職があることにより、取引先など社外の人に対して、どんな役割を担っているのか、権限がどのくらいあるのかを簡単に分かってもらうことができるんです。

役職が付くことで得られること

役職が付いたり上がるにつれて、担う責任や職権が増えていきます。

そのため、仕事をする上で目標意識を高く持たせることができるんです。

「責任者」という立場で仕事と向き合っていくうちに、仕事に対する向上心も上がっていきます。

スポンサーリンク

「役職」の役割と責任

会社の業務執行や会計監査などの権限を持つ幹部職員で、株式会社において業務執行を行う機関である「取締役会」の構成員のことのことを「役員」といいます。

役員が担う役割と責任

  • 社長・・・実質的な会社のトップであり、最高責任者社内における意思決定を行う
  • 副社長・・・社長の次に重要責任を負うポジション緊急時などには社長の代わりに意思決定をする
  • 専務・・・社長や副社長の補佐し、会社の経営よりの管理業務を担当
  • 常務・・・専務と同じ社長や副社長の補佐的な業務を行う役職現場寄りの実務的な業務が多いのが一般的

「中間管理職」の役割と責任

  • 部長・・・部署全体の管理者。「部」という組織の最高責任者で最終的な意思決定をする部門責任者のこと
  • 課長・・・会社組織の「部」の中に含まれる「課」の責任者課全体の業務や部下の管理を行う中間管理職最近では「マネージャー」と呼ぶ企業も増えている
  • 係長・・・業務の最小単位である「係」において、管理的立場にあるポジション課長以上の管理職になるための登竜門
  • 主任・・・与えられた任務を中心になってやっていく人グループやチームなど現場のまとめ役従業員の中での熟練者を指す

 

 

「役職」と「肩書き」の違いとは?

よく「役職」と「肩書き」を同じ意味だと間違えられやすいのですが、実は少し解釈が違ってきます。

「肩書き」とは、名刺など名前の右上に書かれる、役職を含む社会的な地位や称号(公的な身分や資格)を意味する表現のことをいいます。

「役職」が会社組織から与えられるものに対し、「肩書き」は「私はこういうものです」というのを自ら発信して知ってもらうための呼称です。

一般的によく見る「肩書き」

○○コンサルタント

△△クリエイター  など

 

 

役職とは権限や役割の明確化するもの:まとめ

企業にはいろいろな役職があり、それぞれ担っている責任と役割が違います。

誰がどんな役目や権限を持っているのかを明確化するのが役職です。

役職には、業務を円滑に進めていくための大切な役割があるんですよ。

市長や町内会会長も「役職」なんですよ

コメント

タイトルとURLをコピーしました