心をわしづかみにする桜の魅力!愛される理由とは?

お役立ちコンテンツ

春の訪れを真っ先に知らせてくれる桜。

昔から日本人になじみ深く、春の花の代名詞ともいわれていますよね。

立春を過ぎたあたりから、桜の開花宣言や満開がいつなのかテレビでもよく報道され、桜が咲き始めるのを今かいまかと待ち遠しく感じるほどです。

ですが、春に咲く花は「梅」や「桃」もあるのに、なぜ「桜」はこんなにも特別な存在なのでしょうか。

ゆる

この記事では、昔から日本人に愛され続けている桜の歴史とその魅力についてご紹介していきます

スポンサーリンク

心をわしづかみにする桜の魅力は歴史にあり!

日本を象徴する花でもある桜ですが、もともと日本固有の植物ではありませんでした。

奈良時代より以前に、中国などアジアの各地域から伝わったといわれています。

室町時代は梅の花の方が人気

今でこそ、桜は「日本の花」と言われ、”公的機関の意匠”にもされています。

しかし、中国の文化の影響が強かった奈良時代には、春の花といえば「」を指しており、桜はまだ現在ほど人々に認識されていなかったようです。

貴族から農民までの様々な身分の人々が詠んだ和歌集『万葉集』では、桜は梅の3分の1ほどしか歌われていませんでした。

桜の人気が急上昇した平安時代

平安時代になると遣唐使の廃止により、日本の独自の文化が発展していき、徐々に桜にスポットがあてられるようになります。

『古今和歌集』では梅の花より4倍も多く詠まれ、このころから桜は人々に愛される花として人気を博していきました。

「お花見」の始まりは戦国時代

桜をさらに広めた人物が、戦国時代の武将の1人でもある「豊臣秀吉」です。

豊臣秀吉は京都の醍醐寺に700もの桜の木を植え、近親者や貴族を招き、桜の下で宴を催しました。

桜を楽しむ行事、「花見」の起源はここからきていると考えられています。

桜の名所が広がり始めた江戸時代

江戸時代の8代将軍吉宗は「庶民の健全な娯楽の場が必要」と考え、政治改革の一環として桜を広めていったそうです。

もとからある桜の名所を整備して、江戸を中心に郊外にも桜を植えていき、庶民が楽しめる場を作っていきました。

また、隅田川などの川沿いに桜を植えることで堤防の役割が果たせると提案し、治水工事を行っていったといわれています。

「ソメイヨシノ」の出現で全国に広がる

室町時代から、長い年月にわたって何度も品種改良がおこなわれ、江戸時代末期になると日本固有の「ソメイヨシノ」が出現します。

桜といえば「ソメイヨシノ」と認識されるようになったのはこの明治時代の頃から。

ソメイヨシノの出現により、桜は全国的に植えられようになります。

しかし、ほどなくして桜は封建時代の象徴とされ、一斉に伐採されることとなりました。

昭和初期に川沿いや学校に植樹

昭和に入り軍国主義になると桜は「日本の精神の象徴」として、再び川沿いや全国の小学校などに広く植えられることとなります。

また桜は「穀物の神が宿る神聖な木」として農民に崇められ、神事にも関わり、農業においてとても大切な存在とされました。

スポンサーリンク

 心を癒やす桜の花びら

幻想的な美しさ

桜は満開になると、公園や川沿いを淡いピンク色に染め上げます。

まるで、絵画の中に引き込まれたような錯覚さえおぼえるほど、幻想的な空間を演出してくれますね。

さくら色のリラックス効果

さくら色」といわれる薄いピンク色は、「穏やかな気持ちになれる」「リラックス効果がある」といわれています。

桜の花びらが舞い散る中にいると、何かにふんわり包み込まれるような、優しい気分になる方も多いのではないでしょうか。

散り際の儚さ

桜は開花から約2週間で一斉に散っていきます。

春風に舞う美しい花びらは、神秘的でどこか儚げ。

花びらが舞う中にいると、桜と一緒に軽やかに舞っているような気持ちになりませんか?

スポンサーリンク

日本人が愛してやまない桜:まとめ

長い歴史の中で発展し続けてきた桜。

日本人の心をわしづかみし、老若男女に愛される存在となっています。

春の花の代名詞ともなっており、桜の木につぼみがつき始めると、「暖かい春はもうすぐ」と気持ちが明るくなっていくような気分になりますよね。

桜の儚く散る花びらは、ひとことで言いあらわせないくらい幻想的です。

ゆた

短い桜の季節を存分に楽しみたいですね

コメント

タイトルとURLをコピーしました