七福神の見分け方とそのご利益とは?【さまざまな幸運をもたらす神様】

お役立ちコンテンツ

弁財天・毘沙門天・大黒天・恵比寿天・布袋尊・福禄寿・寿老人の七福神。

この七人の神様は、幸運をもたらす神として信仰されています。

七福神に祈願すると、七つの災難が排除され、七つの幸せが訪れるとも。

日本での信仰が深いため、「日本の神様」と思われがちですが、実はもともとはインドと中国の神様がほとんどなんですよ。

この記事では、七福神の見分け方とそれぞれのご利益についてご紹介していきます

スポンサーリンク

七福神の見分け方とそのご利益とは?【さまざまな幸運をもたらす神様】

七福神の神様は恵比寿様以外、実はインドや中国の神様なんです。

6人の神様は、平安時代から室町時代頃に日本に伝来し、恵比寿様も加わって日本の人々に「七福神」として崇められてきました。

弁財天:インド

学問・財福・芸能・芸術の女性の神様です。

弁財天は縁結びにもご利益もあります。

羽衣をまとい、琵琶と呼ばれる楽器を持った姿が印象的です。

もとはインドのヒンズー教の水の神様なんですよ。

 

毘沙門天:インド

勝負・厄除けの神様です。

毘沙門天は、甲冑(かっちゅう)と呼ばれる鎧(よろい)姿で、右手に先端が3つに分かれた矛(ほこ)や宝塔を持っています。

戦いの神様でもあるので、毘沙門天の表情は怒りを現した顔が特徴です。

上杉謙信が信仰した神様として有名で、「軍神」とも呼ばれています。

大黒天:インド

子孫繁栄の神様です。

大黒天は右手に打ち出の小槌を持っており、米俵に乗ってほがらかな笑顔が魅力の神様。

もとはインドのヒンズー教の破壊と武力の神様「シヴァ神」の化身です。

恵比寿天:日本

商売繁盛、大漁祈願の神様です。

恵比寿天は鯛を抱きかかえ、釣り竿を持つという特徴的な姿をしています。

日本神話の、日本列島を生んだとされる「イザナミノミコト」と「イザナギノミコト」の第三子である、蛭子(ひるこ)だといわれています。

恵比寿天は満三歳になっても歩き始めなかったので、船に乗せて捨てられてしまい、船がたどり着いた浜辺に住む人々の手で祀られたのが信仰の始まりです。

恵比寿という字は、”戎”・”夷”と書かれることもあります。

布袋尊:中国

笑門来福、良縁の神様です。

布袋尊は、着物をちゃんと着ていない胸やお腹が丸見えの、満面の笑みを浮かべたインパクトのある姿をしています。

諸説ありますが、布袋尊は中国の唐時代に僧侶だったそうで、中国ではお釈迦様の没後56億7千万年後に、人々を救うために現われる「弥勒菩薩の化身」だと考えられています。

寿老人:中国

長寿延命の神様です。

寿老人は仙人のような白いおひげを生やし、左手にうちわや桃を持ち鹿を従えています。

持っている桃と従えている鹿は長寿の象徴です。

もともとは中国の道教の長寿神である南極老人の化身であり、中国の村と町に住み、人々の信仰を集めたといわれています。

福禄寿:中国

福禄寿も長寿延命の神様です。

寿老人と同じく仙人の様な白い髭が特徴ですが、福禄寿は帽子をかぶっています。

福禄寿も寿老人と同じ、道教の南極老人の化身だといわれています。

スポンサーリンク

七福神はなぜ宝船に乗っているの?

七福神というと多くの人が、宝船に乗っているのをイメージするのではないでしょうか。

七福神が描かれている掛け軸や、お正月に届く年賀状の七福神は、必ずと言っていいほど宝船に乗っています。
七福神が宝船に乗っている理由は、宝船がおめでたいものが詰まった縁起物の船だから、なんですよ。

昔は稲穂や米俵を宝船に乗せ描かれていましたが、のちに、振るとさまざまな物が出てくる打出の小槌や千両箱、鶴や亀など縁起物を運んでいるさまが描かれるように。

時代の流れと共に開運の神様である七福神と、おめでたいものが詰まった宝船を掛け合わせて描かれるようになりました。

 

幸せをもたらす七福神:まとめ

七福神は福をもたらしてくれる神様として、500年もの長い間信仰されてきた神様です。

発祥が日本以外の神様も、仏教に取り入れられてからは、日本の大切な神様として祀られています。

開運祈願に関連する物には、七福神がメインとなっていることが多いですよね。

毘沙門天の間違いをきちんと叱ってくれそうな厳しい表情や、ほかの神様の穏やかな優しい表情はなんだかホッとしませんか?

あなたにご利益がありますように*

コメント

タイトルとURLをコピーしました