七五三の由来と起源!千歳飴との繋がりは?【子供の成長を願う】

ファッション

紅葉の季節になると、神社では七五三を祝う行事が開かれとても賑やかです。

千歳飴を持った子供達がとても愛らしく、微笑ましい光景ですよね。

七五三とは、7歳・5歳・3歳の子どもの成長を祝う日本の伝統行事で、家族で神社に出向き、これからの健康を祈願する奉告祭のことをいいます。

ですが、なぜ7歳・5歳・3歳という年齢に七五三のお祝いをするようになったのでしょうか?

また、七五三と千歳飴はどういうつながりがあるの?と思いますよね。

この記事では、子供の成長と健康を願う七五三が始まった由来と、千歳飴とのつながりについてご紹介していきます

スポンサーリンク

七五三の由来と起源!いつから始まったの?

今では当たり前になっている「七五三」はいつ頃から始まったのでしょうか。

徳川綱吉が長男の健康を祈願した日

七五三は天保元年(1681年)の11月15日に、江戸幕府第5代将軍、徳川綱吉が長男の徳松(のちに群馬県館林の城主となる)の健康を祈願したことが始まりだといわれています。

その11月15日に開いたお祝いが江戸の町に広まり、時代の流れと共に神社やお寺にお参りをするという庶民の慣習となっていきました。

やがて11月15日に神社にお参りするという行事は関西地方でも行われるようになり、徐々に全国に広がっていった、という説です。

11月15日は”鬼が出歩かない日”

江戸時代までの旧暦の11月は、無事に収穫を終えたことを神様に感謝する月とされていました。

また同じく旧暦の11月15日は、二十八宿の鬼宿日という鬼が出歩かない日と言われており、婚礼以外は何をするのにも良い日であると考えられていたようです。

そのため、徳川綱吉が長男の健康の祈願をした11月15日はとても縁起が良いとされ、神様へ作物の実りと子供の成長への感謝とを合わせて祈るようになった、といわれています。

暦が代わり七五三の日にちも変更

明治以降は旧暦から新暦にかわり、また現在では11月15日にこだわらず、11月の土曜日と日曜日、祝日に行われることが多くなっていきました。

地域により日にちには違いがあり、北海道などの寒冷地では11月はかなり気温が低くなるため、10月15日に行うところもあるそうです。

7歳・5歳・3歳に行う意味

七五三は、江戸時代に行われていた3歳の「髪置きの儀」、5歳の「袴着(はかまぎ)の儀」、7歳の「帯解(おびとき)の儀」に由来し、この行事と結び付いて3歳・5歳・7歳にお祝いをするようになりました。

またこの儀式のなごりにより、男の子と女の子ではお祝いする年が違ってきます。

3歳「髪置きの儀」

男の子女の子どちらもお祝いします。

幼児が髪の毛を剃るのをやめ、髪を伸ばし始める儀式です。

昔は子供の産毛を剃っておくと、健やかな髪の毛が生えてくると信じられていました。

そのため3歳までは幼児はみんな坊主にしていたそう。

3歳での七五三では、男の子も女の子もまだまだかわいらしく、あどけさなさが残るときです。

 

5歳「袴着の儀」

男の子のみお祝いします。

生まれて初めて袴を着る儀式です。

江戸時代には武士がまとった袴を着ることで、幼かった男の子が大人の男になるという深い意味が込められていました。

袴を着ると男の子は、ビシッと頼りがいのある雰囲気が漂います。

どんどんカッコよくなっていく時ですね。

 

7歳「帯解きの儀」

女の子のみお祝いします。

着物を結んでいる子供用の付け紐から丸帯に変わる儀式です。

帯解きの儀は大人の女性の仲間入りという意味を持っています。

女の子は帯締めをした着物を着ると、グッと大人っぽい雰囲気がでて女性らしさを感じさせます。

以前は生まれた年が1歳とされ、新年の1月1日を迎えると1つ年を取るという「数え年」での年齢で七五三を行っていました。

しかし第二次世界大戦後は、誕生日を基準として加齢する「満年齢」でお祝いすることが増え、現在では、数え年でも満年齢どちらでも七五三のお祝いをしても構いません。

七五三と千歳飴とのつながり

七五三のお祝いで宮参りのお土産として配っている千歳飴は、「千年」という言葉に由来しています。

千歳は別の読み方で「せんさい」と読むため、「千歳まで生きる」という長寿の意味を持つ言葉です。

千歳飴は子どもが千年までも長生きできるようにとの、親御さんの切実なる思いで七五三と関連付けられて配られるように。

昔は医療もほとんど発達しておらず、特に子供の生存率はそう高くなかったため、千歳飴には縁起物として名高い鶴や亀、松竹梅などが描かれており、子供の長く健やかな成長を願う思いが込められています。

また飴は子供に人気があり、七五三のお土産として最適だったのですよ。

ほかにも江戸時代、浅草の飴売りが紅白の棒状の飴を「千年飴」と名付けて売り出した、という説もあります。

 

 

七五三は今も昔も子どもの成長を願う日:まとめ

七五三はお子さんの成長を願い感謝する大切な行事です。

11月になると、かっこいい袴やきれいな着物を身にまとった、かわいらしいお子さん達の姿で神社が華やいでいます。

千歳飴を持って、家族みんなで写真を撮るのも恒例となっていますよね。

家族で七五三の素敵な思い出を作りましょう

コメント

タイトルとURLをコピーしました