コンパクトで便利な小型加湿器おすすめ5選【邪魔にならならずスッキリ】

お役立ちコンテンツ

空気が乾燥すると、喉が痛くなったり肌がカサカサになったり。

風邪などウイルスも蔓延するため、乾燥する冬はとても気を遣う季節ですよね。

こうした乾燥トラブルの対策としておすすめなのが加湿器です。

ですが、加湿器の多くは大きさがあり、部屋に置くのはちょっと邪魔かも・・・と思っている方もいるのではないでしょうか。

そんな時に役立つのが小型の加湿器。

コンパクトで場所を取らないので、お部屋のインテリアを邪魔したりしません。

オフィスのデスクの側や自宅のテーブルに置いておくと、適度に加湿でき、乾燥する季節の対策にピッタリですよ。

この記事では、場所をとらない小型加湿器のおすすめと、種類など選び方についてご紹介していきます

スポンサーリンク

コンパクトで便利!小型加湿器を選ぶポイント

加湿器は、気化式・スチーム式・超音波式・ハイブリット式と4つの種類に分かれています。

それぞれ特徴が異なりますので、使いたいシーンや好みに合わせて選ぶといいですね。

塩素が含まれない浄水器の水やミネラルウオーターを使用すると、加湿器のタンクの中で雑菌などが繁殖するため避けてください。

加湿器には、雑菌やカビを抑える塩素を含んだ水道水の使用が推奨されています。

気化式加湿器

気化式の加湿器は、水を含むフィルターへファンを回して風を送り加湿する方式です。

ファンの力によって広範囲に加湿でき、ヒーターを使わないため消費電力が少なく済みます。

水タンクの容量も大きいので、頻繁に水を入れる心配がありません。

ただ気化式加湿器はヒーターを使用しないため、加湿の際に出る送風がやや冷たく感じます。

また、フィルターにカルキ付いて固まりやすいので、定期的にフィルターのお手入れや交換が必要です。

こんな方におすすめ

  • 電気代を安く抑えたい
  • 加熱しないので消し忘れても安心
  • 小さいお子さんやお年寄りがいる家庭など

スチーム式加湿器

スチーム式の加湿器は、水をヒーターで加熱して加湿する方式のことです。

沸かしたお湯から湯気がでる感覚、と思っていただくと分かりやすいかもしれません。

水を加熱して沸騰させるため、雑菌が繁殖しにくく衛生的です。

ですが、加熱して出てきた水蒸気の吹出し口は熱くなるため、触らないように注意しなければなりません。

また、ヒーターを使用するため消費電力は高くなります。

こんな方におおすすめ

  • 清潔に加湿したい
  • 消費電力は高くても、加湿のパワーが高い方がいい
  • 特に乾燥が気になる方

超音波加湿器

超音波加湿器は、水を超音波で細かく砕き、霧状の微粒子にして加湿する方式です。

気化式同様、加熱しないため消費電力は少なくランニングコストを抑えることができます。

専用のアロマオイルなどを入れて、香りを楽しむことができるタイプもあり、おしゃれなデザインが多いのも魅力。

ただし、水は加熱しないためタンク内に雑菌が繁殖しやすいので、こまめなお手入れが必要となります。

また、気化式やスチーム式と比べて水の粒子が大きいので、加湿しすぎると床や壁が蒸れてしまう場合があります。

時間を決めて加湿するのがおすすめです。

こんな方におすすめ

  • ランニングコストを抑えたい
  • 仕事している時だけ使いたい
  • 加湿と香りを同時に楽しみたい

ハイブリット式加湿器

ハイブリット式の加湿器とは、気化式+ヒーター、超音波式+ヒーターなど2種類の加湿方式を組み合わせて加湿器のことです。

気化式と超音波式に、水を加熱するヒーター方式を加えるため、水に雑菌が繁殖しにくいのが特徴です。

気化式+スチーム

ヒーターで加熱した水をファンでフィルターに送り加湿します。

気化式だけのものより、素早く加湿できます。

加熱するため消費電力は高くなり、ファンの音が大きめなのがデメリットです。

※小型加湿器では、気化式+スチームタイプはあまり出回っていないようです。

超音波+スチーム

ヒーターで加熱した水を、超音波で粉砕し霧状にして空気中に放出します。

雑菌が繁殖しやすいという超音波のデメリットを補い、音が静かです。

ですが、水の粒子が大きいのは変わらないので、床や壁が濡れやすく、消費電力は高くなります。

 

 

小型加湿器おすすめ5選

1.シャープ :プラズマクラスター搭載 加湿器

手軽に分解できる構造で、お手入れらくらく。Ag+イオンカートリッジで、給水タンク内の水もきれいに保てます。

シャープならではのプラズマクラスターイオンを放出し、清潔なうるおいで加湿しながら、お部屋の空気をきれいにします。

温度と湿度のWセンサーで、ムダな電力を抑えながら最適温度に自動運転。

2.山善:スチーム式加湿器

お部屋の乾燥をスチームでやわらげる、スチーム式加湿器です。
水を沸騰させるタイプでお部屋の温度が下がりにくいため、寒い季節の乾燥対策におすすめ。

タンクの水がなくなると、給水ランプが赤く点灯してお知らせしてくれます。

3.B&G:超音波式アロマ小型加湿器

超音波の力により、水を微細な粒子に分解して放出し、超微細ミストに乗せて潤いを届けてくれます。

熱くならないのでやけどの心配もなく、小さなお子様がいるご家庭でも、安心してご利用いただける加湿器。

水タンクに直接エッセンシャルオイルやアロマを入れられるタイプです。

4.maxzen:卓上ハイブリッド式加湿器

コンパクトボディに6.0Lの大容量タンクを搭載し、おしゃれなデザイン性とパワフルな加湿能力を両立したハイブリット加湿器。

たっぷり6.0L入る大容量サイズだから、給水の手間が少なく便利です。

5.Bestore: 持ち運べる充電式加湿器

ペットボトル型のコンパクトサイズのうえに、コードレスなのでどこにでも持ち運べ、オフィスの卓上加湿器として置くのはもちろん、アウトドアや移動中、旅行先でのホテルでもお手軽に潤いのある快適空間を作れます。

秋冬の乾燥による喉のトラブル、静電気、肌荒れを防ぐだけでなく、花粉やウイルス対策、風邪予防にも効果的です。

車のドリンクホルダーに収まる小型加湿器なので、車載用にもぴったり。

小型加湿器は使用するシーンで選んで:まとめ

小型で場所を取らない加湿器は邪魔にならず、オフィスで自分の周りだけ加湿したいときにも便利です。

気軽に置いとけるのもいいですね。

最近ではおしゃれなデザインも増え、お部屋のインテリアも邪魔しません。

ただし、気化式の加湿器以外は、テレビやパソコンなど、精密機器の近くには置かないように。

加湿の際に出る水蒸気が機器の内部に入ると、故障の原因にもなります。

どのタイプの加湿器も、浄水器の水やペットボトルの水は使用しないよう、必ず塩素を含んでいる水道水を使用するようにしましょう。

定期的にお手入れするのも、きれいな湿度を保つために大切です

コメント

タイトルとURLをコピーしました