サスティナブルってどういう意味?その背景もわかりやすく解説!

beginner

近年、エコやオーガニックという「環境に優しい」意味を持つ言葉が盛んに使われるようになり、食品や化粧品などさまざまなものに取り入れられています。

中でもファッション業界では、「サスティナブル素材」といって注目を集めていますよね。

サスティナブルとは直訳すると「持続可能な」という意味で、現在、世界中の人々が持続可能な社会の実現に向けて共通の目標に取り組み始めています。

ではなぜ、世界の人々がサステナブルに目を向け、積極的に取り組もうとしているのでしょうか?

この記事では、サスティナブルの意味や背景について、わかりやすく解説していきます

スポンサーリンク

サスティナブルってどういう意味?その背景もわかりやすく解説!

サスティナブルは、地球の自然環境を悪化させないために自然の資源を長い期間維持して利用しましょうという意味を持ちます。

サスティナブルという言葉は、2015年9月の国連サミットにおける「持続可能な開発のための 2030 アジェンダ」に記載された2030年までに持続可能でよりよい世界を目指すという国際目標により広まりました。

開発アジェンダの節目の年、2015年の9月25日-27日、ニューヨーク国連本部において、国連持続可能な開発サミットが開催され、150を超える加盟国首脳の参加のもと、その成果文書として、「我々の世界を変革する:持続可能な開発のための2030アジェンダ」

参照:国際連合広報センター「持続可能な開発目標(SDGs)とは」

国際目標が発足された理由は、18世紀の産業革命以降、経済活動による二酸化炭素の排出量が増え、大気中の二酸化炭素の濃度が上昇し、地球温暖化現象が急速に進行しているためです。

このまま大気中の二酸化炭素が上昇していくと、2100年には世界の平均気温が4.8℃も上昇するといわれています。

すると異常気象が頻繁に起こり、地球上のあらゆる生物の命に関わる危険があると問題視されています。

スポンサーリンク

サスティナブルへの意識

海外では普段からタンブラーやエコバックを持ち歩き、プラスチックのカップやレジ袋を使わないようにしようという活動が早くから行われていました。

南極や北極の氷が溶け出し海面の高さが上がりつつあること、温暖化による干ばつなどが原因で農作物に被害が及んでいるのを身近に感じていたためです。

日本でも2020年7月より「プラスチック製買物袋の有料化」により、サスティナブルな活動を国全体で取り組むこことなりました。

プラスチックは、非常に便利な素材です。成形しやすく、軽くて丈夫で密閉性も高いため、製品の軽量化や食品ロスの削減など、あらゆる分野で私たちの生活に貢献しています。一方で、廃棄物・資源制約、海洋プラスチックごみ問題、地球温暖化などの課題もあります。私たちは、プラスチックの過剰な使用を抑制し、賢く利用していく必要があります。

このような状況を踏まえ、令和2年7月1日より、全国でプラスチック製買物袋の有料化を行うこととなりました。これは、普段何気なくもらっているレジ袋を有料化することで、それが本当に必要かを考えていただき、私たちのライフスタイルを見直すきっかけとすることを目的としています。

参照:経済産業省「レジ袋有料化

 

次の世代まで豊かな地球環境へ:まとめ

地球環境の急速な変化により、現代だけではなく子々孫々にまで深刻な被害が及ぶことが問題になっています。

人類かつ動物や植物などが豊かに生き残り続けるために、環境問題に目を向けることが大切です。

今、自分ができる身近なことから取り組んでいきましょう。

サスティナブルの背景とは

  • サスティナブルとは持続可能な社会
  • 地球環境の悪化を抑制する活動
  • 次の世代まで豊かな環境をつなげていく

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました