竹炭の期待できる7つの効果!【マイナスイオンでリラックス】

お役立ちコンテンツ

浄水器や脱臭剤など、幅広く活躍している「炭」

一般的に“炭”と聞くと「木炭」のことを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。

ですが近年、竹を用いた「竹炭」も木炭に負けず劣らず、とても優れた効果があると注目が集まっています。

消臭効果に関しは、竹炭はなんと木炭の10倍も高いんですよ。

この記事では、消臭効果や水道水の浄化など、竹炭が持つ優れた効果を6つご紹介していきます

スポンサーリンク

竹炭の期待できる7つの効果!【マイナスイオンでリラックス】

 

1.空気に含まれている臭いを吸収

竹炭には“多孔”と呼ばれる小さな穴が無数に空いています。

その小さな穴を空気が通ることによって、空気中に含まれている不快な臭いや湿気を吸収してくれれます。

また、空気が乾燥している時は水分を吸収しないようにと調湿の役目もしてくれるんですよ。

2.弱アルカリ性で細菌の増殖を抑制

竹炭のpH値は弱アルカリ性~アルカリ性なので、弱酸性を好む細菌の増殖を抑えてくれる働きがあります。

例えば、弱酸性である肌の毛穴に古い角質が溜まったりすると、アクネ菌の温床となり肌トラブルを引き起こしてしまいます・

肌と同じ弱酸性の洗顔ソープなどでは、毛穴の汚れや古い角質を落とすことができません。

肌の毛穴の汚れを落とすには弱アルカリ性のものが必要となります。

竹炭は弱アルカリ性のため、余分な皮脂や古い角質などの汚れをきれいに落としてくれます。

竹炭が洗顔ソープなどによく配合されているのは、こういった理由があるからなんですよ。

3.虫除け対策でデリケートな服を守る

押し入れやタンスなどに竹炭を入れることで、湿度を調節してくれるうえに虫除けにも効果があります。

竹炭は無臭なので、防虫剤の臭いが気になる方や自然のもので何とかしたい方には、竹炭での防虫がオススメです。

4.水道水の塩素を吸着

水道水には、原水であるダムや河川から水を引いているため病原菌が多く含まれており、それを消毒するために塩素が使われています。

この塩素は私たちが安心して水を飲むためには必要不可欠なものなのですが、ツンとくるカルキ臭やカビ臭を発生させるので水がまずく感じるんです。

竹炭はカルキ臭や不純物を吸着してくれる性質を持っているため、水道水を入れた飲料水に竹炭を入れると水が浄化されて臭いが気にならなくなります。

竹炭は弱アルカリ性~アルカリ性なので、お風呂にいれるとアルカリ温泉に早変わり。

ご飯を炊く際に竹炭をきれいに洗って一緒に入れると、とても美味しく炊き上がりますよ。

5.電磁波から守る

暮らしに欠かせないテレビや電子レンジ、パソコンなどは人体に有害とされる電磁波を発しています。

その影響は、短時間ではそれほどないものの、長時間浴び続けると悪影響を与える可能性があるんです。

竹炭は電磁波を遮断してくれる役目もあるため、電気製品の近くに置いておくといいですね。

6.シックハウス対策でアレルギーを予防

新築やリフォームしたての住居などでは、建材などから発生する揮発性の有害物質(ホルムアルデヒドなど)が発生してる場合があります。

ホルムアルデヒトを吸い込むとめまいや頭痛、湿疹などの症状が起こり、シックハウス症候群になる可能性も。

竹炭には、アレルギーを引き起こす化学物質を吸着してくれる性質があるので、シックハウス症状を起こす有害物質を吸着し除去してくれるんですよ。

7.森林浴と同じマイナスイオン

竹炭は空気中の水素と結合しマイナスイオンを放出し空気を浄化します。

マイナスイオンが出るとリラックス効果が得られ、気持ちが自然と安らいでいきますよ。

またストレスなどで眠りが浅いときや、なかなか寝つけないときなども、ベットなどの近くに竹炭を置くだけでリラックスし、質の良い睡眠がとれる効果があるんです。

竹炭にはなんと、森林浴したのと同じくらいのマイナスイオンが出ていると考えられています。

生活空間を快適にしてくれる竹炭:まとめ

竹炭は消臭効果や水道水のカルキ臭を除去するだけでなく、殺菌作用や除虫効果など、たくさんの優れた効果があります。

マイナスイオンでお部屋の空気をさわやかにし、森の中でリラックスしているような空間をも作り出してくれます。

気持ちが落ち着くとストレスが軽減されて快眠へと自然と繋がりますね。

ぜひ、おしゃれなインテリアとして竹炭をお花と一緒に飾りリラックス空間を演出しませんか?

大切な方への素敵な贈りものとしても喜ばれること間違いなし✿

 

\ 消臭、電磁波の吸着や湿度調整など機能性  /
インテリアとして長期間にわたりお楽しみいただけます!

消臭、おしゃれ、森林保護のインテリア

コメント

タイトルとURLをコピーしました