一富士二鷹三茄子の意味とは?初夢で見ると縁起がいいと言われる理由

お役立ちコンテンツ

新しい年の最初に見る「初夢」

日本では古くから、見る初夢の善し悪しでその年の吉凶を占う、という風習がありますよね。

なかでも、初夢で見ると縁起が良いとされる「一富士二鷹三茄子」のことわざは、誰もが一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

ですが、この「一富士二鷹三茄子」の夢を見るとなぜ縁起がいいのか、その理由を詳しく知らない方も多いと思います。

そこでこの記事では、初夢で見ると縁起が良いとされる、「一富士二鷹三茄子」の意味について解説していきます

スポンサーリンク

一富士二鷹三茄子の意味とは?初夢で見ると縁起がいいと言われる理由

初夢で吉凶を占う習慣はもともと、古来中国からきています。

当時の中国では、夢を食べる想像上の生物「漠(ばく)」に悪い夢を食べてもらおうと、獏が描かれた絵を枕の下に置いて寝ていたそうです。

その縁起のいい獏の夢を見ようと思う習慣が平安時代に日本へ伝わり、江戸時代に庶民に広がっていきました。

やがて時の流れとともに、年が明ける日にいい夢をみると、1年が幸せに暮らせると言い伝えられるようになっていったそうです。

諸説ある一富士二鷹三茄子の意味

初夢で見ると縁起が良いとされる「一富士二鷹三茄子」の意味には二つの説があります。

一つ目は、江戸幕府を開いた徳川家康のゆかりの地、駿河の国は富士山の景観が素晴らしく、家康は鷹狩りを趣味とし、駿河名産の折戸茄子が大好物だったから、という説。

二つ目は、富士・鷹・茄子の言葉の掛け合わせから。

富士は「無事」「不死」で家内安全や不老不死、鷹は「高い」「貴」で社会的な地位を得る立身出世、茄子は「成す」で達成や運気上昇を意味しています。

実は一富士二鷹三茄子には続きがある

初夢の縁起物「一富士二鷹三茄子」は言葉の切れがよく、“茄子”で終わっていると思いますよね。

ですが、実はこのことわざには「四扇五煙草六座頭(しせんごたばころくざとう)」という続きがあるのをご存知ですか?

四扇(しおうぎ)は、扇の形が末広がりなのにちなみ子孫繁栄、五煙草は煙草の煙が上へ上昇することから運気上昇を意味します。

六座頭の座頭とは髪を剃った盲人の琵琶法師のことを指しており、琵琶法師は「毛がない」ことから「怪我ない」の言葉と掛け合わせているんですよ。

昔は立春の前日にみる夢が初夢だった

以前は太陰暦である旧暦であったため、立春が新年の始まりでした。

立春の前日である節分の日の夜に見る夢が「初夢」だったのです。

現在は太陽暦の新暦のため、本来ならば大晦日の夜に見る夢が初夢ですが、大晦日は年明けのカウントダウンなどで夜更かしすることが多いため、新しい年に初めて見る夢が初夢とされているようです。

 

一富士二鷹三茄子は幸せな1年になる兆し!?:まとめ

初夢は初詣や初日の出と同じく、とても縁起がいいものです。

江戸時代には、宝船に乗った七福神の絵を枕の下に敷いて寝ると、一富士二鷹三茄子が夢に出て幸せな1年になると考えられていました。

もし悪い夢を見た場合は、目が覚めてから七福神の乗った宝船を川に流すといいと悪夢が流れていくとされています。

一富士二鷹三茄子のすべてを見ないといけないということでもなく、どれか一つでも見ると、幸運が訪れるそうですよ。

一、二、三の漢数字は縁起がいいものの順番なんだよ

コメント

タイトルとURLをコピーしました