旅行に行くとむくむのはなぜ?つらいむくみの原因と対策方法

カラダケア

海外や国内など、旅行に行くと日頃のストレスから解放されますよね。

しかし、せっかくの楽しい旅行なのに「脚や顔がむくんでつらい」という方も多いのではないでしょうか。

旅行中はバスや新幹線、飛行機など乗り物に乗っている時間が長く、気がついたら脚がむくんでパンパンなんてことも・・・。

普段むくみを感じない方も、旅行に行くとむくみやすくなります。

ですが、なぜ旅行中は脚や顔のむくみを感じやすくなるのでしょうか。

この記事では、旅行に行くとむくむ原因と対策方法についてご紹介していきます

スポンサーリンク

旅行に行くとむくむのはなぜ?つらいむくみの原因

乗り物に載っている時間が長い

旅行のときはバスや新幹線など、乗り物に乗る時間が長く、同じ姿勢のままあまりカラダを動かすことができないのもむくみの原因に。

カラダを動かすことが少ないと血液の循環が滞り、リンパの流れが悪くなりむくんでしまいます。

また、飛行機は気圧が上がるにつれて体内の血流が悪くなり、むくみやすくなります。

他にもむくみの原因として、乗り物の中は空気が乾燥しているため、カラダの水分が失われます。

すると、体内の水分調節がうまくいかなくなり、むくんでしまうんです。

普段より歩きまわり筋肉が緊張するため

旅行中は楽しくて、つい歩きまわる時間が多くなることも多いのではないでしょうか。

歩き疲れると脚がむくんで痛くなることも。

急に歩数が多くなると筋肉が緊張状態になり、血液の流れがスムーズにおこなわれなくなる場合があります。

特に、普段履き慣れない靴や、ヒールなどの足を締め付ける窮屈な靴は要注意です。

塩分の多い食事やアルコールの摂りすぎ

旅行のときは、つい濃い味付けのものや糖分の多いものを食べ過ぎてしまいがち。

すると、塩分の摂りすぎにもなり、カラダは余計な水分を排出せずため込んでしまい、むくむようになるんです。

また、美味しい料理とともにお酒の量も増えてしまうことも。

アルコールの摂りすぎもむくみを引き起こす原因になります。

旅行中にむくみを起こさないための対策方法

カラダを締め付けない服や靴を

旅行中はなるべくカラダを締め付けない楽な服装がおすすめです。

カラダを動かしにくい服だとカラダが締め付けられ、乗り物に乗っているときなど同じ姿勢のままでいる、と血流が悪くなってむくんでしまいます。

また、ヒールや新しい靴は避けて、普段から履き慣れているスニーカーなど、足に負担がかからない靴を履くのがいいですね。

クッション性のあるインソールを靴の中に入れるのもベスト。

歩き疲れないためにも、適度に休憩することも大切ですよ。

乗り物に乗っているとき足を動かす

飛行機や新幹線など、乗り物で座りっぱなしの時間が多いときは、足首を回したり、手首を回したりするだけでもむくみは少し軽減されますよ。

手のひらやふくらはぎなどをマッサージするのもいいですね。

水分をこまめに摂る

乗り物の中での乾燥は、むくみを引き起こす原因。

こまめに水分をとることで、余分な塩分やアルコール成分が、水分とともに体外に排出されて、カラダがむくむのを防いでくれます。

また、水分の排出を促すカリウムが多い野菜や果物も、積極的に取るように心がけて下さいね。

湯船にゆったり浸かる

ホテルなどの宿泊施設では、ゆっくりお風呂に浸かることも大事です。

筋肉の緊張もほぐれ、血流が良くなり、むくみがとれてきますよ。

湯船の中でふくらはぎなどをマッサージするのも効果的ですね。

むくみには着圧ソックスもおすすめ:まとめ

楽しい旅行も、脚や顔がむくんでいると楽しさが半減してしまいますよね。

むくみを少しでも軽減するためにも、服装や靴など動きやすいものを選ぶのが大切です。

また旅行中は塩分やアルコール過多になりがちなので、こまめに水分補給し、野菜や果物も積極的に食べて、むくみを防止しましょう。

乗り物に乗っているときや寝ている時は、着圧ソックスを履くのもおすすめ。

血流を促進してくれるため、長時間の移動中もむくみを和らげてくれて、寝ている時に脚の疲れをほぐしてくれますよ。

むくみを解消して、旅行を楽しみたいですね♪

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました