野菜の皮の栄養を種類別に紹介【食品ロスを減らし環境にも役立つ】

暮らしのこと

ビタミンやミネラル、食物繊維など、美しく健康なカラダを保つのに必要な野菜。

料理を作るとき、野菜は皮を剥いて調理している、という方がほとんどだと思います。

ですが、野菜の皮を剥いてしまうのは、とてももったいないことなんですよ。

実は、野菜の皮も人間の皮と同じで、紫外線などの外的刺激から守る働きがあるなど、たくさんの栄養がつまっています。

そのうえ、野菜は皮ごと食べることで食品ロスを減らし、地球環境の改善にもつながっていくんです。

この記事では、捨ててしまうのはもったいない!野菜の皮に含まれる栄養についてご紹介していきます

スポンサーリンク

野菜の皮の栄養を種類別に紹介【食品ロスを減らし環境にも役立つ】

野菜の皮には抗酸化物質が多く含まれています。

抗酸化物質は、体を酸化させて癌や老化の原因である「活性酸素」から体を保護する成分。

野菜の皮や種子など通常捨てられる部分には、この抗酸化物質が中身より多く含まれているんです。

にんじんのβカロテン

ニンジンは野菜のなかで最も、β-カロテンとビタミンCが豊富に含まれています。

ニンジンの栄養が多い部分は、皮のすぐ下の部分なんですよ。

じゃがいものカリウム

ジャガイモは常温で保存することができ長持ちする野菜です。

ビタミンCやカリウム、食物繊維が豊富で、特に他の野菜に比べカリウムの含有量は断トツ。

ジャガイモの皮は中身よりもはるかに多くのビタミン、鉄、カリウムなどを含んでいます。

ただ、ジャガイモの芽や緑色に変化している部分がある場合は、天然毒素が含まれ嘔吐や下痢の症状が出る可能性があるので必ず取り除くようにしてください。

 

ナスのアントシアニン

ナスの皮の紫色は「ナスニン」と呼ばれ、ブルーベリーなどに含まれるアントシアニンの仲間です。

アントシアニンは強い抗酸化作用で、眼精疲労や眼を守るなどの働きがあります。

ナスの皮には、クロロゲン酸と呼ばれるポリフェノールの一種も含まれており、抗酸化作用が高いため老化を防ぎ、コレステロール値を下げてくれる効果があるんです。

たまねぎの硫化アリル

タマネギの皮には「ケルセチン」と呼ばれるポリフェノールが多く含まれています。

お腹の環境を良好に保つフラクトオリゴ糖や食物繊維も豊富。

たまねぎの皮は固いのでそのまま食べるというよりも、スープの出汁として煮たり、粉末にし料理に加えたりしていただくといいですね。

大根のビタミンC

大根の皮はビタミンCが豊富なので、肌を保護し清潔に保つ働きがあります。

なんと大根の皮には根(白い部分)の約2倍ものビタミンCが入っているんです。

固くて食べずらい場合は、大根おろしにしたり、きんぴらにして食べると美味しいですよ。

カボチャはまるごと万能

カボチャの皮は硬くむきにくいので、そのまま煮ることが多いですが、食べるときは実だけを食べ、皮は食べない人が多いのではないでしょうか。

カボチャの皮にはβカロテンがたっぷり入っているので、ぜひ皮ごと食べることをおすすめします。

皮ごと裏ごししてスープにするのもいいですよ。

カボチャは種子にも栄養があり、まるごと万能な食材です。

サツマイモの食物繊維

サツマイモの皮の紫色もナスと同じ、アントシアニンと呼ばれる抗酸化成分と、コレステロール値を下げる効果のあるクロロゲン酸が含まれています。

食物繊維の量も中身より皮の方が断然多いんです。

ゴボウのポリフェノール

ゴボウの皮もナス・サツマイモと同じく、ポリフェノールとクロロゲン酸がたくさん。

皮を剥いてしまうと大事な栄養素が落ちてしまうので、表面をきれいに洗うだけにした方が栄養をたっぷり摂取できますよ。

スポンサーリンク

野菜の皮を食べることによる農薬の心配は?

野菜の皮をむく最も重要な理由は、農薬の心配ですよね。

農薬の話を聞くと「人体に害がある」など、危険なイメージを持つ人が多くいらっしゃると思います。

農薬が付着しているかどうかは目に見えないので不安ですし、自分で作った野菜でないと、どう作られたのか分からないという人も多いのではないでしょうか。

ですが、現在では農薬を使って農産物を作るのは一般的で、完全に農薬を使わずに作るのは難しいと考えられています。

通常、口にしている野菜には少なからず農薬がついています。

ですが、日本では野菜から人体に害を与える農薬を大量に摂取するリスクはほとんどありません。

日本ではかなり厳しい基準が定められているため、野菜の残留農薬を測定してもほとんど検出できないほどの微量なんです。

その量は、人間が一生かけて毎日摂取しても害がないといわれています。

日本の野菜は、万が一残留農薬の基準値を超えた農作物があった場合は流通されないようになっているため、皮ごと安心して食べられるんですよ。

それでも気になる場合は、無農薬野菜を購入するか、流水で30秒以上洗い流したり、野菜用の洗剤で洗ったりする方法で洗い流せます。

野菜の皮を捨てるのはもったいない!:まとめ

普段は捨ててしまう野菜の皮の部分には、素晴らしい栄養素がたくさんつまっています。

活性酸素を除去して老化を抑制してくれる成分や、美しい体を保つために欠かせない成分ばかりです。

野菜の皮は食物繊維も多く、体の毒素を体外へ排出してくれる働きがあるので、剥かずにそのまま調理するのがおすすめですよ。

ぜひ丸ごとがぶり!!いきたいですね(*^o^*)

あけてそのままパクリと食べられる無添加のお野菜!離乳食にもぴったり*

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました