ベンチャー企業とはどういう会社のこと?意味を分かりやすく解説

beginner

就職や転職活動のときによく目にする「ベンチャー企業」という言葉。

ですが、最近広まり始めた言葉なので、「いったい何をする会社なの?」と思いますよね。

また、少しだけ分かっていて、しっかり理解している方は少ないのではないでしょうか。

そこで今回は、「ベンチャー企業」とはどのような会社を指すのかを解説していきます

スポンサーリンク

ベンチャー企業とはどういう会社のこと?意味を分かりやすく解説

ベンチャーの意味

「ベンチャー」とは、収益が確定していない新規の事業全般のことです。

簡単に言うと、新しい事業で会社を設立する、という意味になります。

また、既存の企業が新しいビジネスに取り組む場合のこともベンチャーといい、新規事業を行うために社内に独立した事業部を作ることを「社内ベンチャー」と呼んでいます。

ベンチャー企業とはどういった会社を指すの?

ベンチャー企業とは、大企業が導入するのが困難な革新的なアイデアや技術をもとに、新しい技術やビジネスを展開する企業のことを指しています。

この「ベンチャー」という言葉、実は日本人が作った和製英語なんですよ。

英語の「Venture」は投資家や企業を表現する意味なので、日本で使われている「ベンチャー」とは違う解釈なので注意。

ベンチャー企業の魅力

「ベンチャー企業」の大きな魅力は、大企業や中小企業では実現できない新しい価値を社会に提供できる可能性がある、ということです。

多くのベンチャー企業は、新しい技術やマーケットを作り、大きく成長し続けることを目指しています。

また、ほとんどが少数精鋭の企業なので、年齢や経験に関係なく、重要な仕事に挑戦できる環境にあります。

任される仕事の領域が広いため、企画力・提案力・管理能力などのスキルが、一般企業よりも速いペースで向上できるところといえますね。

非上場ベンチャー企業の社員の特権

非上場ベンチャー企業の場合、自社株を所定の価格で購入する権利があります。

一定の市場価格よりも低い株価で株式を購入する権利を得れるので、上場時に大きな利益を得ることができる可能性があるんですよ。

スポンサーリンク

よく同じ意味で使われる「スタートアップ」との違い

ベンチャー企業と同じ意味で使われることが多いのが、「スタートアップ」という言葉です。

「スタートアップ」もベンチャー企業と同じく、新しいビジネスを持つ急成長している企業のことを指しています。

しかし、定義に少し違いがあります。

ベンチャー企業

  • 中長期的に課題解決を目指す企業
  • 成長の過程にある

スタートアップ

  • 新しい市場を開拓していく
  • 短期間でのEXIT(出口)を目的にしている

 

ベンチャー企業は新たな市場を開拓:まとめ

ベンチャー企業は、今まで想像もできなかった技術が開発されたり、変革を起こしたり、新たな市場を開拓していくビジネスとして注目されています。

ベンチャー企業の意味をまとめると

  • 独創性のある高い技術をもっている
  • 大・中小企業が手をつけることができない領域での成長
  • 新しい価値での社会貢献
  • 幅広い分野でのスキルアップ
  • 企業の成長度合いにより、大きな利益を得られる可能性がある

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました