やさしい味わいの和食の魅力とは【四季の移り変わりを楽しめる】

暮らしのこと

美しい四季の移り変わりを楽しめる日本。

その変わりゆく四季折々の食材を楽しめるのが和食です。

栄養満点でカロリーもあまり気にせずに食べられるので、海外でも注目されています。

和食には、さまざまな健康効果も期待されており、ブームはますます世界中で広がりをみせるのではないでしょうか。

和食をきっかけに、日本文化に興味を持つ外国人も多いとも。

ゆる

この記事では、日本人の”心のふるさと”ともいえる、素晴らしい和食の魅力をご紹介していきます!

スポンサーリンク

やさしい味わいの和食の魅力とは【四季の移り変わりを楽しめる】

「日本の伝統的な文化」といわれる和食。

平安時代に日本独特の食文化「和食」が始まりました。

禅宗のお坊さんは肉が食べられず、大豆などを肉や魚に見立てた「精進料理」を食べており、その精進料理がのちに、”和食”と言われるように。

時代の流れとともに、懐石料理やおせち料理などの日本の行事ごとで提供された料理のことも和食と呼ばれるようになっていったそうです。

無形文化遺産に登録される

和食では季節の食材を多く取り入れることで、栄養バランスが取れ、健康にいいことが知られています。

2013年12月4日にユネスコ無形文化遺産に登録され、世界中に和食への理解度が高まっています。

実は、この食によって無形文化遺産として登録されることは、なかなか容易ではないんです。

それほど和食が持つ栄養バランスや文化が注目され、世界の人々に広がり、評価された証といえますね。

人と人の絆を深めていく

年中行事があると、親戚や地域の人々が集まり、季節の食材を使った料理を分け合いました。

楽しむ時間を共にすることで、人と人との絆を深めることもできます。

味付けの仕方や各家庭の食材の選択が異なる「おふくろの味」は、家族を結びつける味、ともいえますね。

\ こだわり野菜が生産者から直接届く /

おもてなしの文化の象徴「和食」

昔から日本では、四季や旬の食材を大切にする習慣があり、旬の新鮮な食材を使って、自然に感謝しながらいただいてきました。

特に日本各地でなじみ深い食材を使うことが多く、地域ならではの食材をたっぷり使って料理を楽しんでいます。

見た目や味、どちらにも満足できる

和食の魅力の一つは、見た目や味、どちらにも満足できることではないでしょうか。

たとえばお祝い事の時には、料理を楽しむために部屋を飾り付けたり、目的に合わせて季節の花を飾ったり、日本の趣を感じながら料理を楽しむことができます。

まさに日本の「おもてなしの文化」を象徴しています。

お米を中心に一汁三菜が基本

和食はお米を中心に汁物とおかず3種の、一汁三菜を基本として食べることが特徴です。

 特に主食の「米=ごはん」は重要な存在で、ごはんの美味しさはお米が決め手だと言われ、和食の代表的食材です。

「旨み」でやさしい味付け

調味料は一般的に、昆布やカツオなどの出汁で構成されており、素材の旨みを最大限に引き出し、味付けを薄くシンプルにすることで、素材の風味を逃さないようにしています。

和食独自の旨みをうまく使うことで、動物性の脂肪や油が少なく、塩分をコントロールしやすくなるので、肥満や高血圧の予防に効果があるといわれています。

日本だけでなく、健康志向の人が強いアメリカなど海外でも注目を浴びているんですよ。

 

 

ほっこり癒やされ優しい味が魅力の和食:まとめ

和食の優しい味付けは、ほっこりと癒やされ、リラックスした気分になります。

あっさりしていて食べ飽きないのも大きな魅力。

また料理の盛り付けや器など、自然を近くに感じることができるように、美しく表現されています。

調理器具は食材に応じて変更され、繊細な包丁さばきの技術による、素晴らしい飾り切りも見事なものです。

四季、自然豊かな風土や気候、文化、奥ゆかしい日本人のこころを存分に取り入れた料理といえますね。

ゆた

和食は日本の文化を表し、春・夏・秋・冬を感じられる料理です

\ こだわり野菜が生産者から直接届く /

コメント

タイトルとURLをコピーしました