重い布団がもたらす3つの快眠効果!【不安を解消し気持ちが落ち着く】

お役立ちコンテンツ

現代はストレス社会ともいわれ、多くの人が何かしらのストレスを抱えています。

強いストレスにより、眠ろうとすると色々な出来事が走馬灯のように駆け巡り、考えすぎて眠れないという方も多いのではないでしょうか。

そんなときにオススメなのが、普通の布団より重さがかる布団です。

重い布団はカラダに適度に圧力がかかり、寝つきがよくなり熟睡できるという研究結果もでており、欧米でも人気がでてきています。

そこでこの記事では、重い布団がもたらす3つの快眠効果をご紹介していきます

スポンサーリンク

重い布団がもたらす3つの快眠効果!

重い布団は適度にカラダに圧力が加わるため、人の心に直接作用し安心感が生まれます。

心が落ち着いて安心すると、寝つきが良くなり熟睡できますよね。

1.深く包み込まれている感覚

重い布団は、誰かに優しく抱きしめられ、深く包みこまれるような感覚になります。

子どもの頃にお母さんが寝かしつけるために、“トントン”と布団をたたいてくれたような居心地のよい安心感を覚えるほどです。

2.セロトニンの分泌が促される

セロトニンは不安やストレスを取り除き、心を落ち着かせ、血圧や脈拍などを正常に保つ働きをするホルモンの一種です。

別名「幸せホルモン」とも呼ばれています。

重い布団で眠ることで、セロトニンの分泌が活発になり、気持ちが安定し、深い眠りに誘う効果が期待できます。

3.マッサージ効果でリラックス

布団の重みでカラダに圧力がかかると、筋肉が緩みます。

すると自然とカラダがリラックスし、睡眠へと導く体制が整っていくんです。

また、寝返りをうつ際には、やさしくカラダを撫でられてマッサージされているような気持ちにもなりますよ。

重い布団はたたむとき筋トレにもなります!

重い布団が不向きな人

重い布団はカラダに圧力がかかるため、圧迫感を感じる方には不向きです。

呼吸器系や循環器系の疾患を抱えている方も使用は控えてください。

またカラダの衰えを感じる高齢者の方や、新生児・乳幼児など体が未発達のお子さんは使用しない方がいいでしょう。

 

重い布団は「Marine Moon」のウエイトブランケットがおすすめ!

不眠症でなかなか寝付けなかったり、夜中に何回も起きてしまい落ち着かなかったりすると翌日に使用が出てしまいます。

朝までぐっすり眠りたいあなたには、重さがある布団がおすすめ。

重い布団はずっしりカラダ全体に重さがかかり、ふわ~と包まれているような感覚を味わえますよ。

布団が重たいと、まるでお母さんに抱かれているような感覚に・・・・

重い布団で快適な睡眠時間を過ごし、充実した毎日をおくりたいですね。

 

 \ 欧米で人気「Marine Moon」のウエイトブランケット /

  • 日本人の体型を考慮し設計している
  • 表地は綿100%でやさしい肌触り
  • バチバチっとした嫌な静電気も起きにくい
  • ブランケットの中には無毒無臭の安全な極小ガラスビーズ
  • 洗濯機は使用不可だが、手洗いは可能
  • アフターサービスを十分に重視
  • 適量重量 自分の体重×10%+1kg

年齢や体型に応じて自分に合った重さのものを選ぶのがポイントです

コメント

タイトルとURLをコピーしました