ヨガをしながら瞑想する3つの効果!心やカラダのバランスを整える

カラダケア

呼吸に意識を向けて、ゆったりポーズをとっていくヨガ。

心身の疲れをとるために、ヨガを始めている人も多いのではないでしょうか。

ヨガと聞くと“瞑想”というイメージがありますよね。

実はヨガで瞑想することで、心とカラダにとてもいい影響をもたらしてくれるんですよ。

この記事では、ヨガで瞑想することによる3つの効果についてご紹介していきます

スポンサーリンク

ヨガをしながら瞑想する3つの効果!

心身をリラックスし、インナーマッスルも鍛えれると人気のヨガは、太りにくいカラダに導いてくれます。

瞑想しながらヨガをすることで、ストレスで疲れた心を癒したり、血流の流れが良くなり冷え性が改善されたりと、カラダにとって効果が期待されているんですよ。

1.疲れた心を癒す

ヨガには欠かせない瞑想。

瞑想で呼吸に意識を向けながら自分の心の動きを感じることで、日々のストレスによる不安や緊張を鎮めることができます。

ヨガで瞑想を続けていくことで自律神経が整い、感情をコントロールできるように。

ストレスによる不安や緊張が少なくなると寝つきも良くなり、スッキリした目覚めができます。

また、深く呼吸することでたくさんの酸素が脳へ送られるため活性化し、集中力や記憶力の向上にも役立つんですよ。

2.血流が良くなり冷えを改善

ヨガで瞑想しながら腹式呼吸を行うことで大量の酸素が供給されため、血液の流れがスムーズになります。

酸素をたっぷり拭くんだ温かい血液が全身をくまなく巡るようになり、冷え性も改善されるように。

血流がよくなるとリンパの流れも良くなるため、カラダの老廃物が体外へ排出されます。

すると細胞が活性化されて、肌荒れや便秘が改善されるなど、デトックス効果が期待できるんです。

3.太りにくいカラダをつくる

ゆっくりカラダを動かしポーズをとることで、普段あまり使わない筋肉も使うようになります。

すると全身の代謝が良くなるため、基礎代謝が上がり、太りにくいカラダを作れるように。

全身の筋肉を強化することで、脂肪が燃えやすくなります。

瞑想しながらヨガを行うことでカラダが柔らかくなり、腰痛や肩こりなどの不調も改善できますよ。

心やカラダのバランスを整えるヨガ:まとめ

ヨガで呼吸に意識を向けながら瞑想することで、自律神経が整い、心とカラダのバランスを整えれるように。

全身の筋肉を使うので脂肪がつきにくいカラダに近づきます。

腰痛や肩こりの改善にも役立つうえに、ゆがんだ姿勢も正してくれる効果も。

瞑想でメンタルを強くし、仕事や人間関係のストレスを解消したいですね。

ヨガ瞑想は毎日継続するのが大切

コメント

タイトルとURLをコピーしました