【韓国ドラマ】「キム秘書はいったい、なぜ?」第3~6話 見どころ&感想

キム秘書はいったい、なぜ?

“出典:Amazon.co.jp”

안녕하세요 여러분(アンニョンハセヨ ヨロブン)

みなさん、こんにちは♫

運営者のミジュです

この記事では、「キム秘書はいったい、なぜ?」第3~6話の見どころと感想をご紹介していきます(全32話)

※ちょいちょいネタバレ

~前回までのあらすじ~

キム秘書(ミソ)突然、会社を辞めると告げられたヨンジュン。

長い間、公私ともに支ええてくれたキム秘書が自分の元を去ってしまうことに、夜も眠れないほど心にぽっかり穴があいたような気持ちになる。

友人ユシクの助言から、自分とキム秘書の今の状態は“倦怠期”なんだと思い、「俺のことが好きなんだな」と勘違いしてしまう。

秘書としては破格の条件を提案し、なんとかキム秘書の退職を阻止したいヨンジュン。

しかし、キム秘書の決心は固く、うまくいかない。

“自分の人生を歩みたい”というキム秘書の言葉に、自分との9年間はなんだったんだと一睡もできないほど落ち込むヨンジュン。

思い切ってキム秘書にその意味を聞いてみると、なんと「恋愛も結婚もしたい」という答えが返ってきた。

そんなキム秘書に、“俺様”目線で「仕事は続けろ、結婚してやる」とプロポーズするヨンジュンだった。

 

キム秘書の退職理由を聞いて、思わずプロポーズしてしまうヨンジュン。

だが、キム秘書はまったく信じていない様子。

ここから、ヨンジュンの俺様的アプローチが始まります。

スポンサーリンク

「キム秘書はいったい、なぜ?」第3話 見どころ&感想

“出典:bs11.jp”

第3話① キム秘書はオーダースーツ?!

友人のユシクは、キム秘書にプロポーズしたと聞いて驚く。

しかし、キム秘書には「酔っているのか」と全然本気にしていないと話すヨンジュンに、大笑いするユシク。

 

キム秘書に振られたんじゃないのか?というユシクに、完璧な自分が振られるなんてあり得ないと思うヨンジュン。

自分には彼女が必要だと言うヨンジュンに、ユシクは「彼女のことが(恋愛対象として)好きなのか?」と問いかける。

ヨンジュンは一瞬考え、「キム秘書は例えるならオーダースーツだ」と意味不明なことを言ってユシクのもとを去る。

 

ジランに「オンニは心から愛する人には詣で会ったの?」と聞かれたミソは、小さい頃書いた日記を見て、“オッパ”のことを思い出す。

✿ココ見て✿✿ 今世紀最高のナルシスト、ヨンジュン

ヨンジュンからの突然のプロポーズに、本気ではないと思いながらも戸惑うミソ。

すると、ヨンジュンのことを追い回しているジランがミソの部屋にやってきて、ヨンジュンを探し始める。

ミソを罵るジランをなだめ、ヨンジュンは自己愛がひどすぎて、完璧な自分しか目に入らない『今世紀最大のナルシスト』だと話す。

それを聞いて驚愕するジラン。

ヨンジュンのナルシストぶり、徹底しすぎて拍手を送りたい気分です👏

第3話② 9年前の思い出

ミソの後任の“キム秘書”であるキム・ジアが初出勤してきた。

ヨンジュンのふてくされた様子が、気になるミソ。

ジアに引き継ぎをしながら、秘書として副会長ヨンジュンに仕えていた9年間の思い出にひたる。

最初のころはヨンジュンの横暴さになれず、涙を流していたミソ。

だが、ヨンジュンの隠れた優しさを知ることもあった。

 

仕事を切り上げて「今日は早めに退社したい」というキム秘書に、仕事を押しつけようとするヨンジュン。

だが、キム秘書はどれもきちんとこなし見事に終わらせていた。

ヨンジュンが「俺の不眠症は?」と聞くと、「薬をもらった」と淡々と答えるキム秘書。

口答えかと怒りをぶつけてくるヨンジュンに、笑顔で対応するキム秘書。

 

秘書課の同僚達と食事にきたキム秘書。

楽しい楽しい食事会のはずだったのだが、なんとそこへ副会長ヨンジュウンがあらわれる。

自分も食事会に参加すると言うヨンジュン。

一気に雰囲気がギクシャクし始めた。

✿ココ見て✿✿ 新人にこき使われる課長

新人秘書のジアがコーヒーメーカーをなかなか操作できず困っているのを見て、上司らしく丁寧に教えてあげる課長ポン・セラ。

ジアに「かっこいい」など褒めちぎられ調子にのる。

するとジアに電話がきて、「あとをお願いします」と任されることに。

食事会でもジアにうまいこと使われるセラ。

この新人、なかなか大物です(^。^)

スポンサーリンク

「キム秘書はいったい、なぜ?」第4話 見どころ&感想

“出典:s.mxtv.jp”

第4話① 不本意のハート♡

食事会の2次会でカラオケにきた副会長と秘書室のメンバー。

だが、あまり馴染みのないところが気に入らないヨンジュンは、高級店へ移ることをキム秘書に命令する。

いつもと違って自分に親切なヨンジュンに違和感を憶えるミソ。

 

ミソを家に送り届けるヨンジュン。

家の前で突然ミソに、「今日の俺は優しいだろう?」と尋ねる。

そして、寒気がきそうなセリフを並べた後、「俺が恋人になってやる」とまたしても上から目線で告白するヨンジュン。

だが、ミソは「自分のタイプではない」とはっきり断るのだった。

家に入ったミソに、「不満はないはずだ」と“俺様”メッセージを送るヨンジュン。

ミソは自分の気持ちをヨンジュンに思いっきりぶつける。

やりとりをしているところへ、姉から「♥を送って」とメッセージが届き、不覚にもヨンジュンへ♥を送ってしまっていた。

深刻な話をしている最中に♥が送ってきたミソにあきれかえるヨンジュン。

✿ココ見て✿✿ 醜態をさらすポン・セラ

カラオケでジアの歌に喜んでいる男達が気にくわないポン・セラ。

かなりの量のお酒を飲み、完全に酔っている。

ジアのマイクを取り上げ、自ら醜態をさらし、アクシデントで副会長の膝に乗ってしまう。

驚愕するヨンジュンだった・・・。

第4話② 恋の駆け引き

兄と自分だけには『配慮』という言葉を使わせないというヨンジュンのメッセージに、なんとなく気になるミソ。

部長に、ヨンジュンの兄は海外にいると聞いて不思議がる。

 

「君が辞めたくなる気持ちが分かる」と自分の勝手さを反省するヨンジュン。

ミソは「解放する」というヨンジュンの言葉に、なぜか寂しく思う。

 

素っ気ない態度で、自分を頼ろうとしないヨンジュンが気にかかるミソ。

実はこれはミソの気を引くための、ヨンジュンの計画だ。

 

友人との食事会でお店からアンケートを求められ記入するミソ。

その内容は好きな人と行きたい場所、プレゼントは何が欲しいかなどだった。

だが、その命令的な質問の仕方が、なんだか気にかかってしょうがない。

 

ヨンジュンのことが頭から離れなくなったミソ。

社長のユシクから呼び出され、待ち合わせ場所の遊園地に行ってみると、そこにヨンジュンがあらわれる。

✿ココ見て✿✿ ヨンジュンの闇

潜在意識から悪夢を見るヨンジュン。

廃屋と、赤いハイヒールの女性の姿が見える。

ものすごい恐怖を感じたところで、目が覚める。

いつも強がっているヨンジュンだが、なんだか闇がありそうだ。

スポンサーリンク

「キム秘書はいったい、なぜ?」第5話 見どころ&感想

“出典:bs11.jp”

第5話① 縮まる2人の距離

遊園地を貸し切りにし満喫する2人。

小さいころ来たときは見るだけだったから、今回は楽しめたと喜ぶミソを見て嬉しそうなヨンジュン。

実はこの地はユミョングループが買い取って遊園地になるまでは、ミソが小さい頃住んでいた場所だった。

 

9歳の頃、賢すぎて飛び級で2歳年上の兄と同級生になったヨンジュンは、兄の友達にいじめられたとミソに告白する。

兄が特にいじめたと言うヨンジュンに、同情するミソ。

 

船上デートを楽しんでいると、何発もの打ち上げ花火が。

ミソの退職祝いにヨンジュンが準備したのだ。

喜ぶミソの顔を見て、「キレイだ」とつぶやくヨンジュン。

2人の距離がなんとなく縮まりそうな感じだ・・・。

✿ココ見て✿✿ メリーゴーランドではしゃぐミソ

絶叫マシンが苦手なミソは、メリーゴーランドに何度何度も楽しみます。

そのはしゃぎ様はまるで小さい子どものよう。

ヨンジュンは、その楽しそうなミソを見てとても嬉しそう。

なんだかイイ雰囲気です。

第5話② ウルトラ級の呪い

ミソは帰りの車の中で長年の夢が叶ったと、ヨンジュンにお礼を言う。

するとヨンジュンは「そうだろ?」と、怪しげな笑みを浮かべる。

あのアンケートはヨンジュンが作成したものだったんだと気づいたミソ。

得意げな顔で運転しているヨンジュンにあきれる。

 

お疲れ牛を見て微笑むミソは、ぬいぐるみが下げているバックにもう一つのプレゼントが入っていることに気づく。

アンケートには書いてなかったのになぜ?とヨンジュンに尋ねると、

「俺は期待以上のことをする」との答えが返ってくる。

そして、曲がっているネクタイを締め直しているミソにキスをしようとするが、逃げられてします。

だが、ミソはヨンジュンからのプレゼントのネックレスをつけ、とても嬉しそう。

ヨンジュンのことがどんどん気になってきているミソだった。

 

キム・ジア秘書から、キム・ミソ秘書が紹介された男性と会うと聞いて気が気でないヨンジュン。

ミソは紹介された男性と食事に来るが、思い出すのはヨンジュンのことばかり。

ヨンジュンの思惑通り、ミソはウルトラ級の呪いにかけられていた。

✿ココ見て✿✿ お疲れ牛とキスするヨンジュン

アンケートに、欲しいものは特大ぬいぐるみと、ロマンチックなキスと書いていたミソ。

ヨンジュンから“お疲れ牛”という名の特大ぬいぐるみもらい喜んでいると、ヨンジュンがキスをしてきそうに。

とっさにぬいぐるみで防御したミソ。

お疲れ牛とのキスをしたヨンジュンは、なんだか残念そうです😌

スポンサーリンク

「キム秘書はいったい、なぜ?」第6話 見どころ&感想

“出典:s.mxtv.jp”

第6話① 嫉妬心がとまらない

紹介された男性と、食事の後カフェでお茶をするミソ。

それを社長秘書に見られてしまう。

ユシクに送られたミソと男性の親密そうな写真を見て、不愉快な気持ちになるヨンジュン。

帰り際、いつものクセで男性のネクタイが気になり、つい直してしまう。

するとそこへヨンジュンが怒りながらやってきた。

退職するまでは気を抜かずにやれと言うヨンジュン。

かなり嫉妬していう様子だ。

 

退職すると言ってから、ヨンジュンの様子が変だと、姉に相談するミソ。

かなりショックを受けたのでは?と答える姉。

精神科医の姉の分析では、ミソは副会長の欲しいものの一つで、何としても引き留めようとしていると話す。

 

ミソが会社に行くと、ジアが本を読んでいた。

『モルペウス』というベストセラー作家の新刊らしい。

自分もモルペウスのファンだと話すミソ。

モルペウスは実はヨンジュンの兄だと知らず・・・。

✿ココ見て✿✿ ずうずうしい葉っぱ

ヨンジュンはミソを責め立てるが、ミソはなぜヨンジュンがそんなに怒るのか不思議に思う。

2人が口論していると、うまい具合に上から木の葉が落ちてきてヨンジュンの胸ポケットに入る。

それを見てクスクスっと笑うミソ。

俺の胸ポケットに勝手に入って図々しいといいながら、恥ずかしがるヨンジュン。

これもファッションの一部かと思うくらい、素敵ですけど(・∀・)

第6話② 思わぬ接近・・・

副会長室に入ると、コードが結束バンドでまとめられており、怖がって声を上げるヨンジュン。

ヨンジュンは結束バンド恐怖症なのだ。

情緒が不安定になっているヨンジュンを心配し、「もう二度とこのようなことは起こらないようにする」というミソにヨンジュンは、「辞めるのになぜ断言できる?」と言い返す。

その言葉を聞いたミソは、ヨンジュンは自分を所有物としてじゃなく、本当に自分のことを必要としているんだと感じる。

 

社内運動会が始まり、気合いを切れる社員達。

ミソの二人三脚のパートナーは、社内人気ナンバーワンの企画室チーム代理のコ・グィナム。

ポン・セラが彼はイケメンだと騒ぐ中、ミソはヨンジュンばかりを見てしまう。

 

二人三脚出場者の8割がカップルになるというのを聞いて、気が気ではないヨンジュン。

競技中、グィナムガミソに手を回し、ミソもまたグイナムの腰に手を回す。

美男美女でお似合いの2人に、「付き合えと」と盛り上がる会場。

嫉妬したヨンジュンは会場を出ようとして、階段で足をくじいてしまう。

 

ヨンジュンの家で、看病するミソ。

靴下を脱がせようとして、ヨンジュンの足に古い傷跡があるのを見てしまう。

嫉妬心丸出しで責めるヨンジュン。

勝つためならスキンシップもいとわないと言うミソに接近する。

そして腕を掴んだ瞬間、思いあまってソファに倒れ込んでしまった。

抱き合うような形になった2人・・・。

✿ココ見て✿✿ 嫉妬心をあらわにするヨンジュン

運動会の日。

競技に一生懸命なミソを見て、嬉しそうなヨンジュン。

ユシクに「好きなのか?」と聞かれて言葉を濁す。

だが、いざ二人三脚となり、イケメンの社員とくっついて走っているミソを見て、嫉妬心がメラメラと湧き上がります。

そしてユシクに、「運動会は今年で終わりにする」と子どもみたいな言葉を放つヨンジュン。

なんとまあ、かわいらしいですね(*^-^*)

続きはコチラ👉「キム秘書はいったい、なぜ?」第7~10話 見どころ&感想


Prime Video

コメント

タイトルとURLをコピーしました